体罰について

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は子どもに対する親の「体罰」というものについて少し考えてみます。

これは複雑で根深い問題ですから、簡単な話にまとめるべきではないのかもしれませんが。

 

肯定派・否定派さまざまな意見が飛び交ってますが、究極的な論点は、

「体罰」は「子どもの成長」にプラスなのか、マイナスなのか。

これだけです。

 

肯定派は「プラスである」(もしくは「プラスになる場合もある」)と言い、否定派は「マイナスである」(もしくは「トータルでマイナス影響が大きい」)と言います。

 

「子どもの成長なんか知ったことではない。スカッとするから殴るんだ」という意見は(堂々と口にする人もいないでしょうが)、この際無視します。

さすがに(表立っては)支持する人もいないでしょうから。

 

さて、次に「体罰」のパターンをおおまかに

 

1・怒りが爆発して

2・「してはいけないこと」を覚えさせるため

3・心身を鍛えるため

 

の3点に分けて、上記の観点から見てみましょう。

 

まずは

1・怒りが爆発して

の体罰について。

 

誤解のないように先に言っておきますが、私は息子に手を上げたことは一度もありません。

これからもないでしょう。

 

とはいえ、今は少々収まっていますが、反抗期全盛の頃には「こいつ・・・」と、イラッとさせられたこともあります。

しかし幸いにして、私は(自分で言うのもなんですが)非常に穏やかな人間ですので、怒りで我を忘れるようなことはありませんでした。

 

けれど、言うこと聞かずの子どもを相手に、思わずカッとなって手を上げてしまう親の気持ちは理解できます。

この場合は、ほとんどの親が後で反省すると思います(してください)。

 

このケースは単に親の感情コントロールの問題であって、子どもの成長には何のプラスにもなりません。

心理的な傷は暴力のひどさに比例すると思いますが、意外と反面教師的に学ぶ子どもも多いような気がします。

いい友人に恵まれれば、その後の人生に立ち直れないほどの傷を与えることも少ないでしょう。

大人になってから、ケロリとした様子で過去の家庭内暴力の話を持ち出す人は、たいていこのケースです。

 

次に

2・「してはいけないこと」を覚えさせるため

の体罰。

 

これも多いと思います。

特に幼い子どもは理屈が通じないため、体で覚えさせるしかないという説には一面の理があるために、説得力を感じてしまいがちです。

 

しかし、これはこのブログで何度も書いていることですが、「叩かれるから悪いことをしない」というレベルの倫理観は、「人間的成長」という観点から見ればむしろマイナスです。

それは裏を返せば「見つからなければ悪いことをしてもいい」ということです。

 

私の考えは、「理屈が通じるまでは、叱らなければならない状況を極力作らない」というものです。

 

家の中では何をしたっていいんです。

物を壊そうが、泣きわめこうが、イヤイヤを連発しようが、子どもにとってはすべて成長の糧です。

必要だからしているんです。

 

壊されて困るものは隠しておき、危険なことをしているときは傍で見守り、本当に危ない目に遭いそうなときだけ黙って助けてやり、泣いて言うことを聞かないときは、気分が変わるまで待つ。

もちろん簡単ではないですけど。

 

しかし、外ではそうはいきませんね。

だったら、なるべく公共の場へ連れて行かないほうがいいです。

3〜4歳までの外遊びは公園で十分じゃないですか?

デパートや遊園地なんか、百害あって一利なしだと思うのですが。

 

「子どもには好きなことをさせてあげるべき」と言うと、

「そんな風に育てて、小学校に入るころには手が付けられないわがままになるんじゃ・・・」という心配が必ず出てきます。

でも、誰か一人でも、「そんな風に育てて、手が付けられないわがまま」になった子どもを見たことがあるんでしょうか。

むしろ、素直な欲求を満たされなかった結果のわがままのほうが多いのではないでしょうか。

 

