【絵本の紹介】「ピーターのくちぶえ」【134冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

黒人の子どもって、どうしてあんなに可愛いのでしょうか。

特に、あの澄み切った大きな瞳。

 

今回は、黒人少年を主役にした絵本「ピーターのくちぶえ」を紹介します。

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島始

出版社:偕成社

発行日:1974年2月

 

作者のキーツさんは、ニューヨークの貧民街育ちで、そのせいか下町の雰囲気を描くことに長けています。

幼いころより絵を描いていたそうですが、絵本作家としてのデビューは40代半ばを過ぎてからでした。

 

デビュー作「ゆきのひ」は、黒人の少年ピーターの雪の日の一人遊びを描いたもの。

そして、この「ピーターのくちぶえ」は、同じ主人公で描かれた続編という形になっています。

 

男の子が口笛で犬を呼ぶのを見たピーターは、自分も口笛が吹きたくてたまりません。

けれど、何度吹こうとしても、口笛は鳴りません。

ピーターは家に帰る道すがら、「ぐるぐるまわり」をやったり、チョークで道に線を引いたりして遊び、その合間にも口笛を試しますが、やっぱり鳴りません。

家に帰ると、お父さんの帽子をかぶって、大人になったつもりでまた口笛を吹こうとしますが、やっぱり駄目。

ピーターはダックスフントのウィリーを探しに、また外へ行きます。

自分の影法師から逃げ出そうとしたりしながら、ピーターはウィリーを見つけます。

そこで、空き箱に隠れて口笛を吹くと、突然成功します。

ピーターは得意絶頂で家に帰り、両親の前で口笛を披露します。

 

★      ★      ★

 

キーツさんの絵本の特徴は、貼り絵(コラージュ)と油彩の合成による、グラフィカルな画面構成です。

どのカットも、そのままポスターに使えそうな美しさがあります。

 

けれど、絵の楽しさばかりに目が行きがちですが、キーツさんが真に卓越しているところは、子どもの内面を的確に捉え、センチメンタルに流されることなく、それをありのまま描き出す描写力にあります。

 

口笛を練習しながら、一方でピーターは様々な一人遊びもします。

健全な子どもは、一時も休むことなく遊び続けるのです。

それは遊びにすら目的を付与しないと気が済まない大人に比べて、なんと純粋な「遊び」でしょう。

 

他愛もない、と見逃されそうですが、子どもにとって、遊びは必要であり、世界獲得のための手段です。

そして、それまでできなかったことができるようになった瞬間の喜びは、子どもの自尊心や積極性の形成に重要な役割を果たすでしょう。

 

以後のピーター少年のシリーズは「ピーターのいす」「ピーターのてがみ」「ピーターのめがね」と続きます。

作品ごとに、登場人物が増え、世界が広がり、その中で少しづつピーターが成長するのが見どころです。

いずれ、このブログでも取り上げられたらと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

遊びのやるやる度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピーターのくちぶえ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ジルベルトとかぜ」【133冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

古典から新作まで、色々な絵本を読んでいて、「上手いなあ」とか「鋭いなあ」とか感心させられることは多いですが、作品の内容から、直接作り手の人間的深みまで伝わってくる作家となると、その数は限られてきます。

 

マリー・ホール・エッツさんは、そんな数少ない作家のひとりです。

今回は「ジルベルトとかぜ」を取り上げます。

作・絵:マリー・ホール・エッツ

訳:田辺五十鈴

出版社:冨山房

発行日:1975年8月5日

 

エッツさんの作品はどれも見た目地味なものが多いですが、これは特に地味、というか暗く見えます。

全体の感じは「わたしとあそんで」の男の子版といった感じですが、茶色っぽいグレーと白のモノトーンで描かれていて、その印象は「わたしとあそんで」とはずいぶん違います。

 

扉のジルベルト少年の眼差しもどこか内向的な、それでいてやや尖った、独特な表情です。

ぼくは ジルベルト そして これは ぼくと かぜの おはなし

ジルベルトの主観的語り口で、風について描かれます。

風は「ほしてある ふくを きようとする

傘をさしていたら「とろうとしたんだ。でも はなさなかったら こわしちゃったんだ

追いかけっこをしたら「かぜは くさのうえを はしっていける

凧や風車やシャボン玉で遊んでいると、風も「あそびに くるんだ

でも、風は時に意地悪をしたりして、思い通りには動いてくれない。

それどころか、怒ったように荒れることもある。

 

時々、風は疲れてしまう。

ねえ かぜくん! きみ どこにいるの?

