【絵本の紹介】「どんどこももんちゃん」【158冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家では息子が最後半年ごろから本格的な絵本の読み聞かせを始めましたが、今、世間では絵本の「はじめて年齢」はどんどん下がっています。

 

≫読み聞かせはいつから?

 

それに応じて、赤ちゃんの認識しやすい色や輪郭のはっきりしたカット、耳に残りやすいリズムの文や擬音を用い、丈夫な紙での製本などの工夫を凝らした「赤ちゃん絵本」なるジャンルが確立されました。

今やもう、「うさこちゃん」シリーズなどは、「子どもがはじめてであう絵本」とは呼べないような気がします(あの話、結構深いですしね)。

 

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

 

しかし、対象年齢を下げることは即ち単純化志向となるわけで、それはそれで面白いんですが、読み聞かせる側の大人にとっては少々物足りなさを感じることは事実です。

けれど今、お母さん方にも大好評の「赤ちゃん絵本」シリーズがあるのです。

 

それが今回紹介する「どんどこももんちゃん」を第一作とする「ももんちゃんあそぼう」シリーズです。

作・絵:とよたかずひこ

出版社:童心社

発行日:2001年9月20日

 

桃がおむつをはいたようなキャラクター「ももんちゃん」。

2001年に始まって、現在既に18作品も刊行されているという驚異のスピード。

 

人気の秘密は、何と言ってもももんちゃんのキュートさ。

「うちの子にそっくり!」という声が多く寄せられているそうで、異色ながらもどこか普遍的な「赤ちゃんの可愛さ」を描いており、そこが親の心を捉えているようです。

 

この作品が異色である点は、赤ちゃんでありながら、走り、跳び、クマと相撲を取るなどの、ももんちゃんのスーパーベイビーっぷりです。

それでいて、確かに「赤ちゃんらしさ」を捉えている。

 

それは赤ちゃんの持つひたむきな「生命力」そのものの強さを描いているからではないでしょうか。

どんどこ どんどこ

ももんちゃんが いそいでいます

 

シンプルな画面と、リズミカルで口ずさみやすい文。

ちゃんと「赤ちゃん絵本」の条件は押さえています。

 

ただ、「ももんちゃんが急いでいる理由」を伏せているのは、大人も楽しめるようにとの工夫でしょう。

 

ももんちゃんはまっすぐ前を見て、わき目も振らずに駆けて行きます。

余計なものが一切描かれていないことで、ももんちゃんのひたむきさが伝わりやすくなっています。

 

ももんちゃんはあらゆる障害を意にも介さず、急ぎ続けます。

丸木橋を渡り、坂を上り(ちゃんとはいはいになっている辺り、やっぱり赤ちゃんです)、クマがとおせんぼしていても……。

このパワー。

赤ちゃんだけが持つ純粋な目的への衝動力を表現しています。

 

下り坂で転んでしまうももんちゃん。

頭を打って、さすがに目に涙を浮かべますが、それでも走り続けます。

クライマックスで大きくジャンプ。

その先には……。

 

★      ★      ★

 

このラストシーンで明かされるももんちゃんの急いでいた理由が、お母さん方のハートを打つのですね。

思わず涙してしまうお母さんもいるとか。

 

作者のとよたさんによると、ももんちゃんは男の子で、母子家庭という設定だそうです。

何となくももんちゃんを女の子だと思う読者が多いそうで(私も女の子だと思ってました)、どうしてかはわかりませんが、やっぱり女の子の方がパワフルなんですかね。

 

とにかく一度声に出して読んでみれば、この絵本の楽しさがわかります。

子どもが絵本を楽しむためには、まず読み聞かせる大人が絵本を楽しむこと。

それを大いに助けてくれるシリーズです。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆

裏表紙カットのほっこり度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「どんどこももんちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「かばんうりのガラゴ」【157冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「かばんうりのガラゴ」です。

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1997年11月

 

カナダ在住の日本人作家・島田ゆかさんによる「バムとケロ」に並ぶもうひとつの大人気シリーズです。

 

≫絵本の紹介「バムとケロのにちようび」

 

