【絵本の紹介】「ぐりとぐらのおおそうじ」【131冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日は5月30日。

「ごみゼロ」の日ということで、お掃除の絵本を選びました。

久々にあの二匹に登場してもらいましょう。

ぐりとぐらのおおそうじ」です。

文:中川李枝子

絵:山脇百合子

出版社:福音館書店

発行日:2002年2月1日

 

このブログではこれまでに「ぐりとぐら」「ぐりとぐらのおきゃくさま」を紹介しました。

あれこれ勝手なことを書いてます。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおきゃくさま」

 

この「ぐりとぐらのおおそうじ」は、初版発行日が2002年と、シリーズの中では比較的新しい作品ですが、もともとは同作者の「おひさまはらっぱ」(1977年初版発行)という童話絵本がありまして、これはいくつかのエピソードに分かれた短編集ですが、その中の一話「ぐりとぐらの大そうじ」を加筆修正し、福音館書店50周年記念出版として刊行されたものなのです。

 

シリーズには毎回ゲストが登場しますが、今回は「ギック」という、ぐりとぐらワールドでは珍しくカタカナ名のうさぎが出てきます。

しかも、他のゲストキャラがその作品を通して初めてぐりとぐらに出会うのに対して、このギックはもともと二匹の友達という設定になっているところも珍しいです。

 

実はこの「うさぎのギック」は、前述の「おひさまはらっぱ」に収録されているエピソードのほか、「たからさがし」など、中川さんと山脇さんの他作品にも登場するキャラクターなのですね。

 

―――朝起きて、カーテンを開けるぐりとぐら。

外はいいお天気で、窓を開けると春のにおい。

 

でも、うちの中がほこりだらけなことに気づくと、二匹は「きょうの しごとは、おおそうじ」。

マスクやゴーグルを装備し、掃除道具を取り出そうとしますが、ほうきもはたきもぞうきんもボロボロで使い物になりません。

そこで、二匹は奇想天外な掃除方法を思いつきます。

ぐりは穴の開いたセーターなどのぼろきれを体に巻き付け、床の上を滑って雑巾がけ。

ぐらはシャツやタオルを束にして、足にくくり付け、手に持って、ほうきとはたきを担当。

 

そこへうさぎのギックがやってきて、窓の外から中を覗きます。

ぐりとぐらの姿を見たあわてんぼうのギックは、おばけだと思って逃げ出し、友達を呼んできます。

みんなが来る頃には大掃除は終わっていて、うちの中はすっかりきれいに片付いていました。

ちょうどおやつの時間ということで、みんなは「とくべつ おいしい ぐりと ぐらの にんじんクッキー」を食べます。

 

★      ★      ★

 

こんな大掃除なら、楽しいでしょうね。

小学校で、みんなでふざけながらやる大掃除の時間は、ちょっとしたお祭り気分だったのを思い出します。

 

……ま、実際にぐりとぐら方式で掃除をしても、まずきれいにはならないでしょうけどね。

 

子どもにどうやってお片付けをさせるか、どこの家庭でも悩みどころだと思います。

そもそも子どもには「片付ける」という感覚がありません。

我が家の息子も、散らかしっぱなしの出しっぱなし。

おもちゃ一つを取り出すのに、おもちゃ箱を全部ひっくり返すし。

 

妻などは少々潔癖症なところもあり、普段は我慢していても、時には「イーッ」となってます。

大きな箱を用意して、そこにおもちゃをぶち込めるようにし、「一緒にやろう」と遊びの延長のように誘ってみたり、あれこれ試行錯誤してはいますが、本人は半ば意地になって片付けようとしません。

 

私の結論としましては、「いいんじゃないの、別に」です。

そりゃあ、汚いよりきれいなほうが気持ちはいいし、整理整頓は大切な習慣かもしれませんが、子どもに価値観を強制しないのが我が家の方針ですので、それとなく誘導しても本人がその気にならない以上、諦めるよりないように思います。

第一、自分自身の子どものころを鑑みても、他人のことをどうこう言えるようなもんじゃなかったし。

 

ただし、自分で片付けできる年齢になったら、子ども部屋の掃除は完全に本人に任せるつもりです。

それで本人が汚さに我慢できるなら、つべこべ言う気はありません。

あくまでも自分から、掃除の大切さに気付いてほしいものです。

 

……でも、絶対妻が我慢できなくて掃除しちゃうんだろうなあ。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

参考になる掃除術度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぐりとぐらのおおそうじ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「3びきのくま」【130冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は有名な童話「3びきのくま」を紹介します。

文:トルストイ

絵:バスネツォフ

訳:小笠原豊樹

出版社:福音館書店

発行日:1962年5月1日

 

もともとはイギリスの童話ですが、この福音館書店発行の絵本は、かの世界的大作家・トルストイさんが再話されています。

よって、3びきのくまにはそれぞれロシア名が付けられているのが特徴。

 

いちいち長ったらしくて重々しいんですが、それが面白いんですね。

バスネツォフさんの絵も相まって、異国情緒豊かな作品になっています。

くまはなんか目が怖くて、可愛くはない。

でも、どこかユーモラスです。

 

内容の方は今さらですが、再話者によって細部が違うので、ざっと紹介しておきます。

森で道に迷った女の子が、小さな家を見つけます。

この家は3匹のくまの家。

 