重要なのは「子どもに振り回されない」ことです。

親が自ら積極的に「甘えさせる」ことができれば、それは「甘やかし」にはなりません。

おんなじようでも、全然違います。

第一、親の精神状態が違います。

「やらされてる感」がなくなりますし、「つけ込まれるような甘さ」にもなりません。

そういう親を見て育った子どもは、人の愛情を利用しようとは思わなくなるでしょう。

 

最後に

3・心身を鍛えるため

には、多少の体罰も効果的だという考えについて。

 

体罰を容認する大人のほとんどが、「子どもは少しくらい痛い目に遭わなければ、強くなれない」と考えているのではないでしょうか。

確かに、今の子どもたちが「打たれ弱い」とか「覇気がない」という声はよく耳にします。

 

「親や教師が甘やかして、殴られた経験もないせいで、精神的に弱い子どもになるのだ」という論には、抗いにくい力があります。

というのは、ほとんどの親は我が子の「弱さ」を不安に思っているからです。

 

我が子が弱いと、学校でいじめられるかもしれない。

何かの壁にぶつかって、すぐに挫折してしまうかもしれない。

結果的に、社会的にも弱者として生きなければならないかもしれない。

 

これはある種、普遍的な親の心配でしょう。

しかし、これはそういう親心につけ込むような脅迫だと思います。

 

確かに、ビシバシ叩いて、「シャキッとしなさい」とハッパをかけて、厳しく突き放して育てた結果、タフな人間に成長することはあるかもしれません。

あるいはそういう子どもは、「殴られもしたけど、あの愛のムチのおかげで、今の自分があるのだ」と、体罰に感謝さえするかもしれません。

 

しかし、だからと言ってそれが単純に「体罰のおかげ」とは言えません。

その子自身の性質や、親の性質、親子の関係性、家庭や学校環境、タイミングなどの条件がそろわなければならないのは当然です。

ただ叩けばいいってものじゃない。

 

「体罰成功例」の陰にははるかに多くの「損なわれた子どもたち」がいることを忘れてはなりません。

 

上記のような条件をすべてクリアして、「ここしかない」機会を逃さず、効果的に体罰を与えられるような大人は、一体どれくらいいるのでしょう。

少なくとも、私にはそんな超絶的な芸当はできません。

 

第一、そんな卓越した人間力があるのなら、わざわざ手を上げなくとも、日常の振る舞いの中で十分に子どもの教育は可能なのではないでしょうか。

 

そしてもう一つ付け加えておきたいのは、前述した「体罰に感謝する」人間が、本当に心の底からそう思っているとは限らないということです。

人間とは、「愛しているから殴るのだ」という思い込みができる生き物です。

この思い込みがいかに危険なものかは、DVなどの例を挙げればすぐにわかるでしょう。

 

さらに言うなら、「我が子を強く育てるために」体罰を加える親たちが思い描く「強さ」とは、現代社会的な価値観の中でのみ通用するような種類の「強さ」である可能性があります。

他人を蹴落とす強さ、上手く立ち回って利益を手にする強さ、少しでも上へ登る強さ。

それらは、真の人間的強さとは全く無関係なものであるかもしれないことを、頭の片隅に入れておいて欲しいのです。

 

結局のところ、拳を振り上げた時、大人が自らを省みることさえできれば、ほとんどの体罰は無くなります。

子どもを教育するのではなく、自分自身を教育するほうが上手くいく。

これが真実ではないでしょうか。

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

絵本の海を泳ぐように。【4歳までの読み聞かせ育児レポート】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

お店を初めて一年が経ち、我が家の息子も無事4歳まで育ちました。

いつでも、何冊でも、何度でも」の絵本読み聞かせを中心とした育児を続けて4年ということになります。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

 

ただ「脳にいいらしいから」と、漠然と読み聞かせをしても、もちろんいいのですが、私たちは一応「こう育つはずだ」という仮説を立てて無制限式読み聞かせ育児を実践してきました。

その根拠としては様々な早教育に関する本だったり、韓国で実際に集中的な読み聞かせ育児を行った人の話だったりします。

 

≫読み聞かせはいつから?

