【絵本の紹介】「げんきなマドレーヌ」【188冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「げんきなマドレーヌ」です。

作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス

訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

発行日:1972年11月20日

 

パリの、つたの からんだ ある ふるい やしきに

で始まる、世界中で大人気「マドレーヌ」シリーズの第一作。

 

内容に入る前に、まずは作者のベーメルマンスさんについて。

ベーメルマンスさんは1898年オーストリアで生まれます。

6歳の時、父親が愛人と駆け落ちします。

 

この出来事は幼いベーメルマンスさんに少なからぬショックと影響を与えたようですが、かといって彼は父親を恨んでいたわけではなさそうです(後年、再会した父親に支援までしています)。

しかし、母親の故郷ドイツで、ベーメルマンスさんは反抗的で手に負えない子どもとして、周囲を心配させました。

ついには、おじから2つの道を選ぶように宣告されます。

更生施設に入るか、アメリカへ行くか。

 

ベーメルマンスさんは後者を選びました。

 

アメリカへ渡ったベーメルマンスさんは、リッツカールトンホテルで働き始めます。

彼はそこで目にするものをスケッチし、風刺の目を磨きました。

 

やがてアパートの日よけに描いた故郷の風景がメイ・マッシ―という編集者の目に留まり、子どもの本を描くことを薦められます。

そして彼が作った2作目の子どもの本が、この「げんきなマドレーヌ」となり、たちまち大人気となるのです。

パリの寄宿舎に暮らす、12人の女の子の物語。

2れつになって、パンを たべ

2れつになって、はを みがき

2れつになって、やすみました

なにごとにも おどろかない」先生のミス・クラベルに連れられて、「ふっても、てっても」9時半に散歩に出かけます。

 

マドレーヌは12人の中で一番のおちびさんですが、活発な女の子。

でも、ある日の真夜中、マドレーヌが起き上がって目を泣きはらしています。

 

盲腸炎と診断され、救急車で病院に運ばれ、手術を受けます。

 

十日後、お見舞いに来た寄宿舎の女の子たちが見たものは、「おもちゃに キャンデーに にんぎょうのいえ」。

それに、マドレーヌのお腹の手術の傷。

すっかりマドレーヌが羨ましくなってしまった11人は、寄宿舎に戻ってから、夜中にみんなで、

もうちょうを きって、ちょうだいよー

と大声で噓泣きするのでした。

 

★      ★      ★

 

絵が最高に素敵です。

表紙のエッフェル塔の他、各場面においてオペラ座やノートルダム寺院、ルーヴル美術館などのパリの名所が美しく描かれています(巻末に解説付き)。

 

それらと、当時は低く見られていた漫画のシンプルな技法をミックスさせ、多くを語らないリズミカルで詩的な文章で仕上げています。

冗長なセリフを抑制し、短い文と絵のみで必要なことをすべて伝える技術は、絵本としての質そのものに関わってきます。

 

そしてなおかつ、最も重要で難しい「子どもの目で物語る」ことにも、見事なまでに成功しています。

われわれは子どものために書いているんです。幼稚な者にではなく

これは、ベーメルマンスさんが前述の編集者・メイ・マッシ―さんにあてたメモの言葉です。

「マドレーヌ」が世界中の子どもたちに支持されるのも頷けるではありませんか。

 

最後に、ベーメルマンスさんがホテルでボーイをしていた頃のエピソードを紹介します。

彼はいつものようにメニューの裏側にお客の姿をスケッチしていました。

それは非常に滑稽で風刺的で、おまけにとても本人に似ていました。

 

ところが、そのメニューを、接客係がお客当人に見せてしまったのです。

お客は怒り、それがまたホテルの一番の上客であったために、ベーメルマンスさんはホテル経営者のケラー氏に呼び出され、こっぴどく罵られます。

 

しかしケラー氏はその後で、画商の友人2人に例の絵を見せ、

この子には才能があるかね?

