【絵本の紹介】「すてきな三にんぐみ」【123冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「すてきな三にんぐみ」です。

作・絵:トミー・アンゲラー

訳:今江祥智

出版社:偕成社

発行日:1969年12月

 

アンゲラーさんの絵本をこのブログで取り上げるのは初ですね。

才能あふれる絵本作家は数あれど、アンゲラーさんほどにセンスの良い方はそうはいません。

 

つまり題材の選び方、絵と文章の配分、構成、物語の展開、効果的な色使い、そして強烈な独創性……これらすべてにおいて「さりげなく、それでいて非常に的確である」のが、アンゲラーさんの絵本作りの特徴です。

さらに付け加えるならば、アンゲラーさんの絵本はどれも鋭い風刺が効いていますが、それらは少しも違和感なく、さらりとした印象です。

 

この「すてきな三にんぐみ」は彼の代表作で、有名な作品ですが、まず目を引くのが黒とダークブルーを基調とした暗い配色です。

それはそれは こわーい、どろうぼうさま」の三人組の不気味さが際立ちます。

おどしの どうぐ」の禍々しさも、恐怖を煽る赤色で強調されています。

どろぼう、と言いながら、彼らの手口は強盗です。

夜な夜な馬車を止め、乗客から金品を強奪します。

 

三人組は表情も見えず、セリフもなし。

前半はひたすら恐ろしいどろぼうとして描かれます。

 

ところが、ある時、転機が訪れます。

いつものように馬車を止めたところ、お客は「みなしごの ティファニーちゃん」だけ。

意地悪なおばさんの家へやられる途中だったのですが、三人組を見て、「なんだか おもしろそう」と、むしろ喜びます。

お宝は何にもなかったので、三人組はティファニーちゃんを大事に抱え、隠れ家へ連れ帰ります。

隠れ家でお宝の山を見つけたティファニーちゃんは、

まぁぁ、これ、どうするの?

この質問に、意表を突かれる三人組。

実は、盗んだはいいけど、「どうするつもりも なかった」んですね。

そこで、相談の末、三人組は国じゅうの不幸な孤児たちを集め、お城を買い取り、そこでみんな一緒に暮らすことにするのです。

 

噂は国じゅうに広がり、子どもたちは次々に増え、やがてそれぞれに結婚し、村を作ります。

 

★      ★      ★

 

中盤から後半に至る、鮮やかな転換。

前半、恐ろしさの象徴だった赤を、子どもたちのおそろいのテーマカラーにするという演出も冴えています。

 

どろぼうの三人組が、どうして「すてき」なのか。

もちろん最後に素晴らしい善行を施したからということもあります。

でも、私が彼らのことを「すてき」だと思ったのは、宝をどうするつもりもなかったところ。

 

ある意味、純粋で真面目なんです。

真面目に泥棒稼業に精を出していたものの、別に私腹を肥やしたいとか、いい生活がしたいとか、そういう我欲はなかったんでしょう。

 

ティファニーちゃんのしたたかさもいい。

きっと色々と辛い目に遭ってきたと想像できるんですが、そこから身に付けた強さなのだと思います。

他の大人たちは三人組の見た目に恐れおののいてしまうのに、彼女が怖がらないどころか自らついて行こうとするのは、三人組が見た目のような恐ろしい人間ではなく、真面目で純粋な面があることを見抜いたからでしょう。

 

……などなど、こちらにあれこれ想像の余地を残してくれているところが、この絵本が名作たるゆえん。

もちろん、アンゲラーさんはちゃんと計算づくでしょう。

 

読み聞かせをする時は、前半、うんと怖く読んでやりましょう。

それで子どもが怖がってやめたがったら、まだ早いということです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

色使いの見事さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「すてきな三にんぐみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「バムとケロのにちようび」【116冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

GWはどうお過ごしでしょうか。

今回は「どこにも行かない休日」も悪くない、と思える一冊を。

 

バムとケロのにちようび」です。

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1994年9月

 

大人から子供まで大人気の「バムとケロ」シリーズの、これがデビュー作です。

おおらかなブルテリアのバムと、天真爛漫なカエルのケロの仲良し二人組のおはなし。

 

とにかく、絵が素敵です。

海外のアニメに出てきそう。

私は最初、海外のシリーズの翻訳本かと思って手に取りました。

 

作者の島田さんはカナダ在住ということを知って、さもありなんと納得したものです。

雨降りの日曜日。

ケロちゃんは嬉しそうに外ではしゃいでいますが、バムは退屈そう。

 

そうだ、静かに家で読書をしよう。

ということで、まずはお部屋の掃除を始めます。

ところが、片付いたと思ったら、どろんこびちゃびちゃのケロちゃんが帰ってきて、お風呂からやり直し。

 

子どもそのもののケロちゃんと、実に面倒見のいいバムの関係がほほえましいです。

さて、次はおやつのドーナツづくり。

本を読むことを心から楽しむために手間を惜しまないバムが素敵です。

で、読むための本は、こんなにワクワクするような屋根裏部屋の本棚から。

おじいさんの本棚って、それだけでなんかいいですよね。

 