≫読み聞かせという英才教育

 

これまでも我が家の育児に関しては不定期的に記事にしてきましたが、この機会に「まとめ」をしてみようと思います。

 

・私たちが目指すもの

 

私たちが息子に求めるものは「自らを幸福にすることのできる能力」を持った人間に成長することです。

もう少し具体的に言うと、

 

・健全な精神を持ち、自己の人生を肯定的に、主体的に生きることができる

・広い視野と柔軟な思考力を持ち、困難に遭っても前向きな態度でやるべきことができる

・調和された円満な人格を持ち、他者に寛容になれる

・真実を感じ取れる感性を持ち、差別や偏見に流されない


私はこれらの人格的特徴を「内面的自由」と呼んでいます。

 

≫「自由なこども」を育てるということ

 

読み聞かせ育児をすると、目に見える部分での様々な能力が開発されますが、それらは上記の精神から湧出し、そしてまたその精神に流れ込むような形で、円を描くように発達していくものです。

 

そうでなければ、せっかくの知識や能力が「いい大学に受かるため」とか「いい会社に就職するため」という、人生において部分的にしか意味のないものになってしまいます。

それは「幸福になる能力」とは関係のないものです。

 

これは単なる精神論ではありません。

身体の健康ひとつとっても、精神的に健全な人とそうでない人では、大変な差が生まれます。

跳び箱だって、「跳べる」と信じ切って跳ぶ子と、常に失敗を思い描く子では、結果が違います。

 

・無制限読み聞かせ育児

 

私たちの読み聞かせ育児のルールを簡単にまとめると、

 

・なるべくたくさんの、偏らないジャンルの絵本を

・どんな時でも、何冊でも、何回繰り返しても、子どもが満足するまで読んであげる

・子どもが望まない時は、けっして読まない

 

ということになります。

ただ、4歳にもなれば、息子が好きな絵本・興味を持っている図鑑などははっきりしてきますので、それらを重点的に買いそろえたりはしています。

もちろん、それは成長とともに変化していくことなので、常に注意深く子どもを観察しなくてはなりません。

 

また、読み聞かせ以外に、子どもへの接し方としては、

 

・可能な限りやりたいことをやらせてあげる

・否定的な言葉を聞かせない

・嘘をつかない

・子どもへの約束は必ず守る。守れなかった時は理由を説明して謝る(相手が0歳児であっても)

・質問には真摯に丁寧に答える

・わからないことは「わからない」と言って、あとで(できれば一緒に)調べる

・こちらから知識を詰め込もうとしない

 

……まだまだありますが、きりがないのでこの辺にしておきます。

ただ、私たちもこれらのことを完璧にできるわけではありません。

正直に言えば、ほとんどできてない気もします。

それは仕方のないことですが、あくまでも上で述べたことを意識に置いていることが重要です。

 

あと、言うまでもないですが、体罰は論外です。

 

・読み聞かせ育児による子どもの能力発達

 

さて、最初に述べたような人格的・精神的特性は、長い人格形成期を経て、少しずつ完成していくものですから、3歳や4歳であまりどうこう言えることではありません。

しかし、わりとすぐに顕在化する能力もあります。

 

言語力や集中力などがそうです。
 

息子は1歳半くらいで文章を読めるようになりました。

系統立てて文字を教えたわけではなく、毎日絵本に埋もれるようにして暮らすうち、自然と読めるようになったのです。

 

少しずつ自分で読書をするようになり、今では字の多い物語絵本や科学図鑑などを一人で楽しんでいることがよくあります。

読んであげようか」と言っても断られることすらあります。

どうも、「一人で読みたい」気分の本もあるようです。

身に付けた知識は豊富で、他分野にわたっています。

 

自動車・電車・新幹線などの種類や仕組みに始まり、カメラの仕組み、磁石の働き、雲や雨や雪や虹といった天候現象、水の特性(蒸発や凝結など)、海の生き物、虫、植物、国旗……。

