【絵本の紹介】「はじめてのふゆ」【208冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

真冬の寒さが続いていますね。

都会で暮らす人間にとっては「寒い」で済む話かもしれませんが、自然の中に入り込めば、冬は生死に係わる過酷な季節です。

 

動物たちは様々な備えをし、時には驚くような知恵をもって、この季節を乗り越えます。

生命のもろさ・儚さと同時に、意外なほどの力強さを、彼らの姿から感じることができます。

 

今回紹介するのは「はじめてのふゆ」です。

作・絵:ロブ・ルイス

訳:ふなとよしこ

出版社:ほるぷ出版

発行日:1992年11月30日

 

可愛い絵で、あたたかみのある落ち着いた色使いが魅力的です。

生まれてすぐに母親を亡くし、「ちいさいのに ひとりぼっち」の、じねずみのヘンリエッタ。

孤独な設定ですが、ヘンリエッタからは悲壮感のようなものは感じられません。

 

冬を体験したことのないヘンリエッタは、秋の紅葉の美しさを楽しんでいます。

そんなヘンリエッタを心配して、仲間たちは冬に備えて食べ物を集めておくように忠告します。

 

ヘンリエッタは苦労して貯蔵庫を掘り、木の実や草の実を集め、安心して眠ります。

しかし雨が降ってくると食べ物置き場は浸水被害に遭い、せっかくの食べ物が全部流れてしまいます。

 

ヘンリエッタは雨漏りを直し、もう一度食べ物を集めてきます。

ところが、今度は虫たちが食べ物を食べてしまいます。

くたびれ果てたヘンリエッタを可哀そうに思った仲間たちが、食べ物集めを手伝ってくれます。

嬉しくなったヘンリエッタは、仲間たちとパーティーを開きます。

 

が、調子に乗って食べ過ぎたのか、またも食べ物は空っぽに。

外には雪が降り、もう木の実も草の実も残っていません。

どうしようもなく、ヘンリエッタは眠りにつきます。

 

そして目が覚めてみると……。

 

★      ★      ★

 

最後は「なんじゃそりゃ」と突っ込みたくなるような、突然のハッピーエンド。

でも、それがいい。

 

健気に苦労する身寄りのないヘンリエッタを、子どもは内心で応援し続けます。

中途半端な終わり方では、子どもの不安や心配を完全に吹き飛ばすことはできません。

大人には肩透かしでも、これくらい強引な方が子どもは「よかった」と安心できるのです。

 

「はじめてのふゆ」とは、幼い子どもがやがて必ず体験するであろう、人生の辛い時期、悲しい出来事を意味しています。

そんな時、どう対処すればよいのか、単一のマニュアルは存在しません。

 

でも、大人が子どもに伝えるべきことはひとつです。

それは「必ず、最後には幸せになれる」という無条件で力強いメッセージです。

 

生きて行く上で重要な意味を持つその確信は、特に幼い頃の物語体験によって培われるものです。

 

それにしても、ヘンリエッタの住居の素敵なこと。

よく見ると椅子は空き缶だし、暖炉にはクリップ、窓格子にはマッチ棒が使われていて、飾り棚にはコインが並んでいます。

 

これは亡くなったお母さんが作ったインテリアでしょうか。

近くに人間が住んでいることを思わせる、作者の遊び心です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

ホームインテリアの趣味の良さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「はじめてのふゆ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゆきがやんだら」【207冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」です。

作・絵:酒井駒子

出版社:学研教育出版

発行日:2005年12月8日

 

酒井さんの絵本は、もうこのブログで何度も取り上げていますし、その超絶画力についても毎回のように言及しています。

≫絵本の紹介「ぼく おかあさんのこと・・・

≫絵本の紹介「きつねのかみさま

≫絵本の紹介「くまとやまねこ

 

絵の専門知識はないのですが、酒井さんの独特のざらざらした質感はマチエールといって、絵の具の凹凸を活かした表現法らしいです。

私はまだ酒井さんの原画を見たことがないのですが、原画ならそのあたりがよくわかると思います。

 

さて、この「ゆきがやんだら」は、雪が降った時の、子どもの瑞々しいドキドキ・ワクワク感を静謐な絵と文で描き出した作品です。

生活風景が何となく80〜90年代っぽく、私たち親世代が読むと、自分の子どもの頃を思い出してノスタルジックな気分に浸れます。

雪が降ったから、園もお休み。

灰色がかった暗い画面が、外界から切り離された非日常感を漂わせます。

 

主人公のうさぎの男の子は雪遊びをしたがりますが、お母さんが風邪を心配して、雪が止むまで外に出ては駄目だと言います。

出張中のお父さんは今日帰宅するはずでしたが、雪で飛行機が飛ばないため、帰ってこれません。

 

買い物にも行けないので、お母さんはうさぎくんとトランプ遊びをします。

ベランダから外を見ても、ただ静かな銀世界。

ぼくと ママしか いないみたい、せかいで

といううさぎくんの言葉からは、寂しさや心細さよりも、雪に降り込められることでむしろ母親との距離が近づいたような気持ちが感じられます。

 

夜になって、窓の外を見ると、雪が止んでいます。

外に出たがるうさぎくんに、お母さんは少し笑って、

いいわ、ちょっとだけね

雪に足跡をつけ、おだんごを作っていると、鼻水が出てきて、うさぎくんとお母さんは家に帰ります。

あした……、あしたね……

パパも かえって くるよ。ゆき やんだから―――

 

★      ★      ★

 

おや、このうさぎの親子は、「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場したキャラクターではありませんか。