ユニークで可愛いキャラクター、遊び心満載のイラスト。

そして他の島田さん絵本との関連を探すのも楽しみの一つです。

 

ガラゴは たびする かばんやです

いつも みぎとひだり いろのちがう くつをはいて

かばんを うってあるきます

という設定。

さて、このガラゴのかばんですが、もちろんただのかばんではありません。

様々なお客さんの要望に合わせてガラゴが用意するのは、どれも変わった機能を持つ面白かばん。

 

犬の兄弟になるかばん、ライオンのたてがみになるかばん、ピアノのかばん、やかんのかばん……。

もはや「かばん」である必要について考えてしまうくらい、何でもありの品ぞろえ。

 

そして、お客さんは誰一人お金を払いません。

すべては物々交換によって取引されるわらしべ長者的システム。

それらのアイテムが、ちゃんと後々役に立っているところも見逃せません。

ライオンが置いて行ったスイカはガラゴのおひるごはんになり、残った皮はおたまじゃくしの水槽になります。

 

夜になると、ガラゴは自身のかばんをベッドにして眠ります。

 

★      ★      ★

 

ガラゴのモデルはアフリカに生息する「ショウガラゴ」(ブッシュベイビーとも)というサル科動物だと思います。

 

この絵本の楽しみは、とにかく絵の隅々まで見ること。

これに尽きます。

 

かばんの仕掛けはもちろん、ガラゴと行動を共にする小さな白いイヌとウサギを探したり、ガラゴの表情と同調するマグカップや、時々動く犬の写真(バム?)、本当に細かいところまで遊びが詰まっています。

 

また、「バムとケロ」シリーズとの関連を匂わせる描写もあり、他の島田さん作品を通読することによる新たな発見も。

こういうのは絵本作家のファンサービスと言えるでしょう。

 

あまりここで一つ一つ挙げていくのは野暮なので、ぜひ自分で探してみて欲しいのですが、ひとつだけ。

ここに登場するカエルのお母さんは、「バムとケロ」のケロちゃんの母親っぽいのです。

ということは、ガラゴについてきたおたまじゃくしは……?

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

探し絵の楽しみ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かばんうりのガラゴ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「うさこちゃんとうみ」【149冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

7月に入り、俄然暑くなってきました。

もう今年も上半期が終わっちゃったんですねえ。

 

絵本界の上半期の大きな出来事と言えば、2月に世界的絵本作家、ディック・ブルーナさんが鬼籍に入られたこと。

キャラクターとしての「ミッフィー」しか知らなかった方も、この機に絵本を手に取って欲しいと思います。

 

今回は「うさこちゃん」シリーズの初期作品にして、これからの季節にもぴったりの一冊を紹介しましょう。

うさこちゃんとうみ」です。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1964年6月1日

 

うさこちゃん」「ミッフィー」「ナインチェ・プラウス」など、世界中の国ごとの呼び名を持つ人気者。

詳細は過去記事をご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

 

この福音館書店版の「うさこちゃん」というネーミングは、訳者の石井さんによるものです。

そして後述しますが、作品内容に関しても、この石井さんの訳文が大きな影響を与えています。

 

その内容ですが、筋立てはいたって単純です。

登場人物はうさこちゃんと、うさこちゃんのお父さんの「ふわふわさん」だけ。

父娘で海水浴に行きます。

まずはふわふわさんが、

きょうは さきゅうや かいのある おおきな うみに いくんだよ。いきたいひと だあれ?

うさこちゃんが、

あたし あたしが いくわ!

 

で、ふわふわさんが引くトロッコみたいなリヤカーに乗って、海へ。

ブルーナさんの絵本は「ブルーナカラー」と呼ばれる、6色の指定色のみで彩色されています。

ゆえに、空と海は同色。

太陽の色を黄色にすると、昼なのか夜なのかわかりません。

 

海に着くと、うさこちゃんはまさかのトップレス水着に着替えます。

おまえひとりで はけたのかい?