最近は特に宇宙についての本が大好きで、ミザールとアルコルがどうとか、ヘールポップ彗星がどうとか、そんな話をよくしています。

もちろん、完全に理解しているわけではなく、単語を先に覚えているだけのこともありますが、断片的であれ、知識はなかなか正確です。

簡単な足し算と引き算はできます。

これも教えてはいません。

 

絵を描くのが大好きです。

特にここ半年ほどは凄まじい勢いで描きまくってます。

一週間に300〜400枚くらいのペースで紙を消費(両面に描いてます)します。

 

やっぱり絵本の影響でしょうか。

↓遠近法を用いた機関車「D51」の絵。3歳の時の作品。

上手いかどうかは比べる相手もいないのでわかりませんが、一つのことに対する集中力は読書習慣によって培われたものかもしれません。

 

字もいつの間にか書くようになっていました。

これも練習はさせていません。

・今後どうなっていくか

 

こういう集中力がさらに発達すると、好きなことをとことんまでやり抜くようになります。

上でも少し触れましたが、韓国で同じように読み聞かせ育児をした結果、興味のあることなら何でも独学で身に付けてしまい、しかもその分野のプロ顔負けのレベルまで達するような英才児になった例もあります。

息子もそんな感じになっていけばと思っています。

 

繰り返しますが、これらの能力は受験や出世とは別次元のところにあります。

幸福になる能力を持った子どもたちは、自分たちが何が好きで、何がしたいかを知っています。

何かを学ぶことの楽しさを知り、学び方を知っています。

人生が素晴らしいものであることを感じています。

 

それさえあれば、私は息子の将来について、世界平和以外に特に心配することはありません。

 

色々書いてきましたが、最近の息子の成長で一番ありがたいのは、やっとおむつが外れたことだったりします。

これも、どうにか強制せずに自然な形で達成できました。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

ブリューゲル「バベルの塔」展へ行ってきました。【国立国際美術館】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

大阪は国立国際美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を観てきました。

7月から開催されてますけど、相変わらず全然急がない系の行ってきました記事。

公式HP≫【公式】ブリューゲル「バベルの塔」展

 

国立国際美術館は中之島の、大阪市立科学館のすぐ隣にあります。

科学館のほうは息子のお気に入りスポットで、10回くらいは遊びに行ってますが、美術館に入るのは初めて。

 

相当宣伝されているのでご存知の方も多いでしょうけど、一応簡単に説明しますと、今回の展覧会はピーテル・ブリューゲルという16世紀ネーデルラント絵画を代表する画家の、「バベルの塔」という作品が最大の目玉となっています。

またブリューゲル以前にネーデルラントで有名だったヒエロニムス・ボスという画家の作品と、ボスを模倣した作者不詳の作品が展示されています。

 

ボスの絵はやたら怪物がいっぱいでてきて、緻密だけどちょっと気持ち悪い。

ブリューゲルはそんなボスの影響を大きく受けつつ、農民など大衆の生活を描いた作品が多いです。

 

さて、絵本屋を構えている身ではありますが、正直言って私は美術的審美眼というものをほとんど持ち合わせておりません。

絵本が本当に好きになったのも息子が生まれてからですし。

このブログで「絵本とは」などと大きな顔をして記事を書いたりしてますけど、「絵」そのものについての知識は素人に等しく、専門的なことはあんまりわかってません。すいません。

 

ですから、絵本を語る時に「物語」や「構成」に比重が大きくなりがちで、肝心の「絵」については、実は自信がない。

 

でもやっぱり「絵本」なんだから、「絵」が大事なんです。

そういうわけで、勉強のつもりも兼ねて行ってきたわけです。

ブリューゲルが好きだったわけではありません。

 

ですので、ここで美術史や技術的な話を知ったかぶりで書くのはやめて、「絵本屋」目線で感想を記したいと思います。

 

「バベルの塔」に限らず、ブリューゲルの作品はそのどれもが、「これは絵本の絵になるなあ」と思えました。

 

絵本の絵とは「物語る絵」です。

すべての絵画は何かしら「物語っている」と言えるかもしれませんが、ブリューゲル作品には特にその傾向を強く感じます。

 

