【絵本の紹介】「ペレのあたらしいふく」【244冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はスウェーデンの古典名作絵本「ペレのあたらしいふく」を紹介しましょう。

作・絵:エリザ・ベスコフ

訳:小野寺百合子

出版社:福音館書店

発行日:1976年2月3日

 

古典も古典、1912年に描かれた作品です。

作者のベスコフさんは子どもの本に対するスウェーデン最高賞ニルス・ホルゲション賞を受賞されています。

 

今もって色あせない美しい絵と、仕事・労働に対する普遍的な内容で、時代も国境も超えて、現在も刊行され続けている絵本です。

 

羊飼いの少年ペレは、自分だけの羊を一匹持っていて、世話していました。

成長と共に上着が小さくなってきたペレは、羊の毛を刈り取り、それで新しい服を作ろうと考えます。

そこからペレはさまざまな大人のところへ出向き、服を作るために必要な仕事を頼みます。

大人たちはその代わりに、ペレに何がしかの仕事を依頼します。

 

こうしてペレは幼いながらも大人たちと契約を交わし、頼まれた仕事をし、対価として毛を梳いてすいてもらったり、それを糸に紡いでもらったり、染粉を手に入れたりします。

最後にペレは仕立て屋さんに服を仕立ててもらいます。

出来上がった服にそでを通したペレは嬉しそうな表情で羊にお礼を言います。

 

★      ★      ★

 

スウェーデンの田園風景の美しいこと。

 

現代の子どもたちから見れば、ペレは随分と大人びています。

もちろんそこは時代でしょうけど、たった一着の服を手に入れるためのペレの行動力たるや。

一人で舟をこいで買い物には行くし、糸を染めるのは自分でやっちゃうし。

 

それだけに新しい服は彼にとって大変に価値あるものになるし、きっと大事にするはずです。

 

「労働」とは人間的な行為だとされています。

ということは、動物がエサを取ったり巣を作ったりするのは「労働」とは呼ばないということです。

 

何が違うかを考えてみると、人間の労働は本質的に利他的なものであるということが言えます。

他の誰かのためにする仕事が「労働」になるのではないでしょうか。

 

もしペレが、刈り取った毛を自分ですいて糸に紡いで、布を織って服を仕立てたとすれば(そのために使用する道具も全部自分が作ったとすれば)、それは「労働」ではないのです。

それでは経済は回らないからです。

 

ペレが服を手に入れるためには、その仕事を誰かにやってもらわなければなりません。

その代わりに、彼は他の誰かの仕事を請け負うのです。

何だか迂遠な気がしますが、実際にはそうして分業したほうが効率はいいのです。

 

子どもがお手伝いをする時の最初の対価は「ありがとう」という感謝の言葉や、それに付随する承認の感情です。

それもまた、誰かから贈られることでしか手に入らないものです。

 

たとえ「自分のために働いている」つもりでも、人間である以上、そこには必ず利他的な行為が含まれており、それが労働ということなのでしょう。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

仕立て屋の子どもたちの可愛さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ペレのあたらしいふく

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「スモールさんののうじょう」【218冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

若者が農業・漁業・林業などに興味を持たない時代が続き(かく言う私もその世代ですが)、人手不足が深刻になっています。

しかし、華やかな職業ばかりに人気が集中した時代は(現実の生活が苦しくなるにつれ)そろそろ終わりを告げ、「農業をやりたい」という若い人が、少しずつ出てきているらしいです。

 

凄まじい早さで盛衰を繰り返すネット時代の仕事に疲れ、文字通り地に足を付けた仕事をやって充実感を得たいという願望は理解できます。

でもまあ、実際にやってみるとなると、そりゃあもう大変な仕事でしょう。

いくら農業機械が進化したといっても。

 

それに、現実的にはお金の問題、家族の問題、周辺環境の問題、後継者の問題などが山積しています。

よほどの覚悟がないといい加減な気持ちではできません。

 

けれど、やっぱり必要な仕事です。

地方創生とかなんとか言ってますけど、政治家たちは誰も真面目に取り組んでいるようには思えません。

 

