【絵本の紹介】「いちご」【204冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

世界で活躍する彫刻家の新宮晋さんという方がいます。

彼の作品は風や水といった自然エネルギーでのみ動きます。

 

現在、兵庫県の県立有馬富士公園にて、新宮さんの彫刻12点が展示されています(風のミュージアム)。

 

新宮さんは絵本も描かれており、それらは自然を見つめ続ける芸術家の精神が生き生きと伝わる作品ばかりです。

今回紹介する「いちご」は、彼が初めて世に出した絵本です。

作・絵:新宮晋

出版社:文化出版局

発行日:1975年5月10日

 

内容はまさに「いちご」賛歌。

それも、新宮さん独特の感性によって「いちご」をどこまでも深く見つめたものです。

 

デッサン風のイラストも迫力ですが、言葉のセンスも脱帽もの。

本当は1画面ごとに語りたいくらい。

また、テキストは日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語でそれぞれ書かれています。

 

まず、最初と最後の見開きページをグレー一色にして、同じフレーズで締めるという演出。

いちごの生長の中で、いちごと同化して、いちごと同じ景色を見ているような気分にさせます。

雪の中で眠る。静かに。静かに。

こごえる夜 数えきれないほどの星を見る。

風が光をはこんでくる。

太陽が金の雨を降らせる。

みごとな夕やけを見た。もえるような赤に心がときめいた。

という、見開きを赤一色に染めたシーンの印象的なこと。

 

そして、

赤い実のまん中には 太陽のとどかない 白いつめたい世界がある。

いちごに対してこんな文章、ちょっと他に書けるひといないんじゃないでしょうか。

この絵本には、視覚だけでなく、五感すべてに訴えかける力があります。

新宮さんは意図的にそうしています。

 

ほら、本を閉じると、いちごの冷たさや、甘い香りが感じられるはずです。

 

★      ★      ★

 

私はこの絵本を読むと、ゲーテの自然研究法としての「直観」を思い浮かべます。

ゲーテは自然を観察する際、主観や偏見を排し、「ありのまま見る」ことで自然の背後にある秘密を解き明かそうとしました。

 

理性的な思考だけで物事を捉えては、真実が曇らされてしまうとゲーテは感じたのです。

自らも自然の一部となり、自然に向き合うとき、自然はその秘密を語ってくれるのです。

 

新宮さんの表現の中には、そうした「直観」でしか把握できないような「いちご」の姿が描き出されています。

新宮さんはいちごを「星」と表現します。

 

いちごには北極がある。南極がある。その間には金の鋲が打ってある。

 

地球に生まれ育ったものはすべて、地球からの力と、太陽に代表される宇宙からの力の影響に晒されています。

その結果として作り出されたいちごの形態が「地球の模造」であることに思い至る時、私は「いちご」を美しいと思わずにはいられません。

 

クリスマスシーズン、ケーキの上に乗った「いちご」を口にする前に、その美しさに思いをはせてみてください。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

いちご愛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いちご

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「なにをたべてきたの?」【117冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子は食いしん坊。

ほとんど2時間おきに「おなかすいた」を連発。

 

よく食べるのはいいけど、新しいものには意地でも手を出さず、そのたびに母親と衝突しています。

 

子どもが野菜を嫌うのは、まだ味覚が発達していないから、という説明がありますが、むしろ子どもの方が大人より味覚が鋭いという話もあります。

つまり、子どものうちは苦味や酸味など、体に危険なサインを出す食べ物を拒絶していたのが、大人になるにつれ味覚が鈍くなることで食べられるようになるということです。

 

してみれば、むしろ退化することによって食の幅が広がるわけです。

 

しかし、うちの子を見ていると、嫌いな食べ物のほとんどは「食わず嫌い」です。

味覚関係ないやん。

 

そう、食欲には味覚以外の五感も大いに関係します。

嗅覚はもちろん、ひとは視覚でも味わっているのです。

 

今回紹介するのは、食べ物の色彩が非常にきれいなロングセラー「なにをたべてきたの?」です。

文:岸田衿子

絵:長野博一

出版社:佼成出版社

発行日:1978年5月26日

 

お腹を空かせたしろぶたくん。

りんごを見つけて食べると、お腹が鮮やかな赤色に染まります。

続いてレモン、メロン、ぶどうを次々に食べ、そのたびにしろぶたくんの体は大きく(というか長く)なり、お腹にそれぞれの果物の色が浮かびます。

最後には石鹸を見て、

これを たべたら もっと きれいになるかな?

と、呑み込んでしまいます。

もちろん、ひどいことになります。

 

でも、お腹の色が混ざり合い、虹色のシャボン玉になって鼻から抜けていく場面は子どもにも大人気。

 

★      ★      ★

 

文は「かばくん」の岸田衿子さん。

リズミカルで楽しい文章は健在です。

 

自分以外の生命を取り入れる。

食べるということは、考えてみれば不思議な行為です。

 

「大きくなるために」

「丈夫になるために」

食べるのだ、という表現は、子どもにはいまいちピンとこなかったりします。

 

子どもにとって「食べること」は、この絵本のように「色と詩」の世界として認識されているのかもしれません。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

豚の種類に対するこだわり度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「なにをたべてきたの?