とにかく人物が多い。

そして、非常に暗喩的です。

ことわざを視覚化した絵をシリーズ的に描いていますが、一枚の作品の中に蠢くイメージの膨大さは、ひとつひとつ追っていくだけで物凄い時間がかかります。

 

さらに、現実的観察眼の上に構築された想像力の豊かさに圧倒されます。

「七つの大罪」シリーズでは、ボスゆずりのユニークな怪物が大勢登場し、人間の犯しやすい罪について強烈なイメージを投げかけています。

 

それらはテキストなしでも十分に、そして雄弁に、「物語って」います。

目玉作品の「バベルの塔」に関しても、そこには無数の人々が緻密に描かれ、それぞれの動きや意思が存在しています。

 

そこに描かれた絵は静止していますが、その「過去」や「未来」を見るものに想像させる力に満ちています。

そうした意味で、ブリューゲルの絵は非常に「絵本的」だと感じました。

 

的確な言い方ではないかもしれませんが、ブリューゲルのような絵は、私のような素人にとってはある意味で「やさしい」のです。

手法や技術や歴史的背景について無知な者でも、彼の絵に描かれた「物語」は容易に感じることができます。

 

芸術的な「眼」というものは、浴びるほどの芸術鑑賞の蓄積によって涵養されるのだと思います。

そういう豊かな「眼」を持つ人なら、何気ない風景画からでも、そこに深い物語を読むことができるのでしょう。

 

けれど、それは鈍った感性にとってはただの景色と変わりないかもしれません。

「絵本的な絵」は、そういう未熟な感性に対しても、能動的に語り掛け、想像力を喚起してくれます。

その積み重ねが、「肥えた」眼を育てるのではないでしょうか。

 

やっぱり絵本は芸術作品なのです。

子どもが幼い頃から芸術に触れさせようと思っても、美術館に何度も足を運ぶのはなかなか大変ですが、絵本をたくさん読み聞かせることは、やろうと思えば誰でもやれることです。

どうぞ、子どもには読み聞かせを。

 

結局絵本の話になってしまいました。

 

最後に、国立国際美術館さんに一言いいたいのですが。

「バベルの塔」実物の前はすごい行列で、それは仕方ないとしても、係員さんたちがひっきりなしに「歩いてください」と急かすのはあんまり気分のいいものじゃないです。

 

だって、それを観るためにチケット買って入館してるんだから、じっくり見せて欲しい。

それができないなら、いっそ入場規制してほしい。

 

チラ見するだけなら、結局ミーハー的な意味で「本物見た」という満足感以外に得るものはないと思います。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

京都水族館に行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

昨日は息子を連れて京都水族館に行ってきました。

とんでもない暑さ&人混み。

まだまだ夏休みは終わってませんからね。

この水族館は京都梅小路公園内にあり、すぐ近くには鉄道博物館もあります。

そっちは春に行きました。

 

≫京都鉄道博物館に行ってきました

 

実は、昨日の朝の時点では、もう一度鉄道博物館へ遊びに行く予定だったのですが、いざ出発の段になってから息子が「行かない!」とゴネだしまして。

 

反抗期息子の「行かない!」は毎度のことなんですが、理由を聞いてみると「SLスチーム号」に乗りたくない、というもの(前回、これにビビって泣いた経緯があります)。

別に乗らなくていい、と言っても聞かないので、「じゃあ水族館のほうにするか」と何気なく言うと、「まあ、水族館なら、行ってもいいけど〜」と、人をイラッとさせる口調で返事。

 

まあ、京都水族館は以前から一度は行ってみたかったので、いい機会かと思って出発。

 

息子を連れての水族館は「海遊館」に続いて二度目。

その時はまだ早すぎたのか、全然興味を示さなかった息子ですが、今回はなかなか積極的に楽しんで見て回りました。

人は多いのですが、中が広くて、見やすい印象。

水槽の高さが子ども目線なものが多いところも良い。

……と思ったけど、もしかして息子がデカくなっただけか。

ここでの人気者はオオサンショウウオ、オットセイ、アザラシ、ペンギン、イルカあたりのようです。

ケープペンギンは暖かいところで暮らす種類。

 

