【絵本の紹介】「100かいだてのいえ」【121冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、画期的なアイディアと楽しさが詰まったイラストで大人気の「100かいだてのいえ」を紹介します。

作・絵:いわいとしお

出版社:偕成社

発行日:2008年6月

 

かつては絵本を作ることは、「絵と文」を考えることだという固定概念があったと思います。

でも時代とともに、絵本本来の自由度の高さというものが作り手にも読み手にも浸透していき、画材の選択から本の形状に至るまで、様々な工夫や試行錯誤がされるようになりました。

 

今では当たり前になった「横長・横開きの絵本」も、「こどものとも」編集長の松居直さんがそうした製本を始めた当初は眉をひそめる向きもあったそうです。

 

が、この「100かいだてのいえ」は、さらに実験的で、「縦長・縦開きの絵本」なのです。

当然、両手で支えて読むことは困難で、床に置いて広げることになります

 

星を見るのが好きな「トチくん」のもとへ、手紙が来ます。

100階建ての家のてっぺんに遊びに来てね、という内容。

地図に書かれた場所へ行ってみると、上の方は霞んで見えないほど高い「100かいだてのいえ」が現れます。

この本は「下から上に」読んでいきます。

1階から始まって、トチくんとともに100階まで上っていきます。

 

この家には10階ごとに違う生き物が住んでいて、各階ごとに細かく描かれた家具や小物、それぞれの生き物らしさが表れた生活感を楽しむのが最大の見どころ。

上に続く階段の形も様々で、「ん? どこから上るの?」と戸惑うこともしばしば。

ひとつひとつの部屋を指で辿っていくのは、まさに探検気分。

外の風景も少しづつ変化していき、70階を超えるころにはもう夜。

 

さて、100階でトチくんを待っていたのは……?

 

★      ★      ★

 

子どものころ、「間取り」の絵を描くのが好きな時期がありました。

独特の面白さがあるんですよね。

 

玄関から始まって、台所、寝室、浴室、遊び部屋……。

特に「遊び部屋」は、こうしたい、ああしたい、こんな仕掛けが欲しい、と、いっぱいに想像力を膨らませました。

 

異常に長い廊下を作ってみたり、忍者屋敷みたいに隠し通路を作ってみたり。

この絵本を見ていると、そんなことを思い出します。

 

作者の岩井さんは様々な分野の仕事に取り組むメディアアーティスト。

絵本はこれが初めての作品になります。

 

岩井さんがものづくりに目覚めたエピソードが佳話で、子どものころに母親から「もうおもちゃは買いません」と言われ、代わりに工作道具や材料を与えられたのがきっかけだそうです。

いいお母さんだと思います。

 

我が家でも、経費削減目的で新幹線や電車を紙工作で作り始めたのをきっかけに、今ではほとんどおもちゃを買うことはなくなり、何でも作るようになりました。

私は不器用で、そういう知識もスキルも皆無だったんですが、現代はインターネット上でちょっと検索すれば、懇切丁寧に簡単な作り方を指南してくださるサイトがいくらでもあり、本当にお世話になっています。

 

息子も、外出先で欲しいおもちゃを見かけても「買って」とは言わなくなり、「作って」と言うようになりました。

 

最近は「自転車」とかを欲しがるようになってきて、限界を感じておりますが。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

途中で目的を忘れる度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「100かいだてのいえ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「コロちゃんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第9回は、しかけ絵本「コロちゃんのクリスマス」(作・絵:エリック・ヒル、評論社)を紹介します。

これは「コロちゃんのびっくり箱」というしかけ絵本の人気シリーズです。

しかけ絵本には様々な種類があり、ヒモを引っ張ってキャラクターを動かしたり、ページを開くと絵が立体的に飛び出したり、最近ではもっと凝った作品がどんどん出ています。

 

けれど、このシリーズのしかけは「扉を開いて隠れた絵を見る」という、至ってシンプルなもの。

その一貫したけれんのなさが、人気の秘密かもしれません。

 

主人公は茶色の毛に黒いブチ模様がトレードマークの子犬・コロちゃん。

今日はクリスマスイブ。

ママと一緒に準備にかかりますが……。

 

コロちゃん、ちゃんと おしてる?

とママ。

そりを隠している木の絵をめくると……

押すどころか、乗っかって歌ってます。

その後も、コロちゃんは舞い上がって、はしゃぎ続けます。

 

そしてやっと疲れて眠ると、窓にはサンタクロースが。

 

しかけ絵本というジャンルは、ややもすると邪道と受け止められがちですが、その意義は子どもに「ページをめくる楽しみ」を伝えることにあります。

それは言葉を変えれば「自らの手でドアを開いて、向こう側の世界を見る」歓びを伝えるということです。

 

初めのうちは大人に任せていた「ページをめくる」行為を、子どもが自分でやりたいと思うとき、それは自発的な読書への第一歩だと言えるでしょう。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「まどから おくりもの」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第6回は、「まどから おくりもの」(作・絵:五味太郎、偕成社)を紹介します。

きんぎょがにげた」のような探し絵本、「みんなうんち」のような科学絵本、五味太郎さんの手掛ける作品はどれも創造性に富んだユニークなものばかりです。

 

≫絵本の紹介「きんぎょがにげた」

≫絵本の紹介「みんなうんち」

 

