【絵本の紹介】「やっぱりおおかみ」【196冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

個性豊かな絵本作家たちの中でも、一際異彩を放つ佐々木マキさん。

作家・村上春樹氏が彼を「永遠の天才少年」と称し、自身の初めての小説のイラストを依頼したことでも知られています。

 

そんな佐々木マキさん、長新太さんや馬場のぼるさんと同じく、前身は漫画家。

「ガロ」という雑誌に、他の追随を許さぬほどに前衛的・実験的な作品を発表していました。

 

「コマとコマの間に関連性がない」漫画、それでいて全体を通して読むとひとつのまとまりが感じられる、詩のような音楽のような漫画は、「難解だ」「漫画ではない」と批判される一方、熱狂的なファンも獲得しました。

 

そんな佐々木さんが、「こどものとも」編集長の松居直さんの薦めによって初めて描いた絵本が、今回紹介する「やっぱりおおかみ」です。

作・絵:佐々木マキ

出版社:福音館書店

発行日:1977年4月1日(こどものとも傑作集)

 

以前から絵本の上質な印刷を羨ましく感じていた佐々木さんは、松居さんの依頼に応じます。

この真っ黒なシルエットおおかみは、佐々木さんが「ガロ」1968年8月号に掲載した「セブンティーン」や、同じく9月に発表した「まちのうま」に登場したキャラクターです。

 

松居さんが「このおおかみを主人公に、絵本が描けませんか」と提案したそうです。

そして絵本を作ったことのない佐々木さんに、松居さんは「こういう絵本があります」と、モーリス・センダックさんの「まよなかのだいどころ」を紹介しました。

 

コマ割りやフキダシなどのコミック・スタイルを取り入れた「まよなかのだいどころ」を読んで、こういうやり方もあるのなら、自分にも絵本が描けるかもしれないと、佐々木さんは創作を開始しました。

 

≫絵本の紹介「まよなかのだいどころ」

 

そして完成したのが、「やっぱりおおかみ」。

佐々木さんの個性が思い切り発揮された、それまでの絵本の枠組みを越えた作品でした。

その内容に「子どもらしくない」との声が(予想通り)多く寄せられたものの、子どもたちには好意を持って受け入れられたのでした。

 

いっぴきだけ いきのこって いた」子どものおおかみが、仲間を探して孤独に街をうろつく、という物語。

兎の町、豚の町、鹿の町などをさまようおおかみ。

 

どこへ行っても怖がられ、避けられます。

おおかみは、ひとこと「」と、フキダシで発します。

この「け」という言葉も、味わい深いものです。

強がり、諦め、侮蔑、寂しさ……様々な感情を含んでおり、同時に「け」という音でしかないとも取れます。

 

おれに にたこは いないかな

と彷徨い続け、

おれに にたこは いないんだ

と悟るおおかみの、壮絶とも言える孤独。

 

しかし、その認識は、むしろおおかみを「なんだかふしぎに ゆかいな きもち」にさせるのです。

飛んでいく気球を見ながら「」と呟くおおかみ。

この「」は今までの「」とはまた違った意味合いを感じさせます。

 

★      ★      ★

 

悩んだ先にある、これまでと違う景色。

確かに子ども向けとは言えないかもしれません。

 

でも、子どもも大人も、絵本の内容すべてを理解しなければならないわけではありません。

大切なのは心に何かが残ることです。

 

「自由」とひとは簡単に口にしますが、本当に精神的に自由なひとは、そういるわけではありません。

自由な表現を試みれば、それは大抵の場合理解されず、時には批難されたりします。

自由であることは、「個」になることを意味します。

 

やっぱり おれは おおかみだもんな

おおかみとして いきるしかないよ

 

というおおかみの言葉は、常識の枠を飛び越えるような作品を描き続けた佐々木さん自身の声なのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

うさぎの目が怖い度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「やっぱりおおかみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「フレデリック」【193冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はレオ・レオニさんの作品の中でも「スイミー」に並んで人気の高い「フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし」を紹介します。

作・絵:レオ・レオニ

訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

発行日:1969年

 

有名な絵本ですから、内容もご存知の方が多いでしょう。

これもまた、レオニさんらしい哲学的物語です(そのせいで一部の読者からは敬遠されたりもしてるようですが)。

 

なじみ深い「アリとキリギリス」っぽい寓話ですが、レオニさん特有の視点により、結末は180度違います。

 

石垣の中の隠れ家で暮らす野ねずみたち。

冬に備えて、野ねずみたちはせっせと食料を運び込みます。

けれど、「ちょっとかわった」野ねずみのフレデリックだけは、全然働かずに座り込んでぼーっとしています。

どうして きみは はたらかないの?

