絵本の紹介「おおきな木」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、「おおきな木」です。

作・絵:シェル・シルヴァスタイン

訳:本田錦一郎

出版社:篠崎書林

発行日:1976年11月20日

 

多くの人に感銘を与え、議論を呼んだ有名な哲学絵本です。

現在は村上春樹さん訳による新装版が出ており、この本田錦一郎さん訳の旧版は絶版となっています。

本田さんバージョンが読みたい方は、当店HPへどうぞ。

 

原題は「The Giving Tree」つまり「与える木」。

そのタイトル通り、ひたすら与え続ける大きな木と、与えられ続ける人間の男の子を描きます。

小さな男の子は、りんごの木と大の仲良し。

毎日木に会いに来て、色んな遊びをし、りんごを食べ、木陰で昼寝をします。

 

けれども年月は過ぎ、男の子は成長し、恋人もでき、木は独りぼっちになることが多くなります。

 

あるとき、男の子が戻ってきて、

おかねが ほしいんだ。おこづかいを くれるかい

と言います。

 

木はお金の代わりに、りんごを持って行って売ればどうかと提案します。

すると、男の子は気によじ登り、りんごを全部もぎ取ってしまいます。

なんだか残酷な気持ちがしますが、

きは それで うれしかった

 

その後も、男の子は戻ってくるたびに少しづつ大人になり、木に家や舟を要求します。

 

木は家を作る枝を与え、舟を作る幹を与えます。

 

そしてとうとうただの切り株になってしまった木のもとへ、すでに老人となった男の子が帰ってきます。

もう何も与える物がないことを残念がる木に、老人は、

わしは いま たいして ほしいものはない。すわって やすむ しずかな ばしょが ありさえすれば

と言います。

それなら、切り株に腰かけて休むといい、と木が言い、老人はそれに従います。

 

きは それで うれしかった

 

★      ★      ★

 

様々な解釈がなされ、今なお単一の読み取りを許さない作品です。

木と男の子、どちらを主体として読むか、二人の関係をどう読むかによって、物語の見方は分かれることになります。

 

テーマは「無償の愛」ですが、読みようによって、それを肯定も否定もできるのです。

 

それで うれしかった」と何度も繰り返すフレーズ。

木は、一切の犠牲精神なく、見返りを期待することもなく、本心から与えることに喜びを感じています。

しかし、それは本当に木にとっての幸せと言えるのでしょうか。

 

そんな読み手の疑問を誘うように、男が幹を切り倒した時だけは、「きは それで うれしかった・・・だけど それは ほんとかな」という一文が入ります。

ちなみに原文では「それは本当ではなかった」と、もっとはっきりと断言しています。

 

また、与えられ続ける男の子のほうは、これは明らかに不幸になっていきます。

 

ひたすら与えるだけの愛は、人を不幸にしてしまうのでしょうか。

あるいは、木が与えていたものは、真実の愛ではなかったのでしょうか。

 

木を「子どもを甘やかす親」とか「駄目男に尽くしてしまう女」に当てはめてこの物語を読むと、歪んだ愛に対する警鐘とも解釈できます。

 

実際、ほとんどの方が木と男の子の関係を「親子」か「男女」になぞらえているようです。

が、また別の見方も可能だと思います。

 

「木」をそのまんま「木」として、男の子を「人類」として、つまり「自然と人間」と捉えてみると、そこにもう一つの景色が広がります。

 

自然は見返りを求めません。

ただ自らの生を全うするだけで、人間はそこから様々な恵みを受け取ります。

 

ですが、自然を破壊し続け、発展し続けることで、人類は豊かになったのでしょうか。

 

……等々、様々な読み方ができ、まさに読み手の想像力が試される絵本です。

これほどに深い内容の作品を、これほど簡易な絵と文で表現しえたことが、シルヴァスタインさんの稀有な才能の、何よりの証明でしょう。

 

 

さて、色々な絵本を紹介・分析・研究してきたこのブログですが、次に取り上げる絵本でついに100冊目となります。

いつも読んでくださっている方、ショップを訪れてくださる方、本当にありがとうございます。

 

