少子化対策が本質からずれていることについて

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家は現状息子の一人っ子。

女の子も欲しい気持ちはあるけれど、色々な事情(お金と体力)によって、たぶんこれ以上は家族を増やさないと思います。

一方、世間では少子高齢化について議論されています。

この前、少子化対策として「3人目を産んだら1000万給付」てな話を耳にしまして、何というか、ゲンナリしたんですね。

 

いや、実現したら、3人まで頑張るかもしれませんよ。

貰えるものは喜んで貰います。

でも、現金支給よりも、とりあえず今すぐ大学まで無償化して欲しいですが。

 

しかし、この場でそういう政策の良否について語りたいわけではありません。

私が不快感を覚えたのは、また違う次元の話です。

 

つまり、「子どもを産み、育てる」という極めて人間的な行為を、利益によって誘導しようとすることに対する反射的な嫌悪です。

 

結婚しない、子どもを産まないという選択の背景には、経済的な理由が最も大きい壁として存在していることは確かでしょう。

けど、「お金あげるから産みなさい」と言われると、「は?」と思う。

誰だってそうじゃないでしょうか。

 

子育て家庭に対する環境支援は重要だし、もっともっと改善していかなければならないと思います。

しかし、育児しやすい環境を整えることと、「にんじん」で釣ろうとすることとの間には大きな開きがあります。

どこかの国みたいに「一人しか産んではいけない」と法で規制するとか、逆に「産めよ増やせよ」と号令をかけるとか、いずれにせよ「ほっとけ」と思うのが自然な人情ではないでしょうか。

 

子どもを取り巻く社会問題が解決しないのは、政治を担う人々が、結局のところ人間を理解していないからです。

子どもの可能性や、彼らが作る未来社会に何の興味も示さず、単に労働力としてしか見ていないからです。

 

真に必要なのは制度の改革よりも(それはそれで進めなければなりませんが)人間の(親の)意識の改革です。

利己主義や我執、惰性や自己否定などから解き放たれた精神が必要なのです。

 

社会のあらゆる悲惨の源泉を辿っていくと、そこには「不幸な子ども」がいます。

「幸福な子ども」を一人でも多く育てれば、社会は良い方向に向かいます。

言ってみれば当たり前のことです。

 

これはひとりひとりの意識次第で実現可能なことです。

それでもなお、子育てに大きな障害があるならば、そこにこそ行政の力が働くべきです。

 

世の中には、率直に申して「親になるべきではない」人たちが多く存在しています。

日々起こる子どもに対する耳をふさぎたくなるようなニュースが、それを示唆しています。

 

しかし、それでも、「親になること」「子を育てること」は個人の自由に基づくべきだと思います。

決して誰かが「お前は産め」「お前は産むな」などと指図してはならない領域の問題なのです。

たとえその判断が妥当であったとしても、個人の自由が尊重されないのであれば、それは本当の意味で「自由な子ども」を育てることにはつながらない。

 

ですから、子どもに関わる全ての大人が、自分の内面から目覚めなければならないのです。

空虚な理想論のように聞こえるかもしれませんが、本当に空虚なのは、損得勘定で子どもを産ませて人口増加を図ろうという貧しい発想ではないでしょうか。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「なつのおとずれ」【160冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いよいよ夏休みが始まった子どもたちも多いでしょう。

海だ! 山だ!

というわけで、夏の始まりにぴったりの一冊を紹介します。

 

なつのおとずれ」です。

作・絵:かがくいひろし

出版社:PHP研究所

発行日:2008年6月4日

 

扉の向こうからこちらをのぞくソフトクリーム、スイカ、メロン、かき氷、扇風機……。

丸い目と短い手足をつけた独特の擬人化キャラクターたち。

背景には真っ青な空と入道雲、海と砂浜。

 

夏がやってくるワクワク感が伝わってきます。

 

かたつむりの天気予報士が梅雨明け間近であることを伝えると、おひさまが夏の風物詩たちを呼び出します。

よーい」「どーん

で駆け出すソフトクリームたち。

 