仲間たちに尋ねられて、

さむくて くらい ふゆの ひの ために、ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ

とフレデリック。

 

仲間たちにはフレデリックの言っていることが理解できません。

その後もフレデリックは働かずに、

いろを あつめてるのさ

ことばを あつめてるんだ

そんなフレデリックに、忙しく働く仲間たちは少々腹を立て始めます。

 

やがて冬が来て、野ねずみたちは隠れ家にこもります。

はじめのうちは暖かく、食べ物もたくさんあり、話も弾み、楽しく過ごします。

 

けれどやがて食料は尽き、寒さに凍え、口数も減っていきます。

そんな時、仲間たちはフレデリックが集めたもののことを思い出します。

きみが あつめた ものは、いったい どう なったんだい、フレデリック

 

そこでフレデリックは、お日さまの話を始めます。

すると、不思議に野ねずみたちは体が暖かくなってくるのを感じます。

色についてフレデリックが話すと、仲間たちははっきりと色どりを心に感じます。

フレデリックが四季についての詩を紡ぐと、仲間たちは拍手喝采。

おどろいたなあ、フレデリック。きみって しじんじゃ ないか!

みんなに言われて、フレデリックは恥ずかしそうに、

そう いう わけさ

 

★      ★      ★

 

コミュニティにおける異端者が、最終的にコミュニティを救う」というこのお話は、レオニさんが好んで使う物語形式です。

フレデリックのような「変わり者」が一定数含まれているほうが、社会集団としては健全であるということです。

 

それは様々な思想や価値観を互いに尊重し合う、多様性を認める寛容な社会を意味しています。

ファシズムと戦い続けた思想家であるレオニさんだからこそのメッセージでしょう。

 

また、この作品のもう一つのテーマとして「芸術家の持つ役割」というものがあります。

「飯の種」をせっせと運ぶ働き者の野ねずみたちは社会経済を担っています。

それは生きるために必要なことですが、「人はパンのみに生きるにあらず」。

詩人・画家・音楽家・作家などの芸術家たちは、人の精神生活を豊かにします。

 

しかしながら、経済発展至上主義の時代にあっては、精神生活の重要性は忘れ去られがちです。

そして芸術を「しょせんは娯楽」と軽んじ、文化を「金になるか、ならないか」のものさしで量ろうとします。

 

もう一つのテーマ、と書きましたが、「多様性を認めないファシズム」と「文化の軽視」は実はセットになっています。

独裁的な権力者は、多様な文化を好みません。

人権の軽視、差別の推進、企業の保護、メディアコントロール、軍事優先、犯罪の厳罰化なども同様です。

 

ファシズムやマッカーシズムは、遠い過去の出来事ではありません。

それらの怨念は社会の至る所に身を潜め、常に復権の機会を伺っています。

彼らはまず、フレデリックのような者を排除することを志向します。

 

私たちの社会をふと見回し、「フレデリックがいない」ことに気づいたとしたら、その時にはすでに遅いかもしれません。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

シャイな表情が素敵度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「スイミー」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「フレデリック

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

【絵本の紹介】「ひろしまのピカ」【167冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

1945年8月6日、人類が初めて原子力爆弾を落とし、落とされた日。

その時の様子を記録した絵本を紹介します。

ひろしまのピカ」。

作・絵:丸木俊

出版社:小峰書店

発行日:1980年6月25日

 

私が子どものころ、様々な形で「戦争の悲惨さ」を説かれました。

中でも、あまりの恐ろしさに気が変になりそうだったのは、「ピカドン」と称される原爆の話でした。

 

目玉が飛び出し、皮膚が灼け崩れ、水を求めて彷徨う人々の群れ。

その地獄は確かに存在し、そしていつ我が身に降ってくるかわからない。

 

あの頃、私は果てしない恐怖と無力感を持って空を見上げていました。

 

この絵本も、子どもの私はとても読むことができず、表紙絵を見ただけで吐き気を覚えて目を背けたものです。

 

大人になってから改めて読んでみても、その内容は非常にリアルで凄惨です。

7歳のみいちゃん。

一家の団欒を突如として崩壊させたのは、原爆の強烈な光線でした。

炎の中、逃げ惑う人々。

死んだ赤子を抱く母親。

翼の燃えたつばめ。

折り重なる死体。

みいちゃんは4日間もお箸を握ったままでした。

指が離れないのです。

 

髪をかき分けると、ガラスの破片が出てきます。

そして、身体の成長は7歳のまま止まってしまいます。

 

残酷すぎる現実を描き続けた最後の一文が胸に刺さります。

ピカは、ひとがおとさにゃ、おちてこん

 

★      ★      ★

 

そんなに昔の話ではないのです。

この非人間的状態は、この日本で、実際に起きたことなのです。

 