と尋ねました。

すると2人は口をそろえて、

あるね

と答えたそうです。

 

ケラー氏はベーメルマンスさんを宴会係に配属し、空いている宴会場をスタジオに使って絵を描くことを薦めました。

ベーメルマンスさんは自叙伝で、このケラー氏を「生涯の恩人」であると書いています。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

12人の識別困難度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「げんきなマドレーヌ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ちらかしぼうや」【186冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どものお片付け、苦労している方も多いと思います。

私は元来がだらしない人間なので、部屋が散らかっていてもわりに平気なのですが、妻は潔癖ぎみで、雑然とした状態に耐えられない性質です(おかげで結婚してから、ずいぶん教育されました)。

 

息子が生まれる前に、夫婦で育て方について話し合った時、原則として「自由にさせてやる」方針を固めました。

つまり、少なくとも家の中では、やりたい放題にさせてあげる、ということです。

しかし、私はともかく、妻にそれができるかどうか、少々心配でした。

 

さて、息子が自分で動けるようになってくると、予想通り、散らかし放題。

おもちゃは箱ごとひっくり返す、壁に落書きする、BOXティッシュは全部引っ張り出す……。

 

案の定、妻はイライラし出して、「少しくらいは片付けさせよう」と言い出しました。

でも、その「少しくらい」を息子は嫌がります。

大きい箱を用意して、そこに全部入れるだけ、という状態にしてやっても、それすらしません。

 

息子を見ていると、幼い子どもというものは「お片付け」が「できない」というより「キライ」なのかもしれないと思えてきます。

しかし、もう少し考えてみると、子どもが嫌がっているのは「お片付け」そのものではなく、「片付けようとする大人」の姿なのかもしれません。

 

いつまでも遊んでいたい気持ちに水を差すような、「終わり」を告げる行為のように思えるのかもしれません。

自分の子ども時代を思い起こしてみれば、私は母親が掃除機をかけ出すと、なんでかわからないけど不快な気持ちになったりしたものです。

 

さて、今回紹介するのは「ちらかしぼうや」です。

作・絵:ジャン・オームロッド

訳:ほしかわなつこ

出版社:童話館

発行日:2005年9月20日

 

17×16の小さな絵本です。

翻訳出版されたのは2005年ですが、1985年の作品です。

 

とても短く、文も少ないので、赤ちゃん絵本と言えますが、これはむしろ大人にオススメします。

散らかった部屋を、お父さんが片付けて行きます。

その後ろから、子どもが次々に片付けたものを散らかして行きますが、お父さんは気づきません。

この手の絵本には珍しく、お母さんが登場しません。

そして片付けをするお父さんは女性的ではなく、ゴリゴリのヒゲ面のおっさんです。

 

お父さんが片付けたものを散らかして行くぼうやは、明らかにわざとやっていて、時々読者の方を向いて悪戯っぽく笑います。

あるいは、ぼうやの目線の先にはお母さんがいるのかもしれません。

とすると、これはお母さんが見た父子の一場面という体の絵本なのかも。

 

さて、いよいよラストになって、お父さんはぼうやの悪戯に気づきます。

そして、

おや おや! なんてことだ。ほんとに、おまえは、ちらかしぼうやだな!

と怖い顔になります。

さあ、叱られ&反省タイムかと思いきや、ラストのページでお父さんは最高に素晴らしい転換を見せます。

笑顔でぼうやを抱きしめ、

いいとも いいとも

もういちど、さいしょから はじめるさ

 

感動!

 

★      ★      ★

 

子どもに対し、どう接するべきか。

私にとって、この短い絵本は、そのひとつの手本となっています。

 

子どもは何度も何度も同じことを繰り返します。

まるで、何かを試しているように。

同じ絵本を、何度でも繰り返して読んでもらいたがり、単純な遊びを何度でも繰り返したがります。

 

それに対し、一切嫌な顔をせずに応じてあげられるか。

このお父さんのように、「いいとも いいとも」と言えるか。

 

時々、私は息子に試されているような気持ちになります。

本当に、無条件に、自分を愛してくれているのか

と。

 

「愛されているかどうか」は、子どもにとって何よりも重要なことです。

その確信こそが、長い人生において、生き抜くための礎となるからです。

 