記念すべき100冊目は、あの名作を紹介したいと思います(明日更新予定)。

お楽しみに。

 

推奨年齢:小学生以上〜

読み聞かせ難易度:☆

作者の顔のインパクト度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おおきな木

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「葉っぱのフレディ ―いのちの旅―」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもがはじめて「死」を意識するのは何歳ごろでしょうか。

私の場合は、4歳くらいだったでしょうか。

死ぬことの恐怖に取りつかれていた時期があります。

 

何もかもが無に帰すという恐怖。

誰もがいつかは必ず死ぬという事実が受け入れがたく、どうして大人たちは自分よりもいっそう「死」に近いのに、平気な顔で生きていられるのかと不思議に思ったのを覚えています。

 

今回紹介するのは、アメリカの哲学者・レオ・バスカーリアさんが「死」そして「いのち」について子どものために書いた「葉っぱのフレディ ―いのちの旅―」です。

作:レオ・バスカーリア

絵:島田光雄

訳:みらい なな

出版社:童話屋

発行日:1998年10月22日

 

大変話題になった作品ですので、読んだことはなくてもタイトルに覚えがある方も多いのではないでしょうか。

 

大きな木の枝に生まれた葉っぱのフレディ。

同じ葉っぱ仲間のダニエルたちと一緒に、春、夏、とても楽しく過ごします。

やがて秋が来て、葉っぱは紅葉します。

そしてだんだんと寒くなり、ダニエルは、

引っこしをする時がきたんだよ

ぼくたちは ひとり残らず ここからいなくなるんだ

と告げます。

フレディはその言葉に衝撃を受けます。

ぼくはいやだ! ぼくはここにいるよ!

 

しかしとうとう冬が来て、仲間たちは次々と枝から離れていきます。

死ぬのが こわいよ

というフレディに、ダニエルが語ります。

 

まだ経験したことがないことは こわいと思うものだ。でも考えてごらん。世界は変化しつづけているんだ。変化しないものは ひとつもないんだよ

死ぬというのも 変わることの一つなのだよ

自分は生まれてきてよかったのだろうか、とフレディは尋ねます。

ダニエルは深くうなずき、これまでの楽しかったこと、幸せだったことを肯定的に語ります。

 

フレディは、静かに枝から離れて地面に落ちます。

フレディは雪解け水に混じり、土に溶け込んで、木を育てる力となるのです。

 

★      ★      ★

 

この絵本では、「自然は変化しつづける」こと、「いのちは永遠に生きている」ことなど、東洋の輪廻転生的な死生観を展開していますが、「死」「生きる意味」というのは哲学の永遠のテーマであり、ここに書かれたようなことは、先人たちの膨大な思考作業のほんの一部に触れているに過ぎず、「答え」などと呼べるものではありません。

 

これは自分の人生を「考える」きっかけです。

 

実際に死の恐怖に怯えている子どもが、この短いおはなしを読んで、すぐにそれを克服するようなことはないと思います。

自分自身の経験から考えれば、それはもっと長い物語を必要とします。

 

言葉は時に、長い熟成期間を経なければ、その真の意味に到達できないことがあります。

 

何年もかけて、様々な経験をしてから、ふと「あの時の言葉の意味」に気づく。

そんな風にして、人は成長していくのでしょう。

 

そのためには、自分の心の土を耕し、種をまき、水をやり、きれいに整えておく必要があります。

子どもへの読み聞かせは、そうした根気のいる作業だと思います。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

葉っぱに人格があるように見えてくる度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回取り上げるのは「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」です。

作・絵:レオ・レオニ

訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

発行日:1986年8月

 

とても有名な作品です。

小学校の教科書で出会った方も多いでしょう。

 

しかし、教科書の「スイミー」しか知らない方にはぜひ、本物の「スイミー」を手に取っていただきたいと願います。

以前の記事で触れましたが、教科書用に編纂された絵本は、本来の生命を失っています。

 

≫大人のための「絵本の読み方」

 