遠近法を用い、ユーモラスながら大迫力の画面を展開します。

浮袋や蚊取り線香なども加わり、「ながしそうめんの じっちゃん」のところへ辿り着くと、そこから一気に滑り出します。

行き先は「なつ」。

飛び出した先のおひさまの口に入って、

ぐもももももももももももも

と、縦書き文字でロケットのように打ち上げられ、青い空から地上へ舞い降ります。

眩しい陽光の下、夏の音がいっぱい。

 

★      ★      ★

 

溢れるユニークなアイディアと構成の妙、光を感じさせる明るい色彩のタッチ。

作者のかがくいさんは2005年「おもちのきもち」でデビューし、「だるまさん」三部作で大ブレイク。

絵本界を席巻し、大いに注目を集めました。

 

しかし2009年、すい臓がんのために急逝されます。

 

絵本作家としての活動期間はわずか4年。

あまりにも惜しい才能でした。

 

かがくいさんの絵本は「読み聞かせること」をいつも念頭に置いて作られていると思います。

ですから、声に出して読んでみるとテンポが良く、大人も楽しくなるような作品ばかりです。

 

かがくいさんは亡くなられましたが、残された作品はずっとずっと後の世代まで読み継がれるロングセラーになることでしょう。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

夏度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「なつのおとずれ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ガッタンゴットン」【159冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

とうとうスズキコージさんの絵本を紹介する時がきました。

正直言って、どう取り扱っていいかわかりません。

そういう作家さんなのです。

 

とりあえず、スズキワールド全開な「ガッタンゴットン」を紹介します。

作・絵:スズキコージ

出版社:平凡社

発行日:2006年6月

 

トナカイ(のようなもの)が、りんごを積んだトロッコに乗り、旅をする……というストーリー、らしいです。

らしい、と言うのは、文章では何も説明されていないからです。

 

文はありますが、ほぼ「ゴゴゴゴ」とか「ガッタンガッタン」とかいう擬音中心で、とにかく絵を見て、その内容を追うのがこの作品のすべてです。

そういう意味では、正しく「絵本」と呼べます。

 

同じナンセンス作家の長新太さんの「ごろごろにゃーん」とよく似た構造の作品です。

 

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

しかし、問題は絵のアクの強さ、インパクトの強烈さ。

登場人物の表情はどこか狂気を帯びており、黒魔術的な何かを感じてしまいます。

一種のアブナさを予感して、手に取るのを敬遠する方もいるかもしれません。

 

しかし、内容は別に怖くも何ともないし、何よりも見るものを惹きつける力に満ちていることは確かなのです。

 

この「ガッタンゴットン」は、最初の見返しから最後の見返しまで、全部見開きのパノラマです。

細部に色々な(正体不明の)イラストが描かれており、あれこれ想像しながら何度でも楽しめます。

魔女(?)の館を通り抜けると、車両と積み荷が増え、トナカイが帽子をかぶって出てきます。

途中の停車駅には「HABELAST RAMPA」という文字。

文も「シュー」「ハベラスト ランパ ハベラスト ランパ ランパ」。

 

まったく意味不明ですが、耳に残って仕方ない。

ここでも乗客が増えたり、積み荷が変化します。

最後は白ヤギ(?)の群れとともに港駅「ハベラスト ソンテ」に到着。

ここでりんごが捌かれます。

 

トロッコは蒸気船に乗り、海の上を「ガッタン ゴットン」。

 

★      ★      ★

 

いったい、こんな絵本を描くスズキさんとはどんな人なのか、興味を引かれずにはいられません。

たまにあとがき的なものを書かれていますが、やっぱり変です。

 

彼の作品にはいつも独特な異国情緒が漂っていますが、それがどこの国かと問われれば、どこでもない、スズキワールドである、としか答えようがないかもしれません。

スズキさん自身も、「こどものとも」1987年8月号の折り込み付録のインタビューで、

ぼくの絵は、日本という枠組みが取れちゃった時代、例えばアイヌだとか、朝鮮とか、台湾とかマレーシアとかシベリアとかがごった煮になっている

と語っていますが、それを意識的に描いているわけではなく、自分の脳内にある景色を自然に取り出していくとこういう絵になった、ということらしいのです。

 

ま、細かいことは抜きにして、スズキさんの脳内世界に飛び込んで、心行くまで楽しめればそれでいいと思います。

なんだかんだ言って、私も個人的に大好きですし。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

読者置いてきぼり感が逆に楽しい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ガッタンゴットン

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com