【西宮市大谷記念美術館】「2017イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」へ行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「バベルの塔」展に続きまして、今度は毎年恒例のボローニャ国際絵本原画展を見に行きました。

西宮市大谷記念美術館で開催中。

今週末まで。

例によって例のごとく、終了日間際のレビュー。

 

ボローニャ国際絵本原画展とは、イタリア・ボローニャで毎年行われる絵本原画のコンクールで入賞した作品を展示するもの。

コンクールは絵本の原画を5点1組にすれば誰でも応募できるので、毎回世界各国から多くのイラストレーターたちが参加しています。

もちろん、日本人も。

 

私はこの展覧会に行くのはこれが初めてになります。

夏休みも終わったというのに、多くの来館者。

なかなかの人気です。

 

今回は日本人6名を含む26か国75作家が入選を果たしたということで、すべてを見て回るのには結構時間がかかりました。

以下、個人的な感想。

 

絵本から原画展に行く時は非常にワクワクしますが、原画から入ると、また違った趣があります。

全体として、確かにすごく上手い。

そして、ハイセンスな印象です。

どっちかというと大人向け。

もちろん、子どもがじっと見入るような絵もあるんですけど、単純な楽しさよりも、深いメッセージ性のある作品が多い気がしました。

 

それ自体は全然悪いことではありませんが、これだけ世界中から色んな作家さんの作品を集めているにも拘わらず、展覧会全体にどことなく統一感のようなものがあるのですね。

審査員が意識的にそうしたのかどうかはわかりませんが、私はもっとカオスな展覧会を想像していました。

だって、絵本って物凄く自由度が高く、それゆえに作家の個性が発揮されやすいメディアだからです。

 

その割に、今回の入賞作品はどこか似た雰囲気のものが多い。

あと、コラージュ手法がやたら多い気がしました。

コラージュ好きですけどね。

 

見たこともないような大胆な表現技法とか、思わず力が抜けてしまうようなゆるーいイラストとか、「これが絵本?」と思ってしまうような実験的な作品とか、そういうのを期待してたんですけども。

 

もちろん、そういう作品も多く寄せられていたのかもしれませんが。

繰り返しますが、作品そのものはすごくハイレベルだと思いますし、面白いものもたくさんありました。

 

入選作家の他作品を含む絵本展示ブースもあり、私はそこにいた時間が一番長かったです。

原画もいいけど、やっぱり「絵本」の形で手に取ってみたい気持ちが強いらしいです。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本のひきだし】林明子原画展へ行ってきました。【ひろしま美術館】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

はじめてのおつかい」から40年。

子どものほっぺを描かせたら日本一。

絵本作家・林明子さんの原画展「絵本のひきだし」へ行ってきました。

公式HP:『絵本のひきだし 林明子原画展

 

全国巡回中で、今月の27日まで広島で開催されてました。

その、最終日に行ってきたのです。

 

最終日のレビューとか誰の役に立つんだよと文句が出そうですが、今後も鳥取、兵庫、宮城と巡回予定ですので、参考までに。

 

というか、大阪に住んでるんだから兵庫の伊丹市立美術館開催(11月)まで待てばいいものを、わざわざ広島まで足を運ぶという、早いのか遅いのかよくわからないレポート。

 

いいんです、林さんの絵本が好きだから。

でも、このひろしま美術館は建物自体も美しく、緑も多くて気持ちいいところです。

展示場まで林さん絵本の登場人物たちが案内してくれます。

あっちが原画展。こっちはフランス近代美術コレクション展示

 

チケット一枚で、ピカソやゴッホ、ドガやシャガールなどのコレクションも鑑賞できるのはお得(だから終わってからそういうこと言っても)。

 

中も広々としていて、ゆっくり見て回ったせいか、原画展だけでも1時間近くかかりました。

 

林さんについては、これまでもこのブログで何冊か作品を取り上げています。

とにかく緻密で写実的でありながら、温もりと柔らかさのある突出した画力が特徴。

特に女の子の絵の可愛さは尋常ではありません

 

林さんの絵本にはすべてモデルが存在するのは有名ですが、今回の展示会では、実際に絵を描く時に参考にしたスナップ写真集も見ることができました。

 

改めて凄いと思ったのは、ほんとに写真そのままに描いてるところ。

あの「あさえとちいさいいもうと」の、あさえがあやこに靴を履かせているカットとか。

 

また、モデルは人物だけに留まらず、私が一番好きな「こんとあき」の「こん」も、林さんは自ら作ったぬいぐるみを見て絵を描いていたそうです。

その実物も展示されてました。

手先も器用なんですね。

こんのぬいぐるみは、絵本版よりもモコモコした素材で作られてました。

 

