【絵本の紹介】「まよいみち」【124冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は安野光雄さんの1974年の作品「まよいみち」を紹介します。

作・絵:安野光雄

出版社:福音館書店

発行日:2002年4月1日(かがくのとも特製版)

 

安野さんは、美術のみならず文学や数学にも造詣が深く、その知識を生かした独創的・実験的な絵本を多数発表されています。

このブログでは、以前に「かず」を紹介しました。

≫絵本の紹介「かず」

 

作家の司馬遼太郎さんや数学者の森毅さんとも交流があり、その作風からはいつも落ち着いた知性が感じられます。

そんな安野さんの「まよいみち」、タイトルどおりの「迷路」についての絵本ですが、いわゆるゲームブックではありません。

「迷い道とは何か」を根本的に考察する科学絵本です。

もちろん、安野さんの素敵な絵で、迷路を楽しむこともできます。

難しさを楽しむというより、一種のアート作品としての迷路といった風ですね。

「枝分かれする木」や「橋のかかった町」を例に挙げながら、「一筆書き」の概念までたどり着きます。

ワクワクするような知的展開。

そして最後はこれ。

がいこくの ふるいおてらの かべに のこっていた むかしむかしの まよいみちです

 

芸術を感じますね。

そして、昔の人々が何を思ってこんな迷い道を描いたのか、それも興味を引かれます。

 

★      ★      ★

 

迷路遊びは、数学の得意な子を育てるらしいです。

私も子どものころ、迷路は大好きで、自分でも紙によく迷路を描いて遊んでいました。

数学の成績は惨憺たるものでしたが……。

 

うちの息子も、最近やっと迷路のルールが理解できたようで、色々な迷路絵本を持ち出してきては遊んでいます。

よく見ると、ちょいちょいズルしてますが。

ま、楽しければ何でもよろしい。

 

迷路で遊べる絵本はたくさんあり、最近のものは平面だけではなく立体であったり、一方通行などのルールが設けられていたり、複雑さも色んな段階が用意されています。

でも、こういう形の迷路絵本は他に見ませんね。

安野さんの過去作品は手に入りにくいものも多いので、ファンの方はどうぞ。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

迷路そのものの難易度:☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「まよいみち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「うんちしたのはだれよ!」【113冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、ドイツの作家さんによる、科学的で、高尚で、ためになる、「うんち絵本」を紹介しましょう。

その名も「うんちしたのはだれよ!」です。

文:ヴェルナー・ホルツヴァルト

絵:ヴォルフ・エールブルッフ

訳:関口裕昭

出版社:偕成社

発行日:1993年11月

 

ふざけてませんよ。

もぐらくんは帽子じゃなくてうんちを頭に乗っけてますが、真面目です。

 

……ま、抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんが。

 

「うんち絵本」には色んな種類があって、わりと綺麗な印象でまとまっているものもあれば、どストレートな表現のものもあり、これは後者です。

 

ある日のこと、地面の上に顔を出したもぐらくんに、とんでもない悲劇が(文字通り)降りかかります。

 

なんて ひどいことを!

だれだ、ぼくの あたまに うんちなんか したやつは?

 

というわけで、もぐらくんの犯人捜しが開始されます。

 

通りかかった動物たちに、

ねえ きみ、ぼくの あたまに うんち おとさなかった?

と尋問して回ります。

すると動物たちはそれぞれ、もぐらくんの前でうんちをしてみせます。

自分のうんちの形態が、もぐらくんの頭のものと違うことで、身の潔白を証明するわけです。

この描写がとってもリアル。

 

なおかつ、喩えが食べ物。

ハトのうんちは「ヨーグルト」、ウマは「おだんご」、ウサギは「まめつぶ」、ヤギは「あめだま」……。

最後にもぐらくんが出会ったのは、二匹のハエ。

なんというか、その、お食事の最中。

うんちのことなら彼らに聞け。

ということで、もぐらくんはハエに犯人を尋ねます。

 

ハエたちはもぐらくんの頭の上のものを味見することで、犯人をズバリ言い当てます。

果たして「にくやま にくえもん」とは何の動物……?