ここで本を持ち出すにもひと騒動あり、やっとやっと読書の準備が整いますが、結局読み始めると同時に……。

 

★      ★      ★

 

何というか、心の余裕というものの大切さが沁みるような絵本です。

なんか適当に一冊持ってトイレへ、なんて自分の読書態度が実に貧しく感じます。

 

それにしても、一枚一枚のカットの細かさ、情報量の多さには毎回感心します。

何度読んでも新しい発見があるのが、このシリーズの一番の見どころでしょう。

 

掃除をするバムの隔靴掻痒ぶり、ケロちゃんの罪のない行動の数々、屋根裏部屋のねずみの行く末……いくらでも楽しみはあります。

 

おもちゃや家具などの小物ひとつひとつ取っても、丁寧に描き込まれています。

それらから、生き生きとバムとケロの生活を想像できます。

 

絵柄は全然違いますが、「ノラネコぐんだん」シリーズなどの工藤ノリコさんのファンなら、きっとこのシリーズも気に入るんじゃないかなと思います。

≫絵本の紹介「ノラネコぐんだん パンこうじょう」

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

スルメ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「セクター7

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「コッコさんのともだち」【108冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

入学式・入園式も終わり、新しい生活に入った子どもたちがたくさんいるでしょう。

陳腐な言い回しですが、期待と不安の入り混じった子どもの表情って、なんだか言い表せないものを感じます。

 

期待と不安は親も同じで、むしろ不安の方がずっと多いかもしれません。

 

ちゃんと友達を作って、楽しく遊べるだろうか。

けんかしないだろうか。

わがまま言って、先生を困らせないだろうか。

 

親の心配事というのは、多少の違いはあれども、どこも似たようなものでしょう。

 

今回紹介するのは、そんな時期に読みたい一冊、「コッコさんのともだち」です。

作・絵:片山健

出版社:福音館書店

発行日:1991年4月10日

 

「コッコさん」シリーズの3作目。

このブログでは初登場です。

 

まず、この絵がいいです。

子どもを可愛く描いてない。

 

と言うと語弊がありますが、大人が考える「子どもの可愛さ」って、大人自身の願望とか固定概念が反映されたものであることが多い。

でも、片山さんは、そういう大人の都合のいい目線ではなく、子どもの「そのまま」を見て、描いています。

それは内面描写の秀逸さにも表れています。

 

それでいて、子どもに対する愛情の深さが半端じゃない。

作者の「コッコさん」への溺愛ぶりなんかは、もう、読んでいるこちらがムズムズしてしまうくらいです。

 

それもそのはずで、「コッコさん」のモデルは、片山さんの娘さんなんだそうです。

ゆえに、このシリーズは全般通して、「娘を見る父親」の眼差しをひしひしと感じます。

 

コッコさんは ほいくえんで ひとりぼっち。なかなか みんなと あそべません

コッコさんは ほいくえんで どうして そんなに ひとりぼっち

 

この文章も「いいなあ」と思います。

保育園の片隅で涙を拭いているコッコさんを見守っている父親の情が、「どうして」の部分に集約されているようです。

 

父親は絵本には登場しませんけど、きっともう、おろおろしながら見ているんだと思います。

 

でも、ある時、二人ずつ手をつなぎましょう、と先生に言われて、コッコさんは、同じように誰とも手をつなげないでもじもじしているアミちゃんに気が付きます。

ふたりはもじもじしながらも、お互いの服の色が似ていることから気を許し始め、手をつなぎます。

 

すると だんだん うれしくなって もっと もっと うれしくなって うんと うんと うれしくなりました

 

子どもの細かな心理を、本当によく捉えた場面です。

特に、「服の色が同じ」ことをきっかけにするあたり、こんな気持ちを覚えている大人はそうはいません。

ふたりは仲良しになって、それからは毎日保育園で一緒に遊びます。

 

でも、やがて喧嘩してしまう日が来ます。

 

その後、ふたりは初めて他の子と遊び、初めてみんなで遊びます。

そして次の日、コッコさんとアミちゃんは

やっぱり いっしょに

遊びますが、そこには他の子の姿もあります。

 

コッコさんは ほいくえんで もう ひとりじゃない ひとりじゃない

 

★      ★      ★

 

子どもは変化し続けます。

その速度は、大人が思うよりもずっと早く、ほとんど一日おきに別人になっていくかのようです。

 

この絵本はそんな子どもの心身の変化を、見事に捉えています。

 

「変な絵」と、とっつきにくさを感じていた方も、読み終えてみると、なんだかコッコさんが愛おしくなってきませんか?