「こんとあき」に関しては、絵コンテ風のラフスケッチも展示されてました。

完成時にはカットされているエピソードを垣間見ることができ、感動。

砂丘で、あきの膝の上に寝かされるこんのカットとか、電車で切符を無くしてしまうこんの話とか。

 

児童書の挿絵の仕事としては何と言っても角野栄子氏の「魔女の宅急便」が有名ですが、原画展では現在は絶版の「北海道の牧場で」(岡部彰・著)という本のイラストも展示されており、これが驚嘆すべき完成度。

 

ペン一本で描かれたモノクロ画なのですが、その精密さといったら。

牛の毛並み、筋肉の隆起、牛舎の藁の一本一本に至るまで、まあよくここまで細かく描けたなという感じ。

絵本とはまた違った、林さんの技量の高さを見ることができました。

これが絶版とはもったいない。

 

グッズ売り場の目玉は、「はじめてのおつかい」に出てきた牛乳パック型の容器に入ったミルクラスク(750円)。

つい買っちゃったけど、これ、普通に飾っててもなんだかわからんな。

 

会場入り口ではこの「みいちゃんの牛乳パック」(グッズとは別の仕様)を持って記念写真を撮れます。

……が、男一人で行った私は、牛乳パックを持って後ろの方に「撮ってください」という勇気がありませんでした。

 

ともかく、広島まで行った価値はある原画展でした(もう終わってます。しつこいけど)。

伊丹に巡回してきた際には、また行ってみたいです。

 

このひろしま美術館では、今後は佐々木マキさんの原画展が行われるそうです。

それも行きたい……。

また、美術館から歩いていける距離には、原爆ドームや平和記念資料館もあります。

いつでも子どもが絵本を読むことのできる、平和な世界でありますように。

 

 

 

ちなみに家に帰った私が色々見せた写真の中で、一番息子のハートを掴んだのは、「路面電車」の一枚だったそうな。

 

関連記事

≫絵本の紹介「はじめてのおつかい」

≫絵本の紹介「おつきさまこんばんは」

≫絵本の紹介「こんとあき」

≫絵本の紹介「あさえとちいさいいもうと」

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

「エリック・カール展」に行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

美術館「えき」KYOTOで開催中のエリック・カール展へ行ってきました。

公式HP→「エリック・カール展

チケットは一般が当日800円、前売り600円。

安いと思います。

 

開催初日ということもあり、なかなかの混雑でしたが、美術館内は広々としており、展示物はひとつひとつ近くでじっくり見ることができました。

 

●エリック・カールさんについて

カールさんは御年88歳。

写真などで見る限り、まだまだお元気そうです。

 

彩色した紙を切り取り、貼り合わせることで絵にするコラージュ手法が特徴的。

鮮やかで明るい色彩感覚が多くのファンを生んでいますが、カールさん自身の少年時代は、ヒトラー率いるナチスの政権下にある抑圧的なドイツで過ごされています。

 

ヒトラーは(他の独裁者同様)芸術を恐れ、弾圧していましたが、カールさんの高校時代の美術教師はカールさんの才能を見抜き、こっそり彼を自宅に呼んで、ピカソやマティス、クレーなどの作品の複製を見せてくれたそうです。

その出会いは衝撃的であり、後のカールさんの作品に大きな影響を与えたと本人が語っています。

 

美術館内の展示物は、「くまさんくまさんなにみてるの?」などに始まる過去の作品の原画と、絵本の習作(ラフスケッチのようなもの)、それに立体作品や舞台美術、ダンボールなどを使った前衛的な美術作品「天使」シリーズなど。

絵本だけに留まらないアーティストとしてのカールさんの仕事を知ることができます。

 

●巨匠レオ・レオニさんや日本との関わり

個人的に嬉しかったのは、少数ながらもレオ・レオニさんの作品展示もあったこと。

レオニさんは駆け出し時代のカールさんに仕事を紹介するなど、カールさんとは浅からぬ縁のある先輩です。

カールさんの絵本におけるコラージュは、レオニさんの影響によるところが大きいと思われます。

また、カールさんは日本とも繋がりが深く、あの有名な「はらぺこあおむし」を出版するにあたっては、印刷・製本は日本で行われていたのですね。

 

当時のアメリカでは、穴の開いた絵本の印刷はコストの面で敬遠されたという事情があったのです。

あの世界的ロングセラー絵本の誕生に、日本も大きく関わっていたと思うと、さらに親近感が湧きますね。

 

●オリジナルグッズと今後の巡回予定

グッズ販売コーナーでは、公式図録の他、缶バッジ、トートバッグ、ポップアップカードなどが陳列、どれも可愛いものばかり。

「ARIGATO」「DAISUKI」などの文字が入っているものも多かったです。

 