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「いちご」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、平山和子さんによる「いちご」です。

作・絵:平山和子

出版社:福音館書店

発行日:1989年4月15日

 

そのおいしさもさることながら、見た目の可愛さから、ケーキにも引っ張りだこの人気者、イチゴ。

イチゴ、って響きもいいですよね。

草冠に母と書いて苺。

漢字も素敵。

 

何とも言えないあの形状。色。

外側が赤くて、中は白。

表面のツブツブ。

じっとイチゴを見つめていると、造形の見事さと不思議さに、感慨深い気持ちがこみ上げてきます。

 

作者の平山さんも、きっとそんな「イチゴ愛」を持ってこの絵本を作られたのだと思います。

平山さんは他にも「くだもの」「おにぎり」といった作品を手掛ける、「たべもの絵本」の第一人者です。

 

写実的な絵柄でありながら、写真とは違うこの味わい。

イチゴは地面から生えます。

ですから、定義上は果物じゃなくて野菜。

そんな科学絵本としての側面も。

文は「イチゴとの対話」という形式で進行します。

赤く熟したイチゴがあちこちから語り掛けてくるシーンでは、思わず手を伸ばす子どもも多いでしょう。

 

★      ★      ★

 

文は少なく、やさしく、読みやすく、入りやすく、幼児への読み聞かせにも適した絵本です。

 

でも実は、読み聞かせの構造としては、意外と複雑な側面を持っています。

 

この「イチゴを相手に語り掛けている」人物は描かれていません(一番最後に「いただきます」をする女の子は出てきますが)。

つまり、イチゴと話しているのは、この絵本を読んでいる読者自身の主観と解釈されます。

 

すると読み聞かせをする場合、「読んでいる」大人は、自分自身と、さらに「読んでもらっている」子どもの主観を同時に取り込むという、少々込み入った作業を処理することになります。

 

普通はそこまで意識せずに読むでしょうが、この作業は無意識にでも行われています。

何が言いたいかと言うと、「絵本を通しての親子の共感力」を育てるには、非常に良い一冊だということです。

 

可愛くてとっつきやすいけど、実は不思議で複雑。

そんなところもイチゴの魅力。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

実はツブツブが果実という意外度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いちご

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ノラネコぐんだん パンこうじょう」


 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日2月22日は、222(ニャーニャーニャー)で「猫の日」です!

 

古典から新作に至るまで、ねこが登場する絵本は数えきれないほどありますが、今回は現在最も注目されている「ねこ絵本」を紹介します。

工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん パンこうじょう」です。

作・絵:工藤ノリコ

出版社:白泉社

発行日:2012年11月20日

 

私も個人的にファンである工藤ノリコさんの大人気シリーズ。

以前の記事で工藤さんの作品の魅力について語りましたので、そちらも併せてご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ピヨピヨスーパーマーケット」

 

とにかく、工藤さんのキャラクターは可愛い。

それも、ちょっと他にはない可愛さです。

 

それはやっぱり、あの「顔のパーツ」の力だと思います。

たいていのキャラクターが、横一線の目に、タラコくちびる(クチバシ)。

 

たったそれだけのパーツで、実に豊かな表情を読み取ることができるのです。

これは「へのへのもへじ」並みの発明なのではないかと思います。

ワンワンちゃんの パンこうじょう」を覗いているノラネコぐんだん。

なにやらよからぬことを考えているよう。

 

工藤さん、相変わらず食べ物や小物の細かい描写が楽しいです。

夜中にほっかむり姿で工場に忍び込んだノラネコぐんだん。

自分たちでパンを作って食べるつもり。

 

意外と手際よくやっていますが、ふくらしこを一缶まるごと入れた結果、膨らみ過ぎたパンがかまどを破壊し、工場をふっ飛ばしてしまいます。

 

駆けつけたワンワンちゃんの前に、巨大なパン。

 

ワンワンちゃんはノラネコぐんだんを正座させ、

こんなことをして いいと おもっているんですか

と、なんとも型どおり過ぎて力の抜けるお説教。

 

ノラネコぐんだんも、

いいと おもってません

ニャー

と、絶対反省してなさそうな返事。

 

しかし、ここからがワンワンちゃんの教育(?)流儀。

巨大パンを使って、「パンまつり」を開催。

ノラネコたちはお手伝い。

 

パンを切ったり、サンドイッチを作ったり、結構楽しそうに働いてます。

労働の大変さや楽しさを教え、食べ物を粗末にせず、そして最後は工場の再建設まで、経験主義のまさに「生きた教育」。

 

ノラネコぐんだんの好奇心や興味を、実体験させることで満たしてやるわけです。

 

★      ★      ★

 

このシリーズを読み続けていくと、ひとつの疑問が湧いてきます。

ワンワンちゃんって、何者?