さて、今回紹介するのはそんな業界の頼もしい味方「スモールさんののうじょう」です。

作・絵:ロイス・レンスキー

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:2005年3月20日

 

「スモールさん」の絵本、このブログで取り上げるのは「ちいさいじどうしゃ」以来、かなり久々の登場です。

 

≫絵本の紹介「ちいさいじどうしゃ」

 

「スモールさん」が毎回何かの運転士として活躍する「ちいさい〇〇」シリーズとはちょっと違い(やっぱり乗り物には乗りますけど)、今作では農場主としての仕事が描かれます。

家畜の世話。

トラクターで牧草地を掘り起こす。

収穫から販売まで、スモールさんは一人でこなします。

どんな超人的体力ですか。

しかもこの涼しげな顔。

 

レンスキーさんの淡々とした説明文はいつもの通りです。

読み聞かせる大人にしてみれば退屈ですらあるこの単調さ。

しかし、これが子どもたちには非常に好まれる文体なんですね。

 

子どものあくなき好奇心や、どんなことでも知りたいという欲求。

それは大人には到底及ばないほどの強さで、ほとんど渇望と呼んでいいくらいのものです。

 

その一つ一つに、丁寧な文と絵で答えてくれるのですから、子どもにとってこんなに真摯な作品もないわけです。

我々大人は、ついつい子どもの質問を適当にあしらったりしてしまいがちです。

レンスキーさんの絵本は、子どもの問いに正面から答えることの大切さを教えてくれます。

 

見返しには空から見た農場の全体図なるものも描かれ、スモールさんがどこでどう仕事をしているかまでがわかるようになっています。

 

それにしても、スモールさんの万能ぶりには毎回感心してしまいますね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

スモールさんの多忙度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「スモールさんののうじょう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぼちぼちいこか」【191冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

最初の子は慎重派、などと聞きますが、我が家の息子も、小さな頃からちょっと臆病なところがありました。

公園の遊具、風船、花火、掃除機、ドライヤー……変なものを怖がります。

 

それだけでなく、根気がないというか、失敗を自分で許せないようなところもあります。

積み木遊びも、少しでも崩れるとやめてしまうし、絵を描いていても、線が上手く引けないと怒るし。

 

このまま行けば完璧主義者になってしまうんじゃないかと心配したり。

 

どうしても初めの子どもに対しては、親の方があれこれ心配するので(表には出さないように気を付けているつもりだったんですが)、その影響は免れないのかもしれません。

しかしその一方で、子どもには失敗を恐れず何事にも果敢にチャレンジして欲しいと願う親心もあったり、いずれにせよ期待される子どもは大変です。

 

そんな時、ふっと肩の力を抜いて、気持ちを入れ替えることのできる絵本を紹介します。

ぼちぼちいこか」です。

作:マイク・セイラ―

絵:ロバート・グロスマン

訳:今江祥智

出版社:偕成社

発行日:1980年7月

 

独特のタッチで描かれたカバくん。

このカバくんが、様々な職種に挑戦しては、ことごとく失敗するというお話。

 

失敗の理由は主に体重。

消防士になろうとして梯子が壊れ、船乗りになろうとしては船が沈み、パイロットになろうとしては飛行機が真っ二つ。

でも、カバくんは少しもめげずに、次々に新しいことに向かって行きます。

「自分には何が向いているのか」と悩む前に、とにかく行動。

失敗はどれもユーモラスですが、絵に加えて、今江さんの関西弁での訳文がこのカバくんにぴったりハマるんですね。

原文にはないシャレを盛り込んだりして、大いに遊んでいます。

一通り失敗した後で、初めてカバくんは立ち止まり、

どないしたら ええのんやろ

と呟きます。

 

でも、慌てず騒がず、

ここらで ちょっと ひとやすみ

と、ハンモックに寝そべります。

ま、ぼちぼち いこか―――と いうことや

 

★      ★      ★

 

就活で悩む学生さんにもオススメしたい一冊。

そう、人生は長い。

 

私は子どものころ、今江さんの児童文学が大好きでしたが、この絵本の訳文に関西弁を持ってくるのは流石だと感心します。

もう、関西弁じゃないカバくんが思い描けないくらい。

「ぼちぼち いこか」というセリフも、代替不能なニュアンスを持った言葉です。

 