ちなみに、美術館がある伊勢丹7階のフロアにも、エリック・カール関連グッズ売り場が設けられています。

内容は別です。

 

今後の展覧会の巡回は、岩手県盛岡市、福島県いわき市の予定です。

↑また買っちゃった。

目を閉じて眠っているverもありました。

 

エリック・カールさんの作品紹介記事↓

≫絵本の紹介「はらぺこあおむし」

≫絵本の紹介「くもさんおへんじどうしたの?」

 

レオ・レオニさんの作品紹介記事↓

≫絵本の紹介「スイミー」

≫絵本の紹介「シオドアとものいうきのこ」

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

「ピーターラビット展」に行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

先週末の話なんですが、グランフロント大阪で開催中の「ピーターラビット展」に行ってきました。

 

作者のビアトリクス・ポターさんの生誕150周年を記念してのもので、私家版「ピーターラビットのおはなし」の原画や、スケッチ、草稿、暗号で書かれた作者の日記など、すべてが日本初公開だそうです。

↑前売り券限定グッズのプチプレート。

可愛いけど、ほんとに「プチ」。醤油皿くらい。

まあ、使いませんけど。

 

これがセットになると1100円の前売り券が1900円……。

いや、野暮なことは言わないでおきましょう。

 

展覧会自体はとてもよかったですよ。

確かに貴重な資料が揃ってました。

 

 

世界中で愛され続けている「ピーターラビット」。

この展覧会は、その生みの親であるポターさんの人物や生涯を紹介するものでもあります。

 

ポターさんは、1866年、ロンドンの裕福で厳格な家に生まれました。

遊び相手もなく、勉強は家庭教師を通じ、学校にも通わず……監獄の中のように孤独な暮らしの中で、ポターさんは動物や自然のスケッチに楽しみを見出していました。

 

その精緻さへの探求心は凄まじく、時には死んだ動物を解剖し、骨格まで詳細に観察したそうです。

のちの「ピーターラビットのおはなし」に見られる、圧倒的なリアリティの源泉―――鋭い観察眼や精密な記憶力は、少女時代から絵を描くことで培われたのかもしれません。

 

あるとき、元家庭教師の息子のノエルへ、ポターさんは絵手紙を送ります。

ノエル君、あなたに何を書いたらいいのかわからないので、4匹の小さいうさぎの話をしましょう―――

これがすべての始まりでした。

 

この時の絵手紙をもとに誕生した「ピーターラビット」の絵本は、やがて自費出版され、たちまち大人気となります。

しかし、絵本作家となったあとも、ポターさんの窮屈な生活は変わりませんでした。

 

30代も後半になって、ようやくポターさんは両親の呪縛を振り払い、想う人との結婚を決めます。

ところが婚約からわずか1か月で、婚約相手のノーマンさんはリンパ性白血病で亡くなってしまいます。

 

悲しみの中で、ポターさんは湖水地方にあるヒル・トップ農場を購入します。

農場経営者としての仕事に打ち込むことで、愛する人を失った悲しみを忘れようとしたのかもしれません。

この湖水地方の風景や建物は、「ピーターラビットのおはなし」にもたびたび登場することになります。

 

世界的絵本作家として知られるポターさんですが、すぐれた農場経営者としても高く評価されています。

キノコの研究にのめり込んだ時期もあり、時代が違えば、女性学者として大成していたかもしれません。

 

 

実をいうと、私は「ピーターラビットのおはなし」を、子どもが生まれるまで読んだことがなかったのです。

息子が生まれてから、絵本を次々と購入する中でも、この世界的名作はそのサイズの小ささや、話の長さなどから、

ちょっと、読み聞かせには向いてないかな

と、手を出すのをためらっていたのです。

 

ようやくその中の1冊、「パイがふたつあったおはなし」を読み聞かせたのは3歳になってからです。

その時は、最後まで読めなくても無理はないな、と思って読み始めました(かなり長い話です)。

 

ところが、息子はその場から動こうともせずにこの長編絵本を夢中になって聞き、その後も何度もリクエストしてきました。

そして、他の「ピーターラビットのおはなし」も次々と読み始めたのです。

 

本物の名作とはすごいものだ、と感心せずにはいられませんでした。

 

同時に、大人になって初めて触れた「ピーターラビット」の世界に、私自身も深く魅了されていました。

 

その割に、このブログでいまだに紹介していませんが、それは私がまだこの物語を十分に読み込めていないから、ということもあります。

いずれ、満を持して紹介文を書きたいと思っております。

 

そうですね、100冊紹介記念くらいに。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

1