 

★      ★      ★

 

私も息子のおむつを替えますけど、最初はやっぱり抵抗ありました。

赤ちゃんのうんちって、真っ黒で粘ついてて。

 

でも、慣れてくると、うんちには色んな情報が詰まっていることがわかります。

 

食べたものがどれくらいで出てくるのか、消化の悪い食べ物は何なのか。

色や硬さに体調の良不良のサインが出ていたり。

 

さらに、子どもとずっと一緒に生活していると、気配でうんちが出ることを察知できるようになります。

そうすると、うんちが愛おしくさえあります。

……まあ、臭いものは臭いけど。

 

うんちは、そこまでタブー扱いされるようなものじゃないはずです。

誰だってするし、しないと大変なことになるわけで。

 

親が子どもの排便に対して嫌悪感を見せたり、ことさらに「汚い」「臭い」と言い過ぎるのはよろしくないでしょう。

おむつに関しても、無理に卒業を急がせると、将来的に異常性癖の原因にさえなる……というのはフロイトの説で、正しいかどうかはわかりませんけど。

 

それを参考にしてるわけではありませんが、我が家ではトイレトレーニングを急いではいません。

 

……でも、いい加減トイレでしてほしいのが本音ですけど、ね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

「にっくきにくえもん」の原文が気になる度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うんちしたのはだれよ!

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「おへそのひみつ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は福音館書店の月刊科学絵本「かがくのとも」より、「おへそのひみつ」を紹介します。

作・絵:やぎゅうげんいちろう

出版社:福音館書店

発行日:2000年11月10日

 

著者の柳生弦一郎さんは、「おっぱいのひみつ」「あたまのなか」「かさぶたくん」などの、人体に関する科学絵本を多数作っています。

絵にインパクトがあるので、一目でそれとわかりますね。

「おへそ」ってなんだろう?

何にも使えないし、ほんとにただの飾りみたい。

 

そんな素朴な疑問に、丁寧にわかりやすく、なおかつコミカルに、ただし厳密な科学知識に基いて教えてくれます。

いざ「おへそ」について子どもに訊かれると、たいていの大人は困るのではないでしょうか。

 

なぜなら、「おへそ」を科学的に説明しようとすると、必然的に「赤ちゃんはどこから生まれるの?」という問いにぶつからざるを得ないからです。

 

この絵本は、そこから逃げたりごまかしたりせず、真摯に子どもに答えます。

自分の身体は、人間にとって最も身近な自然であり、謎です。

手の感覚を得た頃の赤ちゃんは、自分の手をじーっと見つめていたりします(話が逸れますが、子どもが自分の性器をいじり回すのは単に興味からであって、絶対に無理にやめさせるべきではありません)。

 

こういう根源的な疑問、不思議に思う気持ちに対し、大人は誠実・正直に答えてあげるべきです。

子どもが「なぜ?」「どうして?」と、ことあるごとに言い出したら、それは喜ぶべきことです。

 

もちろん、自分でもわからないことに関しては、素直に「わからない」と言い、あとで子どもと一緒に調べるといいでしょう。

その際には、できる限りインターネットではなく、本や辞典を繙いて欲しいものです。

それが、将来的に自主的な読書へと繋がりますから。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

おへそを取るかみなりさんが怖い度:☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「みんなうんち」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子は、3歳を過ぎてもまだおむつが取れません。

「おまるでうんちしてみようか?」

と持ち掛けても、

「しないの!」

と一蹴。

焦る必要はない……とはわかっているつもりでも、何か特別な原因でもあるのかと、つい悩んでしまいます。

 

トイレ関係の絵本は山ほど読んできたのですが、絵本は気に入っても、自分自身の排泄は別物として考えているようです。

 

そう、今では山ほど出版されているトイレの絵本。

しかし、かつては「うんち」を絵本に登場させることはハードルが高かったようです。

こぐまちゃんおはよう」の中に排泄シーンを入れることについても、当時はやはり冒険だったそうです。

 

≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

そうしたハードルを取り払い、「うんち絵本」に市民権を与えたのが(少々大げさかな)、今回紹介する「みんなうんち」です。

出るわ出るわ、色んなうんちのオンパレード。

「ひとこぶらくだは ひとこぶ うんち

ふたこぶらくだは ふたこぶ うんち

これは うそ!」

などの、五味太郎さんのユーモアも交えていますが、これはれっきとした科学絵本です。

登場する動物のうんちの形、うんちの仕方、それぞれの習性などがちゃんと描かれているのです。

 

動物も小さな子どもも、何一つ悪びれずに、堂々と「うんち」をします。

大人だけが、「うんち」に対して照れたり、隠したり、難しい言葉で距離を取ろうとしたりします。

子どもはそんな大人の狼狽をちゃんと見抜いているから、ことさらに大声で「うんち!」と叫ぶのです。

真面目くさった顔をしてても、みーんな「うんち」をするんだ、という事実が、なんだかおかしかったり、親しみを持てたりするから笑うのです。

 

「うんち」の話をするときは、笑ってもいいんです。

笑いながら、正しい科学知識を教えてあげればいいんです。

この絵本から、そんなメッセージが聞こえてきそうです。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

1