最近になって、ようやく息子も少しずつ色んなことに手を出すようになってきました。

焦らずとも、子どもは必ず前に進もうとする生き物です。

 

子どもはもちろん、親も「ぼちぼち」行きましょうか。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

関西弁のマッチ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼちぼちいこか

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「かあさんのいす」【139冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「かあさんのいす」です。

作・絵:ベラ・B・ウィリアムズ

訳:佐野洋子

出版社:あかね書房

発行日:1984年7月

 

この作品には続編があって、「ほんとにほんとにほしいもの」「うたいましょうおどりましょう」の3部作構成になっています。

アメリカを舞台に、少女、母親、祖母の3人家族を描きます。

 

その生活感は非常にリアルで、おそらくは作者のウィリアムズさんの実体験がベースになっているのだろうと思います。

大胆な色使いの水彩画も見事で、各場面のちょっとしたカットも実にいい効果を生んでいます。

 

物語は、火事に遭った一家が協力してお金を貯め、大きな椅子を買うというもの。

母親は食堂でウェイトレスをして、一家を支えています。

主人公の少女は、ときどき学校帰りに、手伝いに行きます。

家に帰るとお金を数え、大きなびんに細かいお金を入れます。

びんがいっぱいになったら、そのお金ぜんぶもっていすを買いにいくのです。すごくふわふわで、すごくきれいで、すごく大きいのを買うのです

世界じゅうでいちばん、すてきないすを買うのです

何故なら、前の椅子は、火事で焼けてしまったから。

母親との楽しい買い物帰り、家は火事で全部焼けてしまったのでした。

それから家族3人はアパートに引っ越しましたが、家具は何もありません。

母親が仕事で疲れて帰ってきても、座って休むこともできないのです。

 

近所の人たちの暖かい支援もあり、家族は頑張って生活を立て直します。

そしてついに、あのびんがいっぱいになります。

3人は銀行でお金を札に替え、家具屋を回って、念願の大きな椅子を買います。

少女は母親といっしょに椅子に座ったまま眠ってしまいます。

 

ラストの、幸せそうな記念写真が素敵です。

 

★      ★      ★

 

前述のように、生活描写が実にリアルで、この一家の暮らしぶりや町の雰囲気などが色々と想像できます。

父親がいない理由は書かれてませんが、仕事で疲れて居眠りする母親、家事を切り盛りする祖母、学校帰りに母親の仕事を手伝う少女など、けっして裕福な暮らしではないことはわかります。

 

そんな生活の中で、大事に大事に少ないお金を貯めて、欲しいものを買うわけです。

こういうお話は、どうしても暗く悲しくなりがちですが、この絵本には力強さ、女ばかりの家族の逞しさが生き生きと明るく描かれています。

 

それは絵の力によるものも大きいですが、文章が非常に巧いと思います。

100万回生きたねこ」の、佐野洋子さんの訳もいいのでしょう。

 

おばあちゃんは、わたしがお金をかぞえているとき、フンフンとうれしそうに鼻うたをうたうのです

それは、バラのもようがついたビロードが、かぶっていなくてはいけません

かあさんは赤いチューリップがすきで、わたしは黄色いチューリップがすきなのです

 

辛い体験を、無理に明るく語っているのとも違い、少女の素朴な語り口からは、下町の生活から育まれた健やかさが感じられます。

 

舞台はおそらく作者の生まれ故郷のカリフォルニアでしょう。

一家を応援する近所の人々の温かさは、日本の下町の人情とはややニュアンスが違い、アメリカ的なからっとした陽気さがあります。

 

読み聞かせをする際は、この文の良さを損なわないように気を配る必要があります。

感傷的にならず、かといって淡々と読むのとも違います。

やや上級者向けと言えそうです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

家族の暮らしを描く絵と文の確かさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かあさんのいす

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぐりとぐらのおおそうじ」【131冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日は5月30日。

「ごみゼロ」の日ということで、お掃除の絵本を選びました。

久々にあの二匹に登場してもらいましょう。

ぐりとぐらのおおそうじ」です。

文:中川李枝子

絵:山脇百合子

出版社:福音館書店

発行日:2002年2月1日

 