そう問いかけると、一枚の枯れ葉を舞い上がらせて、風は居場所を教えてくれる。

 

★      ★      ★

 

なんという繊細で瑞々しい感性でしょう。

読んでいると、「おーい」と呼びかける風の唸りが実際に耳に聞こえるかのようです。

 

モノトーンの画面は、ジルベルト少年のナイーブな精神世界を表現しています。

こういう世界は、自らの重厚でいきいきとした自然体験がなければ、頭でいくら考えても描けるものではありません。

 

そんな感性を残しておられるエッツさんに、私は畏敬に近い念を抱きます。

 

子どもの豊かな想像力や情緒は、自然との遊びを通してこそ、真に上質なものになります。

現代人はどんどん自然から離れており、今後もその傾向は止まりそうもありません。

だからこそ、せめて自分の心魂に、自然を失わずに残しておく必要があると思います。

エッツさんの絵本は、あやふやでない、くっきりとした自然のイメージを、子どもの心魂に働きかける特別な力を備えています。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

詩的世界観度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「もりのなか」

≫絵本の紹介「わたしとあそんで」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ジルベルトとかぜ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おなかのすくさんぽ」【129冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの遊びを観察するのは面白いものですが、時には発散させるエネルギーが大人の目からは常軌を逸しているように見えて、「この子大丈夫かな」と心配になったりもします。

 

我が家の息子はひとたび公園へ行くと、8時が9時になろうと帰ろうとしません。

メインは砂遊びですが、泥をこねるのは嫌がります。

何をするのかと言うと、ひたすら砂を撒き散らかすのです。

そのうちに自分の身体に砂をかけ始め、しまいには手足を砂の中に埋めてしまいます。

表情を見ていると、真剣で、特に笑いもせずに黙々とやってたりする。

 

片山健さんは、普通の大人には理解しがたい、子どもの一種グロテスクとも言える内的なエネルギーを掬い取ることに長けた作家です。

今回は「おなかのすくさんぽ」を紹介します。

作・絵:片山健

出版社:福音館書店

発行日:1992年4月10日(こどものとも傑作集)

 

ラフな色鉛筆のスケッチ風の絵ですが、主人公の男の子の表情と目力の強烈さといったら。

片山さんは子どもを動物的に描く人ですけど、この男の子は特にその傾向が顕著で、ほとんど人間離れしています。

 

男の子が歩いていると、動物たちが水たまりで遊んでいます。

男の子は一緒になって、

バッチャン バッチャン バッチャン バッチャン

なんだか うれしくなって エヘヘヘヘー

 

泥をこね、穴に潜り、男の子はさらに野生化し、ますます目の光は強くなっていきます。

そして洞窟探検。

もはや完全に動物化してます。

ワーオ ワーオ ブギャー、ギャーオ ギャーオ クアー

 

もう誰にも止められません。

その後でくまが、

きみは おいしそうだねえ。ちょっとだけ なめて いーい?

なんて、ドキッとするようなことを言いますが、最後にはみんなお腹がペコペコになって、

おなかが なくから かーえろ

 

★      ★      ★

 

フランスの児童文学者、ルネ・ギヨは、

子どもは、大人の中に入っていくよりも、動物たちの中に入っていく方が、ずっとずっと安心するのだ

と語っています。

 

確かに、空腹や快不快といった感覚に対する反応で生きているあたり、子どもは動物に近い存在です。

動物ならばそうやって生きることに何の不安も疑念もないでしょう。

でも、子どもはやはり人間です。

自分の感情や衝動を制御できないことに、無意識的にであれ、恐怖と不安を抱えているのだと思います。

 

子どもを注意深く観察していると、子どもの内部で凄まじい葛藤とせめぎ合いが渦巻いているのを感じられます。

ほとんど目にも止まらぬ速度で成長し続ける子どもは、常に内的な戦いに晒されているのです。

私はこの絵本を読むと、モーリス・センダックさんの「かいじゅうたちのいるところ」のマックス少年を思い出します。

 

≫絵本の紹介「かいじゅうたちのいるところ」

 

大人には理解不可能な子どもの遊びに込められた情念は、まさに、大人の目には呑気で牧歌的に映っている「子ども時代」が、いかに困難な戦いの時代であるかを物語っているのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

男の子の目力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おなかのすくさんぽ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「くっついた」【126冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに0歳から楽しめる赤ちゃん絵本を紹介します。

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選を重ね、海外でも注目度の高い現代作家・三浦太郎さんの大ヒット作「くっついた」。

作・絵:三浦太郎

出版社:こぐま社

発行日:2005年8月25日

 

時代とともに、読み聞かせを始める年齢はどんどん下がっていき、今では生後半年以内の読み聞かせも珍しくないことになっています。

そんな時、一体どんな絵本を選べばよいか、悩む両親は多いと思います。

 