 

パン屋さんかと思っていると、農場主になってたり、お寿司屋さんになったかと思うと、飛行機まで所有していたり。

そのあたりの説明は一切ないんです。

 

実は、工藤さんはかつて4コマ漫画として「ワンワンちゃん」シリーズを連載しており、ノラネコぐんだんも、もとはその漫画のキャラクターだったんですね。

 

掲載されていたのが就職誌だっただけあり、「さすらいの就職犬」という設定のワンワンちゃんは、毎回様々な職種にチャレンジします。

絵本では名前すら出てきませんが、いつもワンワンちゃんと行動を共にしているニワトリ(?)は「マーミーちゃん」というロボットで、小鳥の方は「パッポヒ」というドイツ生まれの鳩時計に住む鳩です。

 

うーん、初めて読んだ時は、ワンワンちゃんとマーミーちゃんが夫婦で、パッポヒがその子どもかと思ってました。

この二人も、よく見ているとそれぞれのキャラクターに合った行動を取っていて面白いですよ。

 

パン屋のお客さんも、漫画にも登場したキャラクターたち。

漫画では、ノラネコぐんだんを始め、ほぼ全員がワンワンちゃんの足を引っ張ることが多いですが。

 

絵本紹介のはずが、漫画紹介みたいになってしまった……。

 

ので、最後にひとつ。

おさるさんが買っている「ねじりパン」の値段はいくらでしょう?

よーく絵本を読み込めばわかるようになっていますよ。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ワルかわいい度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「しろくまちゃんのほっとけーき」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

みなさん、今日が何の日かご存知ですか?

今日、1月25日は「ホットケーキの日」なんです(何にでも記念日があるものですね)!

 

というわけで、必然的に(?)今回取り上げるのは「しろくまちゃんのほっとけーき」です。

絵:わかやま けん

出版社:こぐま社

発行日:1972年10月15日

 

「こぐまちゃん」シリーズのスピンオフ的作品でありながら、シリーズ中最も人気が高いというこの作品。

まさに「ホットケーキばかりか主役を食ってしまった」名脇役として絵本界に名高いしろくまちゃん。

 

内容は至ってシンプルで、しろくまちゃんがお母さんとホットケーキを焼き、友達のこぐまちゃんと一緒に食す、というストーリー。

卵を落として割ってしまったり、ボウルの中身をはね散らかしたりといった描写に、子どもが真似をすると苦情も寄せられたとか。

いいじゃないですか、割ったって汚したって、それも子どもにとっては必要なんだから。

単純化された造形、太い線の輪郭、いくつかの色の組み合わせによる鮮やかな色彩は、シリーズ通しての特徴であり、「ちいさなうさこちゃん」シリーズの生みの親・ディック・ブルーナの影響を受けていることは以前の記事で触れました。

 

こむぎこ おさとう ふくらしこ こなは ふわふわ ぼーるは ごとごと だれか ぼーるを おさえてて

このあたりのリズム感は本当に素晴らしいと思います。

このシーンでは見ている子どもが、無意識に絵の中のボウルに向かって手を指し伸ばすしぐさを見せることがあります。

画面に、手伝ってくれるはずのお母さんがいないことも計算のうちでしょう。

 

しかし、この絵本の最大の見どころは、やはり見開きでホットケーキを焼くシーン。

ぽたあん」「どろどろ」「ぴちぴちぴち」「ぷつぷつ」「やけたかな」「まあだまだ」「しゅっ」「ぺたん」「ふくふく」「くんくん」「ぽいっ」「はい できあがり

 

こんな単純化された線と色と言葉で、これほど雄弁にホットケーキの焼けるさまを説明した絵が、他にあるでしょうか。

子どもたちはこのページを食い入るように、いつまでも見つめます。

私もいつまでも見ていられます。

本当に美しいです。

さあ、今日はみんなでホットケーキを焼きましょう。

 

けれども、この大ロングセラーを手掛けたこぐま社の佐藤英和さんは、どうしてこの絵本がそこまで子どもに人気なのか、本当のところはわからないと言っておられます。

子どもの絵本を見る目は確かですが、その法則を大人が発見しようとするのは至難です。

子どもは批評をしませんからね(読むか、読まないかという行動で示すだけで)。

実際、似たような絵で似たような作品を作ったとて、必ずしもロングセラーになるわけではないでしょう。

 

私は、上で述べたような要素がいくつも重なり合って、絵本が唯一無二の芸術作品となったとき、子どもの心を掴むのだと思っています。

それは本当に難しく、磨かれた感性と、注意深さと、根気とを必要とされる作業です。

 

しかし何よりも重要なのは、子どもに対する誠実さであり、敬意だと思います。

流行を追いかけることに慣れた大人が、気安く作ったような絵本が、たとえ一時は子どもの気を引いたとしても、長い間選ばれ続けるということは、けっしてありえないのです。

 

関連記事≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ホットケーキ食べたい度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com