お父さんに抱かれたぼうやの満ち足りた笑顔は、まさに望むものを手に入れた幸せな表情です。

しかしきっとまた、ぼうやはお父さんを試し始めるでしょう。

何度も、何度でも。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆

素敵なお父さん度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ちらかしぼうや

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「キミちゃんとかっぱのはなし」【185冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はちょっと知名度は低いかもしれませんが、五味太郎さんも絶賛しておられる傑作絵本を紹介します。

キミちゃんとかっぱのはなし」です。

作:神沢利子

絵:田畑精一

出版社:ポプラ社

発行日:1977年2月

 

一言で言えば「主人公の少女がかっぱにナンパされる」という、異色のファンタジーです。

 

それだけでも十分に独創的なんですが、作者の神沢さんが凄いのは、舞台や時代設定が限定的であること。

一般に、絵本は息の長いメディアですので、舞台や時代を限定することを避ける傾向があります。

しかし、この物語は「ヨコハマ」と、はっきり場所を特定しています。

 

さらに、キミちゃん一家は、ハシケで荷物の積み下ろしの仕事をする水上生活者として描かれます。

ハシケは「艀」と書き、大型船から荷物の積み下ろしをする小型の運搬船。

もう今ではいなくなってしまいましたが、1960年代くらいまでは、このハシケに住居を構え、職場兼居住空間にしている水上生活者が多くいたそうです。

 

そういう、現代ではなおさら伝わりにくい設定をあえて選んだところに、神沢さんの勇気を感じます。

しかし、そこに登場する現代的(?)かっぱのキャラクターや、キミちゃんとの会話における筆力は圧倒的で、馴染みの薄い設定を生き生きと想像させてくれるのはさすがの一言。

 

田畑さんの絵も秀逸で、特にかっぱの表情、仕草、すべてが神沢さんの文とぴったり融合して、分離不可能にまでなっています。

 

さて、内容を見てみましょう。

 

前述の通り、ハシケの上に住むキミちゃん。

両親が仕事している間は、「ムク」というぬいぐるみの犬を抱いて遊んでいます。

 

そこへ、水中からかっぱが現れます。

かっぱはキミちゃんの気を引こうと、自分の家の自慢をします。

おらの うちには コーヒーも ある。ジュースも ある

パイナップルも、それから、ダイズも、てつの スクラップも あるんだぞ

スクラップを自慢するあたり、男の子です。

 

ハマの かっぱは、キュウリだって ピックルスに して たべるんだぞ

しかしそれらは全部、船から水の中に落ちたもの。

キミちゃんはかっぱの誘いに応じません。

なかなかガードの固い女の子なのです。

 

それからしばらくして、かっぱはまたキミちゃんの前に姿を現します。

今度は貯まったコーヒーでコーヒー屋を出す計画を話し、

キミちゃん きてくれるか

と言います。

するとキミちゃんは、

そうね、エスカレーターの ある コーヒー屋なら いいわ

エスカレーターの ついている コーヒー屋でないと、わたし、ぜったい いかないから

末恐ろしい小悪魔ぶり。

エスカレーターを知らないかっぱは戸惑います。

 

その後、キミちゃんが父親とデパートに行ってエスカレーターに乗っていると……。

人間の恰好をしたかっぱが、一生懸命にすました顔をして、向かいのエスカレーターに乗っているのでした。

 

それから後、キミちゃんはまだかっぱに会っていません。

代わりに、いつか海に落としたぬいぐるみのムクが、本物の犬になって帰ってきました。

 

かっぱはどうしているのか。

きっと、エスカレーターのあるコーヒー屋を作ってキミちゃんに来てもらうために、一生懸命に働いているのかもしれないと、キミちゃんは思うのでした。

 

★      ★      ★

 

かっぱとキミちゃんの会話が素敵。

背伸びして、自分を良く見せたい男の子と、安く見られたくない女の子の駆け引き。

 

キミちゃんに馬鹿にされまいと頑張るかっぱの姿が健気です。

ほのぼのしていて、甘酸っぱくて、ユーモラスで。

これは上質な児童文学だと思います。

もっとたくさんの人に知ってもらいたい。

 

やや文が多めですが、我が家の息子には3歳のころに読み聞かせ、なかなか好印象でした。

最近になってもう一度読んでみると、かっぱが自慢する「アスパラガスの缶詰」がどんなものか食べてみたいと言い出しました。

 