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

(いい意味での)親バカ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「コッコさんのともだち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ぼく おかあさんのこと・・・」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、男の子がいるお母さんにおすすめの一冊「ぼく おかあさんのこと・・・」です。

作・絵:酒井駒子

出版社:文渓堂

発行日:2000年5月

 

「リコちゃんのおうち」で作家デビュー、「よるくま」でその人気を不動のものにした酒井駒子さんの、これは3作目になる作品です。

 

酒井さんの描く動物や子どもの表情はどこか愁いを帯びて、不思議な吸引力を持っています。

もとよりずば抜けた画力の作家さんでしたが、この「ぼく おかあさんのこと・・・」が、彼女の画風の、ひとつの転機となっています。

 

ぼく おかあさんのこと・・・

キライ

 

という、うさぎくんのドキッとするような告白で始まります。

その理由が、なんともいちいちリアルで、現代のお母さんをハッとさせるようなものばかりです。

 

にちようびのあさは いつまでも ねてる。いつまでも いつまでも

ドラマ ばっかり みて マンガ みせてくれないし

すうぐ おこるし・・・

 

ただ、うさぎくんは本心ではお母さんのことが大好きです。

ぼくは おかあさんとしか けっこんしたくないのに

そんなお母さんへの愛情や不満を募らせて、うさぎくんは家出します。

お母さんは寝たふりをしながら、うさぎくんが出て行く音を聞きます。

 

でも、これはうさぎくんの、いじらしいポーズで、すぐにまた戻ってきて、お母さんに、

ぼくと またあえて うれしい?

と問いかけます。

 

嬉しくないわけがない。

 

★      ★      ★

 

うさぎくんが愛おしい。

とにかく絵が上手いんですが、うさぎくんの仕草のひとつひとつを取っても、よく子どもを観察していると感じます。

 

そして、これはむしろお母さん目線の絵本です。

うさぎくんのお母さんは、すごくダメでも立派でもありません。

子どもを愛してはいるけれど、毎日の忙しさに追われて、つい……という、どこにでもいそうなタイプの母親です。

 

それだけに、うさぎくんの言葉は胸に刺さるでしょう。

うさぎくんのお母さんの心情は、文章では書かれません。

でも、息子が出て行ったあと、起き上がってうつむくお母さんの胸の内は、男の子を持つ母親なら、誰もが読み取れるはず。

 

忙しくて余裕がなくなっていると感じた時、ひとりで手に取って、そして「子ども時代」がいかに短いものかを思い出してほしい。

そんな一冊です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ちゃんと洗濯してもらってよかった度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼく おかあさんのこと・・・

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「かもさんおとおり」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、「かもさんおとおり」です。

文・絵:ロバート・マックロスキー

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:1965年5月1日

 

これまた有名なロングセラーですので、子どものころに親しんだ方も多いのではないでしょうか。

古き良き時代のボストンを舞台にした、かもの親子の心温まるお話。

 

実際にあった話をもとにした絵本です。

 

セピア一色で描かれた絵は優しく、ユーモラスながらも緻密で、特に空飛ぶ鳥の目線から俯瞰した街並みの描写は素晴らしく、自分も飛んでいる気分を味わえます。

かものマラード夫婦は、卵を孵すのによい場所を探して、ボストンを飛び回ります。

 

マラードさんが、よさそうなばしょを みつけるたびに、マラードおくさんが、そこはだめよ と、いうのです

 

なんだか、人間の夫婦間のやり取りを見ているようです。

子どもを育てることに関しては、やはり母親のほうが妥協を許さない姿勢を持っているものなのでしょう。

 

マラードさんはいい旦那で、疲れていても妻の意見を尊重します。

世の夫たちも学ぶべし。

やがて、チャールズ川の小島に巣を作ることにしたマラード夫婦。

 

無事、八匹のヒナを孵します。

 

マラードおくさんは、ヒナたちに泳ぎ方や一列に並んで歩くことを教え、マラードさんの待つ公園へ出発します。

しかし、街中をかもが一列に歩いていくのですから、車の多い道路は大騒ぎ。

 

そこで、以前からかもさん夫婦にピーナッツをあげるなどして親しくしていた警官のマイケルさんが飛んできます。

マイケルさんの助けを借りて、マラード親子は道路を横切ります。

 

さらにマイケルさんはパトカーに救援を頼み、かもたちを公園まで誘導します。

マラード親子は警官たちにお礼を言い、無事に公園でマラードさんと再会するのでした。

 

★      ★      ★

 

胸を張って、誇らしげに道路を歩くマラードおくさんと、整然と一列に並んでついて行くヒナたちの姿が、滑稽でありながら絶妙にリアルなのは、マックロスキーさんの画力のたまものでしょう。

 

マックロスキーさんは、かものヒナを描くにあたって、非常な苦労をされました。

自身のアパートへ6匹ものヒナを連れ帰り、じっくり観察してスケッチしようと試みたそうです。

 

ところが、ヒナは動き回って少しもじっとしてくれないので、とうとう最後はシャンペンを飲ませて、ヒナを酔わせて、眠らせてしまったのです。

 

このやり方の是非はともかく、作者の熱意の凄まじさは伝わるエピソードですね。

 

そして、かも夫婦の、子どもに対する愛情、子育てに対する熱情も、親にとっては共感を呼ぶところです。

 

マラードさんと マラードおくさんは、むねもはちきれそうになるほど よろこびました

こんなにたくさんの こがもたちを そだてるのは、たいへんな しごとです

さあ、いそがしくなりました

 

いつの時代も変わらない親の気持ちを描いているところも、この作品が愛され続けている理由の一つでしょう。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

母の誇りと威厳度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かもさんおとおり

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com