出版社も違うし、続編という扱いではなさそうですが。

 

どちらも心温まるお話ですが、作品の持つ雰囲気はわりと違っていて、「ぼく おかあさんのこと・・・」ではポップな色使いでコミカルな印象もありますが、この絵本では、全体に抑えた色彩で、美しさと静けさが強調されています。

 

何より、お母さんが優しい。

 

だから「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場した、怒ってばかりの母親とは別キャラのように見えるかもしれませんが、この作品でお母さんが見せる子どもへの理解と寛容さは、やっぱり「雪」の力だと思います。

 

静かで白い世界に子どもと二人で佇んでいると、自然と優しい気持ちになるのでしょう。

あるいは、お母さんもまた、自分の子どもの頃を思い出しているのでしょう。

 

雪には、人と人を近づける力があるのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

うさぎくんの愛おしさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆきがやんだら

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「子うさぎましろのお話」【206冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

少し早めのオフィスの大掃除やら本棚の整理やらをしていると、家のPCとエアコンが同時に壊れ、妻と息子が同時に風邪を引くという、師走らしいドタバタな日々を送っております。

そんなこんなで、ブログ更新もちょっと滞っていましたね。

 

今回はクリスマス絵本の名作「子うさぎましろのお話」を紹介します。

文:佐々木たづ

絵:三好碩也

出版社:ポプラ社

発行日:1970年1月

 

もともと佐々木さんの童話集にあった一篇を絵本化した作品です。

主人公の「ましろ」は、クリスマスのプレゼントをもっと欲しくて、小さな嘘をついてしまいます。

そこから生まれる「罪の意識」と、それをどう浄化するかの物語。

 

ましろの住む北の国の動物たちは、サンタさんの家が近いこともあり、毎年クリスマスには一番にプレゼントを貰えます。

もちろん、ましろも。

けれど、ましろはもっと何か欲しくなってしまい、あることを思いつきます。

それは、別のうさぎになりすまして、もう一度サンタさんからプレゼントを貰うという策略。

ましろは体にスミを塗り、黒いうさぎに変身して、サンタさんのもとへ。

 

サンタさんはすぐにそれがましろだとわかりましたが、気づかないふりをして、袋に残っていた一粒の種と、自分のサンドイッチをましろに渡します。

うまく行ったことにましろは喜びますが、体のスミを落とそうとしても落ちません。

そこでだんだん自分のしたことを後悔し、罪の意識に震えます。

 

サンドイッチは食べてしまったので、せめて小さな種だけでも神様にお返しするつもりで、モミの木の林の中に、種を埋めます。

雪の中で穴を掘っているうちに、体のスミは落ち、もとの白うさぎに戻っていました。

 

ましろが埋めた種は春になって芽を出し、大きなモミの木に育ちます。

そしてまた12月。

 

ましろのモミの木は、きらきら輝き、おもちゃやお菓子を枝に実らせていたのです。

ましろは驚き、サンタさんに報告に行きます。

そして、去年からの本当のことを全部話します。

サンタさんは優しくましろを撫でてくれます。

 

モミの木のおもちゃや絵本やお菓子は、取っても取っても次々生えてきます。

北の国の動物たちはサンタさんを手伝って、そのクリスマスの贈り物の用意をするのでした。

 

★      ★      ★

 

作者の佐々木さんは緑内障で失明されています。

そのためでしょう、このお話でとりわけ印象的なのは、モミの木から響く「ベルの、すきとおるような ひびき」です。

 

ベルの響きが、「もう すぐ、イエスさまの おたんじょうび」と言っているという表現からは、目の不自由な方に特有の聴覚の繊細さを感じます。

 

さて、子どもは成長過程で、嘘をつくことを覚えます。

もっとたくさんの悪質な嘘をついている大人に、それを責める資格はないでしょう。

 

ところが、大人は自分の子が嘘をついたとわかると、血相を変えて咎めだてたり、どこまでも追い詰めたりします。

それで子どもは自分の身を守ろうと、さらに嘘を重ねてしまいます。

そのうち、何が本当の心なのか、自分でもわからなくなったりします。

 

このお話に登場するサンタさんが素晴らしいのは、ましろの嘘を見抜きながら、それを責めないことです。

何故なら、押し付けられた罪悪感が、子どもの真の成長にとって害悪でしかないことを知っているからです。

 

サンタさんはましろの成長を信じて待つことのできる、本物の大人です。

 

子どもを自由にさせておくと、どんどん悪い方向へ向かってしまうと考えている大人が大勢います。

昔も今も、その数は大して変わってないのかもしれません。

 

しかし、本当の道徳とは、大人が子どもに与えるものではありません。

第一、子どもよりよっぽど汚い私たちが、一体どんな顔で「これが道徳だよ」と示せばいいのでしょうか。

 

子どもは教えられずとも、心の奥に聖なるものを備えています。

子どもだけではなく、すべての人間の内には、「もう一人の自分」がいます。

曇りのない目で内面を覗けば、必ずいます。

そこから響く声は、世の大人たちがもっともらしく諭す道徳などより、遥かに道徳的です。

 

大切なのは、ましろのように子どもが自分でその内奥の声に気づくことです。

その声に従うことがどれほど気分が良く、生命を輝かせることか。

 

大人はすでに、「もう一人の自分」の声を無視することに慣れてしまっています。

でも、せめてクリスマスくらいは、そういう「聖なるもの」の響きを感じようとしてみてもいいのではないでしょうか。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

響きの美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「子うさぎましろのお話

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com