食卓に出してやると、一口食べて夢は壊れたようでした。

次は「ピックルス」に興味があるようです。

結果は見えてますが。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

キミちゃんの小悪魔度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「キミちゃんとかっぱのはなし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「きつねのかみさま」【179冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

絵本にはたくさんの動物が登場します。

むしろ、人よりも動物の方が多いんじゃないかと思います。

 

中でも人気はねずみ、ぞう、くま、うさぎ、ねこでしょうか。

彼らが主役を務め、脇を固めるのがいぬ、ぶた、たぬき、きつね……というパターンが多い気がします。

もちろん、その他の動物絵本もたくさんありますけどね。

 

しかし、きつねというのは、あまり主役を張らせてもらえないばかりか、昔話などではたいてい悪役、もしくはちょっと狡猾なキャラクターを割り当てられることが多い不憫な動物です(悪役から主役にのし上がったゾロリみたいなのもいますが)。

 

同じグループに属するはずのたぬきは、わりと好意的に描かれることが多いので、なおのこと不公平感はぬぐえません。

海外でもそのあたりの事情は変わりませんが、あちらでは単なる「嫌われ者」のきつねですが、日本では忌み嫌うと同時に畏怖の対象でもあり、お稲荷さんのように神様の使いとも考えられています。

 

今回紹介する「きつねのかみさま」は、私はそのタイトルからして、最初は地方民話的なお話かと思ったものです。

作:あまんきみこ

絵:酒井駒子

出版社:ポプラ社

発行日:2003年12月

 

予想はまったく外れでした。

おどろおどろしいところは一つもなく、とっても優しい気持ちになれる素敵な物語です。

きつねも可愛いし。

 

作者のあまんさんは、児童文学作家として数々の名作を生み出し、その中には教科書採用され、世代を超えて読み継がれている作品も多いです。

あまんさんの作品は常に過不足がなく完成されており、その文章は物凄く上品で、教科書用に好まれるのも頷けます。

 

その一方、「教科書作品」のイメージが強いために、どこか古風な定型の童話という先入観を持ってしまう大人の読者もいるかもしれません。

そうしたイメージを、酒井さんの現代的で洗練された絵が一掃しています。

これはなかなかの名タッグかもしれません。

 

実際、文だけを追うと昭和的な匂いもするのですが、冒頭の「りえちゃん」の家のカットだけで、一気に「今のお話」と思えてしまうのだからすごい。

今や「大人女子にも読まれる絵本」と言えば必ずその名前が挙がる酒井さん。

きつねの可愛さは、彼女の画力に依るところも大きいです。

 

前置きが長くなりましたが、内容に入ります。

なわとびの紐を公園に忘れたことを思い出したりえちゃん(文中では「あたし」の一人称)は、急いで取りに戻ります。

弟のけんちゃんもついてきます。

 

公園に来ましたが、紐は見つかりません。

その時、楽しそうな笑い声や歌声が聞こえてきて、覗いてみると、子ぎつねたちが縄跳びをしています。

きつねたちに誘われて、りえちゃんたちも縄跳びに加わります。

きつねに跳び方を教えてあげたりして、楽しく遊びます。

 

そこでりえちゃんは、縄跳びの取っ手に書かれた自分の名前に気づき、これが自分の忘れて行った紐であることを知ります。

遊び終わって帰る時、りえちゃんが紐が自分のものであることを言おうとすると、小さい子ぎつねが得意そうに、

それ、あたしのよ

と言います。

 

縄跳びがしたいと「きつねのかみさま」にお祈りしていたら、その紐が木の枝にかけてあったのだ、と言うのです。

そしてその証拠に、自分の名前まで書いてあることを示すのです。

なんと、この子ぎつねも「りえちゃん」だったんですね。

りえちゃんは何か言おうとする弟を慌てて遮り、きつねたちにさよならします。

 

帰り道で、けんちゃんは笑って、

そうかあ。おねえちゃんは、きつねのかみさまだあ

と言います。

子ぎつねのりえちゃんの嬉しそうな顔を思い出して、りえちゃんも一緒に笑います。

 