今回は穴あき絵本。

各画面にある窓に穴が開いていて、次の画面の一部を見ることができます。

あれは たぶん サンタクロースさん

きょうは どうやら クリスマス

あれは きっと おくりもの

という、なんだかあやふやなオープニングが、さっそく笑いを誘います。

 

ヘリコプターで登場するスタイリッシュなサンタさんですが、その仕事っぷりはかなりおっちょこちょいです。

というより、雑。

 

窓から部屋をのぞいて、

「ここは○○さんのおうち」

と即断し、おくりものをチョイスして、窓から投げ入れます。

けれども、窓から見えるのはあくまで部屋の一部。

ここが巧妙なトリックでして、ページをめくってみると予想に反した画面が広がります。

 

ねこさんだと思ったらぶたさんのパジャマの柄だったり、しまうまさんの模様だと思ったら白鳥さん兄弟の首だったり、きつねさんの耳だと思ったらわにさんの背中のとげだったり……。

とにかく次のページをめくったり、また戻ったり、楽しさいっぱいの傑作です。

 

これだけ間違いだらけでも、なんだかんだでみんな満足。

そんなあったかなラストも幸せな一冊です。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「うずらちゃんのかくれんぼ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもたちに人気の絵本には、よく「探し絵」の要素が入っていることがあります。

本筋と関係のないところで、よく見ると少しずつ絵が動いていたり、意外なサブ・ストーリーが展開されていたり。

 

そんなしかけが、何度でも楽しめる絵本の秘密のひとつかもしれません。

 

今回はそんな「探し絵」の人気絵本「うずらちゃんのかくれんぼ」(作:きもとももこ、福音館書店)を紹介します。

ひょうたんに真ん丸な目がついたような、うずらちゃんとひよこちゃんのデザインが、とにかくかわいい。

それに、結構表情豊かです。

さて、タイトルどおりの「かくれんぼ」絵本ですが、隠れ方がいわゆる「擬態」でして、体の模様や形状を利用し、絵の中に溶け込んでしまう、というもの。

 

同じ「探す絵本」で有名なのは五味太郎さんの「きんぎょがにげた」ですが、難易度はこちらの方が上です。

 

≫絵本の紹介「きんぎょがにげた」

楽しく遊んでいたうずらちゃんたちでしたが、雨が降ってきて、不安になって泣いてしまいます。

でも、ちゃんと最後はお母さんたちが迎えに来てくれる、という安心の終わり方。

 

最後のページから裏表紙までの絵も、ちゃんと物語がつながっていて、二匹が今日のことをお母さんに話しながら楽しく帰り道を歩く様子や、疲れてお母さんの背中で眠ってしまう様子などが描かれています。

 

こういう絵本は、大人は一度ネタがわかれば終わりのように思うかもしれませんが、たとえ答えがわかっていても、子どもは何度でも読んで欲しがります。

 

それに、大人だって、ぼんやり読んでいてはこの絵本のしかけを見逃してしまいます。

実は、たんぽぽの絵が……。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「きんぎょがにげた」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家では息子が生後半年くらいから絵本の読み聞かせを始めました。

赤ちゃんへの読み聞かせは、なるべく早い時期から始めた方が発達に良い影響を及ぼします。

 

しかし、0歳児への読み聞かせとなると、どんな絵本を選べばよいか難しいところ。

全く字のない絵だけの絵本もいいですが、リズムのある、歌うように読める文章のある絵本なら、言葉自体の難しさはさほど問題にはなりません。

もちろん、赤ちゃんが初めからすべての言葉を理解できるわけはありません。

しかし、赤ちゃんは、表面的には反応が薄いように見えたとしても、読み聞かせる人間の声のトーン、息づかいなどを、全身の感覚で聴き取ろうとしています。

まさに、全身の感度を全開にして世界と向き合っているのです。

その突出した受信力があるからこそ、大人とは比較にならないスピードで言語を学習することができるのです。

 

とは言うものの、初めからあまり字が多すぎる絵本をチョイスするのはNGです。

それでは赤ちゃんの集中力が続きませんし、退屈してしまいます。

まずは絵本の楽しさを覚えることが一番です。

「絵本を読む」と言うより、「絵本を使って遊ぶ」感覚で読める本がおすすめです。

 

そういった「遊べる絵本」の名作、「きんぎょがにげた」を紹介します。

きんぎょ(と言われなければまず金魚とは認識できない)が、金魚鉢から逃げ出します。

ページからすり抜けるようにして、次々に家の中の物に紛れ込んで姿を隠す「きんぎょ」を追いかけて、見つけ出す絵本です。

きんぎょが にげた

どこに にげた

また にげた

こんどは どこ

という、簡単かつリズミカルな文のみで構成されているので、赤ちゃんは絵に集中できます。

五味太郎さんの絵はとぼけた味があって、けばけばしくないけれど色彩豊かで、とても楽しいです。

 

この手の絵本で気を付ける点は、あまり正解にこだわり過ぎないこと。

「金魚はどこかな? ねえ、どこかな?」

と、無意識にプレッシャーをかけるのはやめましょう。

一つ一つの絵を指しながら、「これはきりんだね。これはロケットだね」と、赤ちゃんと一緒に楽しみながら読めれば、それでいいと思います。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com