このブログではこれまでに「ぐりとぐら」「ぐりとぐらのおきゃくさま」を紹介しました。

あれこれ勝手なことを書いてます。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおきゃくさま」

 

この「ぐりとぐらのおおそうじ」は、初版発行日が2002年と、シリーズの中では比較的新しい作品ですが、もともとは同作者の「おひさまはらっぱ」(1977年初版発行)という童話絵本がありまして、これはいくつかのエピソードに分かれた短編集ですが、その中の一話「ぐりとぐらの大そうじ」を加筆修正し、福音館書店50周年記念出版として刊行されたものなのです。

 

シリーズには毎回ゲストが登場しますが、今回は「ギック」という、ぐりとぐらワールドでは珍しくカタカナ名のうさぎが出てきます。

しかも、他のゲストキャラがその作品を通して初めてぐりとぐらに出会うのに対して、このギックはもともと二匹の友達という設定になっているところも珍しいです。

 

実はこの「うさぎのギック」は、前述の「おひさまはらっぱ」に収録されているエピソードのほか、「たからさがし」など、中川さんと山脇さんの他作品にも登場するキャラクターなのですね。

 

―――朝起きて、カーテンを開けるぐりとぐら。

外はいいお天気で、窓を開けると春のにおい。

 

でも、うちの中がほこりだらけなことに気づくと、二匹は「きょうの しごとは、おおそうじ」。

マスクやゴーグルを装備し、掃除道具を取り出そうとしますが、ほうきもはたきもぞうきんもボロボロで使い物になりません。

そこで、二匹は奇想天外な掃除方法を思いつきます。

ぐりは穴の開いたセーターなどのぼろきれを体に巻き付け、床の上を滑って雑巾がけ。

ぐらはシャツやタオルを束にして、足にくくり付け、手に持って、ほうきとはたきを担当。

 

そこへうさぎのギックがやってきて、窓の外から中を覗きます。

ぐりとぐらの姿を見たあわてんぼうのギックは、おばけだと思って逃げ出し、友達を呼んできます。

みんなが来る頃には大掃除は終わっていて、うちの中はすっかりきれいに片付いていました。

ちょうどおやつの時間ということで、みんなは「とくべつ おいしい ぐりと ぐらの にんじんクッキー」を食べます。

 

★      ★      ★

 

こんな大掃除なら、楽しいでしょうね。

小学校で、みんなでふざけながらやる大掃除の時間は、ちょっとしたお祭り気分だったのを思い出します。

 

……ま、実際にぐりとぐら方式で掃除をしても、まずきれいにはならないでしょうけどね。

 

子どもにどうやってお片付けをさせるか、どこの家庭でも悩みどころだと思います。

そもそも子どもには「片付ける」という感覚がありません。

我が家の息子も、散らかしっぱなしの出しっぱなし。

おもちゃ一つを取り出すのに、おもちゃ箱を全部ひっくり返すし。

 

妻などは少々潔癖症なところもあり、普段は我慢していても、時には「イーッ」となってます。

大きな箱を用意して、そこにおもちゃをぶち込めるようにし、「一緒にやろう」と遊びの延長のように誘ってみたり、あれこれ試行錯誤してはいますが、本人は半ば意地になって片付けようとしません。

 

私の結論としましては、「いいんじゃないの、別に」です。

そりゃあ、汚いよりきれいなほうが気持ちはいいし、整理整頓は大切な習慣かもしれませんが、子どもに価値観を強制しないのが我が家の方針ですので、それとなく誘導しても本人がその気にならない以上、諦めるよりないように思います。

第一、自分自身の子どものころを鑑みても、他人のことをどうこう言えるようなもんじゃなかったし。

 

ただし、自分で片付けできる年齢になったら、子ども部屋の掃除は完全に本人に任せるつもりです。

それで本人が汚さに我慢できるなら、つべこべ言う気はありません。

あくまでも自分から、掃除の大切さに気付いてほしいものです。

 

……でも、絶対妻が我慢できなくて掃除しちゃうんだろうなあ。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

参考になる掃除術度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぐりとぐらのおおそうじ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com