「忘れてはいけない」

と、多くの人々が戦争の無残さ、愚かしさ、原爆の恐ろしさ、非道さを説いてきました。

 

しかしそれでも、人はこの現実を遠い世界のことのように、記号化して考えるようになっていってるのではないでしょうか。

 

日本は核兵器禁止条約に「反対」しました。

 

これがこの国の現状なのです。

 

この問題を考えるとき、私は行き場のない怒りを覚えます。

それは大人に対する怒りです。

 

戦争を起こすのは大人であり、武器を作るのは大人であり、それを罪のない子どもに向けて使用するのも大人です。

 

アメリカは北朝鮮の核開発を批判しているけれど、自分は核を手放すつもりはありません。

そして日本はその姿勢を支持している。

 

そういう大人の身勝手を、ごまかしを、子どもは見ているのです。

一体どの口で、「戦争はいけないよ」と子どもに言うつもりなのでしょうか。

 

この絵本は、大人こそが読むべきです。

子どもは何も悪くありません。

いつだって、悪いのは大人なのです。

 

大人の醜悪さは、想像力の欠如という形を取って現れます。

ここに描かれている惨状を、慟哭を、苦痛を、悲嘆を、現実のものとして感じることのできない想像力の貧しさが、過ちを繰り返させるのです。

 

自分で自分のことを「リアリスト」だと思っている大人たちが、その空疎な想像力で描いた「戦争状態」を、まるで待ち望んでいるかのような言動を取るのです。

 

我々親にできることは、そういう大人をこれ以上増やさないことです。

 

とりあえず、私は家に帰って子どもに絵本を読んであげることにします。

 

推奨年齢:9歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

重さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ひろしまのピカ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「りんごかもしれない」【153冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はここ数年、最も勢いと人気のある絵本作家・ヨシタケシンスケさんの、衝撃のデビュー作を紹介します。

りんごかもしれない」です。

作・絵:ヨシタケシンスケ

出版社:ブロンズ新社

発行日:2013年4月25日

 

もう、このタイトルと表紙イラストだけでも、ただごとじゃないセンスを感じます。

もともとヨシタケさんはイラストレーター出身で、児童書の挿絵の他、広告美術などの分野で活躍されていました。

独特の、なんともユルい線のとぼけた絵が特徴的。

 

しかし、何気ない日常から想像力でもって非日常の世界を紡ぎ出す、その目の付け所は実にシャープです。

 

テーブルの上にりんごがある。

しかしそれを見た少年は、

もしかしたら これは りんごじゃないのかもしれない

と、問題を提起。

 

そこから始まり、たった一個のりんごから、エンドレスな想像(妄想?)を繰り広げます。

もしかしたら おおきな サクランボの いちぶかもしれない

それか なかみは ぶどうゼリーなのかもしれない

あるいは むいても むいても かわかもしれない

 

……等々、「かもしれない」は果てしない知的広がりを見せます。

想像はあらぬ方向へ突き進み、読んでいる方はツッコミをいれたくなるやら、おかしいやら。

でも、笑いながらも「……かもしれない」と、心の奥で呟く自分にも気づかされます。

読み終われば、子どもも自分も、いっしょになって「かもしれない遊び」をしてしまうこと必至です。

 

★      ★      ★

 

こういう種類の笑いは、大人も子どもも関係ないのでしょう。

うちの息子も大ハマリでした。

 

どこか「ふまじめ」感漂う絵と内容ですが、これは立派な「哲学」です。

ぼくからみえない はんたいがわは ミカンかもしれない

なんてのは、完全に実在論についての思考です。

 

「かもしれない」はすべての哲学的思考の始まりであり、知性とは「かもしれない」と思える能力なのかもしれません(あ)。

 

この「りんごかもしれない」の爆発的ヒットに続き、出す絵本がことごとく売れているヨシタケさん。

常識に縛られず、新たな絵本の可能性を切り拓く姿勢が、人気の秘密でしょう。

 

この先も目が離せない作家さん「かもしれない」です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

「かもしれない」中毒度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「りんごかもしれない

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「シオドアとものいうきのこ」【151冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は日本でも人気の高い絵本作家、レオ・レオニさんの作品を紹介します。

シオドアとものいうきのこ」です。

作・絵:レオ・レオニ

出版社:ペンギン社

発行日:1977年9月

 

レオニさんの人物や来歴については、以前「スイミー」の紹介記事で取り上げましたので、そちらもどうぞ。

 

≫絵本の紹介「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」

 

さて、レオニさんと言えば上記の「スイミー」や、詩人ねずみの「フレデリック」が特に有名です。

それらに比べれば、この「シオドアとものいうきのこ」は、知名度はやや低いかもしれません。

 

しかし、コラージュ(切り絵)による立体的で美しいイラストや、鮮やかな色彩に加えて、なんとも解釈しづらい、咀嚼しきれない内容など、個人的にとても気になる一冊なのです。