おとうさんぐまは「ミハイル・イワノビッチ

おかあさんぐまは「ナスターシャ・ペトローブナ

くまのこは「ミシュートカ

3びきが外出中なのをいいことに、女の子は家に入り、3つのお皿のスープを味見し、3つの椅子に腰かけ、3つのベッドに寝てみて、ちょうどよい大きさのミシュートカのベッドで眠ってしまいます。

やがて3びきが帰ってきて、侵入者の形跡に気が付きます。

最後にミシュートカが自分のベッドを占領している女の子を発見し、騒ぎ立てますが、女の子は窓から飛びだして逃げてしまいます。

 

★      ★      ★

 

誰でも知っているお話ですが、どこか釈然としない結末でもあります。

私は子どものころ、このお話に出てくる女の子が大嫌いでした。

 

勝手に人の家に上がり込み、何の躊躇もなくスープを盗み食らい、無法にも椅子を壊し、図々しくもベッドで眠る。

あまりにも傍若無人なふるまいではありませんか。

3びきの怒りは当然ですし、一番の被害者である子ぐまのショックと嘆きはいかばかりでしょう。

なのに、女の子は少々怖い思いはするものの、あっさりと逃亡に成功し、何の罰も受けません。

 

ということは、本質としてはこれは教訓的なお話ではないと言えます。

 

重要なのは女の子の行動の倫理性ではなく、法則性にあります。

つまり「3」の繰り返しです。

 

幼児向けお話における繰り返しの持つ意味については、「おおきなかぶ」の紹介で触れました。

 

≫絵本の紹介「おおきなかぶ」

 

「3」はグループの最小単位であり、他の様々な昔話や童話にも、たびたびキーワードとして登場します。

この「よくわからないお話」が、時代や国境を越えて読み継がれているのは、典型的な繰り返しの技法を確立しているからでしょう。

 

子どもはパターンを読み取り、結果を予測し、この世界を掴もうとします。

 

ちなみに、ですが。

イギリスでは女の子の名前は「ゴルディロックス」(金髪)。

常に自分に「ちょうどよいもの」を選ぶところから、宇宙における「生命居住可能領域」を指す「ゴルディロックスゾーン」という、中2が喜びそうな用語にもなっています。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

女の子の逃走能力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「3びきのくま

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おなかのすくさんぽ」【129冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの遊びを観察するのは面白いものですが、時には発散させるエネルギーが大人の目からは常軌を逸しているように見えて、「この子大丈夫かな」と心配になったりもします。

 

我が家の息子はひとたび公園へ行くと、8時が9時になろうと帰ろうとしません。

メインは砂遊びですが、泥をこねるのは嫌がります。

何をするのかと言うと、ひたすら砂を撒き散らかすのです。

そのうちに自分の身体に砂をかけ始め、しまいには手足を砂の中に埋めてしまいます。

表情を見ていると、真剣で、特に笑いもせずに黙々とやってたりする。

 

片山健さんは、普通の大人には理解しがたい、子どもの一種グロテスクとも言える内的なエネルギーを掬い取ることに長けた作家です。

今回は「おなかのすくさんぽ」を紹介します。

作・絵:片山健

出版社:福音館書店

発行日:1992年4月10日(こどものとも傑作集)

 

ラフな色鉛筆のスケッチ風の絵ですが、主人公の男の子の表情と目力の強烈さといったら。

片山さんは子どもを動物的に描く人ですけど、この男の子は特にその傾向が顕著で、ほとんど人間離れしています。

 

男の子が歩いていると、動物たちが水たまりで遊んでいます。

男の子は一緒になって、

バッチャン バッチャン バッチャン バッチャン

なんだか うれしくなって エヘヘヘヘー

 

泥をこね、穴に潜り、男の子はさらに野生化し、ますます目の光は強くなっていきます。

そして洞窟探検。

もはや完全に動物化してます。

ワーオ ワーオ ブギャー、ギャーオ ギャーオ クアー

 

もう誰にも止められません。

その後でくまが、

きみは おいしそうだねえ。ちょっとだけ なめて いーい?

なんて、ドキッとするようなことを言いますが、最後にはみんなお腹がペコペコになって、

おなかが なくから かーえろ

 

★      ★      ★

 

フランスの児童文学者、ルネ・ギヨは、

子どもは、大人の中に入っていくよりも、動物たちの中に入っていく方が、ずっとずっと安心するのだ

と語っています。

 

確かに、空腹や快不快といった感覚に対する反応で生きているあたり、子どもは動物に近い存在です。

動物ならばそうやって生きることに何の不安も疑念もないでしょう。

でも、子どもはやはり人間です。

自分の感情や衝動を制御できないことに、無意識的にであれ、恐怖と不安を抱えているのだと思います。

 

子どもを注意深く観察していると、子どもの内部で凄まじい葛藤とせめぎ合いが渦巻いているのを感じられます。

ほとんど目にも止まらぬ速度で成長し続ける子どもは、常に内的な戦いに晒されているのです。

私はこの絵本を読むと、モーリス・センダックさんの「かいじゅうたちのいるところ」のマックス少年を思い出します。

 

≫絵本の紹介「かいじゅうたちのいるところ」

 

大人には理解不可能な子どもの遊びに込められた情念は、まさに、大人の目には呑気で牧歌的に映っている「子ども時代」が、いかに困難な戦いの時代であるかを物語っているのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

男の子の目力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おなかのすくさんぽ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com