「赤ちゃん絵本」には、

・絵が単純で、認識しやすいものであること

・文が音楽的で、リズムがあること

・繰り返しの要素が入っていること

などの条件があります。

 

さらにこれらに加えて、すぐにできる遊びの要素が入っていれば、「本は楽しいもの」という認識を赤ちゃんに与えることができます。

この「くっついた」は上記をすべて満たした作品です。

丸を基調とした可愛らしい絵が、ページをめくるたびに

くっついた

これだけで十分面白い。

構成としては次々に登場する色んなものが、

〇〇と○○が」「くっついた

の繰り返し。

最後はお母さんと赤ちゃんがほっぺを寄せ合って

くっついた

さらにお父さんも

くっついた」。

 

これを読むと、思わず我が子のすべすべの頬に顔を寄せて、スリスリしたくなるでしょう。

それは子どもの側も同じで、「くっつくこと」は、原初的な「幸せ」の感覚だと思えます。

 

何度も繰り返した言葉ですが、絵本を読んでもらうことは、子どもにとっては「自分が無条件に愛されているかどうかの確認」でもあります。

ですから、物語の面白さや絵の美しさを楽しむ前に、根源として、自分を愛し、守ってくれる大人の存在を感じるための媒介として絵本は存在するのです。

 

幼い子が求めているのは「体温と肉声」です。

だから絵本を読んでやる際には、膝の上に抱き、「くっついて」読んであげます。

 

そうすることで幸せを感じるのは子どもばかりではありません。

読み手である大人もまた、現実に脳内に幸せを感じるホルモンが分泌され、自然と愛情が湧くのです。

 

「いないいないばあ」よりも、もっと原始的な最初の「遊び」は、やっぱりこうしたスキンシップだと思います。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆

幸せ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くっついた

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「だるまちゃんとてんぐちゃん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、加古里子さん作、「だるまちゃんとてんぐちゃん」です。

真っ赤なだるまに、意外と長い手足がにゅーっと生えた外見が特徴的な「だるまちゃん」。

てんぐ、かみなり、てんじん、だいこくなど、日本各地の郷土玩具や伝説上のキャラクターたちと友達になる人気シリーズです。

これはその第一作。

 

ちいさいてんぐちゃんの持っているうちわや履物や帽子、果てには長い鼻まで、何でも欲しがるだるまちゃんが、家に帰っては父親にねだります。

そのたびに、たくさんのうちわや帽子を引っ張り出してきて並べる、息子を溺愛するだるまどん。

 

でも、空回り。

結局、だるまちゃんは家にあるものを「代用品」として工夫して使います。

 

しかし最後には父親の面目躍如で、おもちで長い鼻をこしらえるだるまどん。

だるまちゃんもご満悦。

ユーモラスでほほえましいお話です。

 

「だるまちゃん」シリーズには毎回、様々な昔ながらの子どもの遊びが登場しますが、これはその最も普遍的なもの……つまり、「見立て遊び」です。

 

子どもは遊びの天才です。

石ころひとつでも、棒切れ一本でも、ありあわせの物をなんにでも変化させて楽しむことができます。

子どもを持って改めて思うことは、こうした「遊びを作り出す」ことは、傍で見るほど楽でも簡単でもないのだということです。

何かに「見立てる」ためには想像力を高めなければならないし、真剣に取り組まないと、その想像を維持することはできません。

 

大人になると、お金を使わないと遊べなくなります。

お金は便利です。

一番楽です。

自分では面白いことを作り出せないから、お金を払って誰かに面白がらせてもらうわけです。

で、本人はどんどん面白くない人間になっていってるわけです。

 

そういう観点に立てば、子どもに安易に精巧なおもちゃを買い与えることが、果たして本当にその子のためかどうか、少々考えさせられます。

と言いつつ、我が家でもついつい、電車のおもちゃなどを買ってしまいます。

楽なんです。

買わないとどうなるかというと、ブロックやら紙工作やらで作らされることになるんです。

適当に作ると、ダメ出しの嵐です(やれドアが開かない、パンタグラフがない、ワイパーがない、連結しない……などなど)。

とっても面倒です。

だから、だるまちゃんの父親はえらいなあと思います。

 

自分と同じくらいの年頃の子が持っているものを何でも欲しがるのも、子どもが必ず通る道です。

このお話のように、うちわや帽子くらいなら何とか想像力で補完することができますが、最近ではゲーム機器という、ちょっと太刀打ちできないような強敵が存在します。

 

いつかは息子も、そういう現代の玩具を欲しがるようになることは避けられないのかもしれません。

だからこそ、今の間だけでも、想像と工夫で楽しみを作り出す時間を、そして、絵本という最高の歓びを共有できる時間を大切にしていこうと、自分に言い聞かせています(でもやっぱり面倒です)。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

1