絵本の紹介「たしざん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

また絵本作家さんの訃報が届きました。

2月12日、まついのりこさんが逝去。

 

まついさんは明確なタッチと色彩で、幼児向けの絵本を多数手がけられました。

また、海外での紙芝居の普及にも尽力し、ベトナム政府から文化功労章を贈られています。

 

「赤ちゃんのための絵本」は数あれど、まついさんは、本当に生まれて間もない赤ちゃんに読み聞かせるのにぴったりな絵本を作ってくれています。

個人的には、「じゃあじゃあびりびり」などは、赤ちゃん絵本部門としては最高傑作ではないかと思っています(息子の最初のお気に入りでした)。

 

また、まついさんは数学教育者の夫を持ち、数や時計などに関する絵本も多く制作しています。

今回紹介する「たしざん」は、既に絶版本ですが、まついさんの最初の絵本であり、最も初歩の「足し算」についてわかりやすく説明している作品です。

作・絵:まついのりこ

出版社:福音館書店

発行日:1971年8月

 

ふくろう先生が小人たちに足し算を教えてくれます。

小人たちは空飛ぶじゅうたんに乗ってやってきます。

小人の家の窓の数、小人の数にも注目。

 

四角いじゅうたんをつなぎ合わせ、数を確認。

視覚的に数を認識するところから入ります。

ちゃんと公式も出てきます。

 

「0+0=0」という、言葉にするとなんだかよくわからないことも、絵で見ると納得できますね。

また、この絵本では数を数えるとき、「5」を軸とする思考法をさりげなく紹介しています。

 

大きな数を足し算する場合、数を分解し、「5」のセットを作ることで計算しやすくします。

自分の指で数えられる「5」というのは、幼児の数の基本と言えます。

問題の解が導き出された時、数学的法則を発見した時、子どもは必ず笑顔になります。

数で遊ぶことは、本来とても楽しいものなのです。

 

どうして数学を学ぶのか。

その理由はひとさまざまでしょう。

 

幼い子どもが「数」の原理原則を学ぶことは、「力任せではどうにもならないことがある」ことを学ぶ機会でもあります。

そしてその反面、「正しい法則に従えば、必ず問題の答えに辿り着くことができる」ことも知ることになります。

 

それらを言い換えれば、「生きる知恵と力」を育むことです。

 

ですから、これはけっして「算数ドリル」などではなく、他のすべての絵本と同様、「子どもの生命力を高める」ための芸術作品だと、私は捉えています。

 

まついさんのご冥福をお祈りします。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆(焦らず、子どものペースに合わせてください)

楽しく学べる度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「かず」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

数学が苦手・嫌いだという方、いますか?

私は真っ先に手を挙げます。

 

学生のころ、数学の授業についていけなくなり、すっかり投げ出してしまい、現在に至ります。

そのときの苦手意識を、いまだに引きずっているのですね。

 

しかし、自分が数学嫌いだから言うわけではありませんが、あれほど子どもをげんなりさせる教科は他にあるでしょうか。

そしてそんな子どもたちが数学を放棄するときのお決まりのセリフは、

こんなもの、生きて行く上で何の役に立つの?

です。

 

もちろん浅薄な主張ではありますが、そんな子どもを生み出すのは、学校授業のつまらなさに原因があると思います(責任転嫁かな)。

私だって、最初から数学が嫌いだったわけではありません。

ですが、受験勉強対策として、ひたすら公式を暗記させ、問題を解かせるというやり方に、だんだんうんざりしてきたのです。

 

高等数学は知識や道具ではなく、考える仕方そのものを学ぶという意味で、哲学と深く関わっています。

そういうことを子どもに伝えることは至難かもしれませんが、そんなことを教えてくれる先生に出会えていれば、私の数学アレルギーもなかったかもしれません。

 

誰だって、一番最初に数の法則を見出した時には、感動と歓喜を経験したはずです。

数学に限った話ではありませんが、学びは歓びや楽しさとともにあるのが本来の姿だと思います。

 

前置きが長くなりましたが、今回紹介するのは最も初歩的な数字の絵本、「かず」です。

文:西内久典

絵:安野光雄

出版社:福音館書店

発行日:2006年7月1日特別製第3刷

 

数字や計算の絵本はいろいろありますが、この「かず」は1970年に初版発行され、その後特別製が発行されましたが、現在はちょっと手に入りにくいので取り上げました。

「ふしぎなえ」などを手掛けた安野光雄さんの絵が好きだということもあります。

指を使って、いろんなものの数を数えます。

10以上の数についても、わかりやすく説明しています。

この種の絵本で注意してほしいのは、「おべんきょう」目線で読まないことです。

絵本は楽しむもの。

安野さんのイラストと、指を使う「遊び」を楽しめば、それでいいのです。

 

私のような数学嫌いの不幸な子が、ひとりでも減ることを祈っております。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

説明の丁寧さ度:☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

1