★      ★      ★

 

縄跳び遊び。

今の子どもたちも、やるんですかね。

 

公園に行っても、あまりそういう遊びを見かけなくなった気がします。

公園でまで電子ゲームに興じてたり。

 

おおなみ こなみ ぐるっと まわって きつねのめ

で、「ねこのめじゃ ないの?」というくだり、通じるんでしょうか。

 

でも、通じないからやめとこう、ではなく、昔ながらの遊びはどんどん絵本に登場させて欲しいと思います。

そこから興味を持つ子どもたちが出てくるでしょうから。

 

いくら絵本が時代とともに進化するものだとしても、私としては、絵本の中にまで電子ゲームを持ち込んで欲しくはないのです。

古いかもしれませんけど。

 

酒井駒子さんの他の記事≫絵本の紹介「ぼく おかあさんのこと・・・」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

仲良し姉弟の微笑ましさ度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きつねのかみさま

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「にこにこエマ」【178冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はスウェーデンから来た可愛い絵本「にこにこエマ」を紹介します。

作・絵:グニラ・ヴォルデ

訳:椿原奈々子

出版社:童話館

発行日:2007年2月

 

17×16センチくらいの、小さな絵本です。

「エマ」という女の子が主人公。

他に、「ピーター」という男の子が主人公の関連作もあります。

 

ストーリー仕立てではなく、ただいつものエマの様子をありのままに描いただけの絵本です。

しかしそれは、子どもというものの「ありのまま」の姿でもあります。

 

淡々とした描写の中に、世の親たちが自分の子を見ているような気持ちにさせられるような、普遍的な力があります。

重い障害を絵本の読み聞かせによって救われたクシュラさんも、この絵本が大好きだったそうです。

 

≫クシュラの奇跡

 

いつもは、エマは あしに ズボンを はきます

でも、ときには、あたまに ズボンを かぶりたくなります

左のページには「いい子」の時のエマ。

右のページには、時折姿を現す、いたずらで利かん気なエマが描かれます。

読んでいくうちに、不思議と子どもに対して寛容な気持ちになってきます。

子どもを「そういうもの」として受け入れ、認めることができるようになるのです。

 

★      ★      ★

 

左のページだけを追って読んでみると、ただいい子なエマの日常絵本として読めます。

そういう絵本は実際にあるし、絵も可愛いので、特に違和感なく読めたりします。

 

しかし、それは子どもに「こうあって欲しい」という、大人側の願望であって、子どもの方ではエマに親近感を持つことは少ないでしょう。

かつて絵本が教材的に捉えられてた時代においては、そうした模範的な子どもだけしか登場しない絵本が多くありました。

 

でも、現実の子どもは、そんなにいい子ではありません。

彼らはまだ感情のコントロールが未熟だし、自己中心的だし、理性が未発達で、衝動的です。

しかしそれは大人にとっては眉をひそめる性質であっても、「悪」と呼ぶようなものではありません。

 

ただ、「そういうもの」なのです。

そしてそれらの幼児性は、自然な成長とともに消えていきます。

 

が、たまに幼児性を克服できず、そのまま大人になってしまった人間も見かけます。

そうなると、同様の特徴でも、これはとても見るに堪えない醜悪な性質になります。

 

ゆえに、子どもが幼いうちから「しっかりとしつけ」ることが大切、とやかましく言う大人たちが増えるわけです。

しかし、そういう「しつけ」は、行う側によっぽどの注意深さと反省力と観察力が伴わなければ、単なる抑圧に終わってしまう危険性が大です。

 

「厳しいしつけ」のつもりが、条件反射的に怒っているだけだったり、ただもう「自分の意にそぐわない」ことを子どもがした瞬間に𠮟りつけたり。

 

「信じて、待つ」ことはとても難しいことです。

そして「待つ」とは何もしないで放置することではありません。

焦らずに子どもの成長を見極め、その場その時に相応しい方法で適切に対応することです。

マニュアルがあるわけでもありません。

 

大人だって完璧なわけじゃないから、疲れてしまうし、イライラしてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、手に取って欲しい一冊です。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆

共感度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「にこにこエマ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com