オットセイやアザラシは円柱状の水槽もあり、とても間近で見ることができます。

 

クラゲや熱帯魚などは、息子も図鑑で色々見ているので、実物を目の当たりにできて良かったです。

しかし、実際に動いているのを見ると、少々気味悪そうにしてましたが。

 

夏休みということで様々なイベントスペースも設置され、非常に活気がありました。

水鉄砲シューテイングゲームみたいなこともやってて、時折びしょ濡れになった哀れなお父さん方も見かけました。

 

最後にイルカショーを見ましたが、このあたりで息子の集中力も切れた模様。

メインイベントのつもりだったのに、あんまり喜ばない様子でした。

疲れたんでしょうな。

 

ショーが終わるとすぐに帰路につきました。

 

滞在時間は3時間半くらい。

チケットの待ちが約30分、イルカショーが待ち含めて1時間くらい。

 

チケット大人2050円、幼児600円ははっきり言って高いです。

近くに住んでるなら、年間パスポート買うんですがね。

 

ま、息子が自分から行きたがらない限り、当分は来ないでしょう。

全部しっかり見て回れたし。

 

……と思ってたら、帰りにふと気づきました。

 

オオサンショウウオ見てねえ。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

お盆の育児記録

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

お盆休みをいただき、一週間ぶりの更新になります。

昨日よりショップは通常営業しております。

 

息子も来月で4歳になるし、連休に家族で旅行することもできるかな……と思っていたんですが、やっぱりまだ時期尚早だと判断しました。

まずおむつが取れてないし、ちゃんと夜に寝ないし(ずっとおんなじこと言ってる気がする)。

 

息子は私がずっと家にいるだけでご機嫌なんですが、せっかくの休みにどこにも行かないのは私自身がしんどい。

そこで、日帰りできる範囲で色々お出かけしてきました。

 

まず、梅田の阪急百貨店9Fで開催していた鉄道模型フェスティバル。

この催事場は先日まで「えほんパーク」をやってて、「100かいだてのいえ」シリーズの最新作発売記念イベントも行われていました。

 

≫絵本の紹介「100かいだてのいえ」

 

それにしてもすごい人の数でした(鉄道模型フェスティバルの話)。

運転シミュレーターとか、整理券もらうのに20分並んで、さらに待ち。

やめとこうかと思ったんですが、この時だけは妙に粘り強く待つ息子。

 

何よりも、会場に展示されているトーマスの模型や新幹線型ロボアニメの玩具などを食い入るように見る息子に恐怖。

 

それから、以前から考えていた息子のプールデビューですが、鶴見緑地のプールへ行きました。

10年ぶりくらいに水着買いました。

 

ここは結構広くて、ウォータースライダーとか流れるプールとかもあって、夜遅くまで開いてるのがいいところ。

怖がりの息子ですが、意外にも水に対する警戒心は薄かったようで、何の迷いもなく入って行ったので一安心。

「帰る!」とか言われたら、家族全員の水着代及びプール入場代がパアですからね。

 

テンションMAXで遊んでいた息子ですが、滑り台で飛び込んだ時に水の中でゴボゴボしたことがトラウマになってしまったようで、帰ってから急に思い出し泣きしてました。

二回目はあるんでしょうか……。

 

もう一つ息子にとって小さなデビューは、近所のカラオケ。

休みの最終日に、1時間だけ行ってみました。

こちらも大いに楽しんだようですが、1時間の間、歌うのはひたすら「大きな栗の木の下で」だけ。

だんだん小さくなってしまう拍手。

 

そんな感じで、取り立てて書くほどのこともないのですが、それなりに充実した連休でした。

家にいる間は、案の定、鉄道模型フェスティバルで見たトーマスと新幹線ロボを、紙工作で作らされました。

何だか小学校の夏休みの工作を思い出しました……。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com