 

(少なくとも表面上は)単純で受け入れやすい「スイミー」の物語に対し、この作品はどこか暗く、後味が悪く、一般受けしにくいと言えます。

「スイミー」を音楽CDのA面とすれば、「シオドアとものいうきのこ」はB面です。

アーティストの、より個人的な方向性や嗜好は往々にしてB面に現れるものです。

その意味で、この「B面」絵本はレオ・レオニという作家を知る上で重要な位置を占めているのではないかと思います。

 

では、内容をざっと紹介しましょう。

 

ねずみのシオドアは、「とかげ」「かえる」「かめ」と一緒に、古い切り株に住んでいます。

仲間たちはそれぞれの特技を自慢しますが、臆病者のシオドアは逃げることしか取柄がありません。

そんな彼を、仲間たちは馬鹿にして笑います。

 

ある日のこと、シオドアは「はちがつの そらのように」青いきのこを見つけます。

すると、なんとそのきのこは「クィルプ」と、謎の言葉を発します。

シオドアは驚きますが、どうやらきのこは喋っているわけではなく、単に「クィルプ」と発声するだけだと気づきます。

 

そこでシオドアにある考えが浮かびます。

彼は仲間のところへ行って、こう言います。

ぼくは ものいうきのこを みつけた。せかいに ただひとつしか ないんだ。それは しんりの きのこで、ぼくは そのことばが わかるように なった

 

シオドアは仲間をきのこのところへ案内し、「きのこよ かたれ!」と命令します。

クィルプ

呆然とする仲間たちに、シオドアはきのこの言葉を通訳します。

すべての どうぶつの なかで ねずみが いちばん えらいって いみさ

噂は広まり、シオドアは遠くの動物たちからも、王様のように崇められます。

 

すっかりいい気になっていたシオドアですが、仲間たちと遠出をしたとき、破局が訪れます。

丘を越えた先の谷間に、何百もの青いきのこが生えていたのです。

クィルプ」の大合唱。

仲間たちは騙されていたことに気づき、シオドアを口々に罵ります。

うそつき!

いんちき!

にせもの!

 

シオドアは逃げ出し、その後、仲間たちは二度と彼の姿を見なかったのでした。

 

★      ★      ★

 

常に深いメッセージが込められたレオニさんの絵本。

しかし、この作品に関しては、「嘘はいけない」という、わりとわかりやすいテーマが扱われている……という書評を見かけますが、私はそうは思いません。

 

「あの」レオニさんが、そんな単純な道徳めいた話を書くはずがない。

私は何度もこの絵本を読み返し、そのたびにどこか釈然としないものを感じ、モヤモヤしていました。

 

その理由は、「この絵本には、良い人物(動物)が一人も登場しない」からです。

確かにシオドアは一種の詐欺行為を働きましたが、もとはと言えば仲間たちがシオドアを馬鹿にし、嘲笑したことがきっかけです。

 

シオドアの嘘は、「自分をよく見せたい」という他愛のない欲求から生まれたものです。

誰かを傷つけようという種類の悪質さはありません。

 

が、シオドアの仲間たちは、シオドア以上に醜悪です。

あれほどシオドアを馬鹿にしていたのに、「ものいうきのこ」という「未知の権威」を前にすると、途端に態度を翻し、シオドアを王様扱い。

しかし、ひとたび嘘が明るみに出るや、またも態度を豹変させ、凄まじいまでの集中バッシングを浴びせかけるのです。

 

なんだか、現代社会でも見かけるような光景ですね。

 

「小さな嘘が大きな破滅を呼ぶ怖さ」という、「表向きのテーマ」の裏に隠されているのは、この「大衆」的な愚かさや醜さではないでしょうか。

 

レオニさんは意図的にこの作品を「二重底」構造にしたのではないでしょうか。

彼なら、十分にありうると思います。

 

もちろん、これは私の個人的な見方です。

それに、まだまだこの物語には三重・四重の深みがあるような気もするのです。

 

私がそう思う一番の理由は、あの美しい青いきのこの存在です。

この物語では単にシオドアの権威のための道具として扱われていますが、真相はどうなのでしょう。

実は、あのきのこは本当に「真理を語るきのこ」だったのかもしれません。

だとすると、「クィルプ」の意味は……?

 

などなど、どこまでも想像力を刺激してくれる絵本なのです。

 

ちなみに、ここで紹介したのはペンギン社出版のものですが、現在は好学社から新装版が刊行されています。

訳は谷川さんのもので変わりはありませんが、「クィルプ」がより珍妙なレタリングになってます(そして、価格が1.5倍に跳ね上がっております)。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

きのこの美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「シオドアとものいうきのこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com