作者のレオ・レオニさんは、伯父が美術蒐集家であったことなどから、幼いころよりピカソやシャガールなどの絵に囲まれて育ったといいます。

そんな環境で、自然に芸術的審美眼が磨かれていったのでしょう。

 

また、第二次世界大戦の時代を生き、思想家でもあったレオニさんは、ファシズムやマッカーシズムに抵抗し、攻撃や批判に晒されました。

「スイミー」は、そうした経験から深みを増した彼の思想が凝縮されて生まれたと言ってもいい作品です。

 

そうしたことも踏まえて、この絵本を読んでみましょう。

 

広い海で兄弟の魚たちと楽しく暮らしていた、小さな黒い魚のスイミー。

しかしある時、大きなまぐろに、兄弟は全員吞み込まれてしまいます。

 

一匹だけ難を逃れたスイミーは、暗い海の底で悲嘆に暮れます。

 

しかし、それまで知らなかった、海にある素晴らしいもの、面白いものを見るたび、スイミーは少しづつ元気を取り戻していきます。

にじいろの ゼリーのような くらげ

すいちゅうブルドーザーみたいな いせえび

ドロップみたいな いわから はえてる、こんぶや わかめの はやし

……。

 

この一連のシーンの絵は本当に美しく、スイミーとともに目を奪われます。

 

やがてスイミーは、失った兄弟たちにそっくりの、赤い小さな魚たちの群れに出会います。

スイミーは彼らを誘いますが、赤い魚たちは、大きな魚を恐れて、岩陰から出てこようとしません。

 

そこでスイミーは、みんなで一匹の大きな魚のように泳ぐことを考え付きます。

みんなが一匹の魚のように泳げるようになったとき、一匹だけ黒いスイミーは、

ぼくが、めに なろう

と言います。

 

スイミーを目として、みんなは泳ぎ出し、ついに大きな魚を追い出します。

 

★      ★      ★

 

国語の読解問題などでは、これは「みんなが一致団結して、大きな力を生み出す」物語である、という解釈が「正解」とされるのでしょう(いかにも模範的ですし)。

もちろん、そう読むことは自由ですし、間違いというわけではありません。

しかし、それではとてもレオ・レオニという巨大な人間の思想の本質にまで触れることはできません。

 

彼が生きた時代背景を考えれば、スイミーのように家族や仲間を一瞬にして失うことは実際に誰の身にも起こりえたでしょう。

孤独に海をさまようスイミーと、オランダ、イタリア、アメリカを転々とした作者自身の人生は、無関係ではないと思います。

 

災厄からひとりだけ生き延びた者は、自分の果たすべき役割を見つめざるを得なくなります。

スイミーの旅は、自己を見つめる旅です。

世界を知り、己を知り、物事の本質を見極める「目」を育てたスイミーが、最後に

ぼくが、めに なろう

と引き受けるのは必然なのです。

 

「目」というのは、全体における役割であって、他の機能に比べて優れているとか偉いとかの問題ではありません。

ここに、レオニさんの社会に対する思想の一端が現れているのではないでしょうか。

 

個々の能力差を、「階級差」とするのではなく、「役割分担」として、全体の調和を目指すこと。

「階級社会」は「おおきい さかな」=「独裁者」にとって都合のいいものであり、権力に立ち向かうためにはそれを乗り越える必要があるということ。

 

「目」にはそうしたことを見抜き、人々に教えるという役目があります。

しかし、それは誰もが持てる能力ではありません。

それは生まれ育った環境、それもたいていの場合は逆境の中で開かれる能力です。

 

だからこそ、人生における悲しみや辛さ、寂しさという波にぶち当たったとき、打ちひしがれて飲み込まれるのではなく、それは自分を見つめ直す好機であり、「目」を開けて生きるための試練なのだと受け止めるべきなのです。

 

大切なのは、悲しみの中にあったとしても、人生における美しいもの、素晴らしいもの、面白いものに目を向けて、前向きな態度で生きることです。

 

そう、スイミーのように。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆

芸術的完成度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

1