と、娘の自尊心をくすぐるようにわざとらしく驚いて見せるふわふわさん。

 

うさこちゃんは砂山を作ったり、学会に発表できそうな色の貝殻を集めたり、海に入って遊んだり。

帰り路でくたびれて眠ってしまいます。

 

★      ★      ★

 

ちいさなうさこちゃん」では生まれたての赤ちゃんだったうさこちゃんですが、シリーズ2作目にあたる今作では、一気に成長し、大いに喋ります。

ふわふわさんとの会話を見ていると、なかなかおしゃまな性格のようです。

 

が、実は冒頭の父娘の会話文の大部分は、石井さんの創作のようです。

英語版はもっとシンプルで、「お父さんはうさこちゃんを海に連れて行きました」てなもんです。

 

でも、石井さんのこの訳は名文だと思います。

この絵本の核となる「父と娘」の関係性が、より生き生きと思い描けます。

 

ふわふわさんの、うさこちゃんをリードするセリフ回しのひとつひとつが、実にいい感じなんです。

いきたいひと だあれ?

おまえひとりで はけたのかい?

とうさんが のっても つぶれないような おおきな すなやまが できるかな?

もっと あそんでいたいけど もう かえらなくちゃ ならないな

 

こんな風に、子どもにさりげなく主体性を持たせるように、意図的に言葉を選んでいます。

これはなかなか人間力のいる技で、私が真似しようとしても、ここまで嫌味なく、スマートに威厳を保てるとは思えません。

 

そう言えば、我が家の息子はまだ海に行ったことがありません。

どころか、プール遊びすらしてません。

 

水に慣れるのは早いほどいいのでしょうけど、混雑とか、紫外線とか、道中の苦労とか、考えるだけでもう……。

自家用プールでもあればねえ。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

うさこちゃんのセクシー度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさこちゃんとうみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「しゅくだい」【132冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

現在、上野の森美術館にて、絵本作家・いもとようこさんの原画展が開催されています(6月11日まで)。

いもとさんは、貼り絵に着色する独自の技法を用いて、柔らかでぬくもりの感じられる色彩の絵本を多数発表しています。

 

今回紹介するのは、「しゅくだい」です。

原案:宗正美子

文・絵:いもとようこ

出版社:岩崎書店

 

宗正さんは学校教員で、その体験をふまえた作品「しゅくだい」が平成14年第33回JOMO童話賞の佳作に選ばれました。

その作品をモチーフに、いもとさんが作ったのがこの絵本になります。

 

めえこ先生(ヤギ)が出した宿題とは。

それは「だっこ」。

帰ったら家の人に抱っこしてもらうこと。

 

みんなの前では「やだ〜」なんて言ってたもぐらのもぐくんは、どこかうきうきしながら家に帰ります。

でも、お母さんは赤ちゃん(双子っぽい)の世話に大忙しで、もぐは宿題のことを言い出すきっかけがありません。

ちょっといじけるもぐ。

夕飯の時間になって、ようやく宿題が抱っこであることを言うと、お母さん、お父さん、おばあちゃんがみんなで順番に抱っこしてくれます。

久しぶりにお母さんに抱かれ、歌を歌ってもらって、もぐは幸せな気分に。

 

次の日、クラスのみんなはとっても元気そう。

しゅくだいを やってきましたか?

はーい

 

★      ★      ★

 

抱っこはいつまでしてあげるものなのか、なんて質問をたまに見かけます。

いつまでだっていいじゃない。

心の中でそう思います。

 

最近では、抱っこはいくらしても問題ないというのが常識になりつつあるように思います。

喜ばしいことです。

この絵本のもとになったという宗正さんの体験がいつのころのことかは存じませんが、少し昔まで、「子どもをいつまでも甘やかしてはいけない」という理由で、抱っこを早めに卒業させようとするお母さんが結構いたみたいです。

 

ま、そうでなくても、下の子が生まれたり、仕事が忙しかったりで、抱っこしてやれなくなるケースは多いでしょう。

でも、子どもの「甘えたい気持ち」を十分に満たしてやらなければ、本当の意味で自立した大人には成長できないと思います。

無理に抑えたり、断ち切ったりした依存心は、心の中でくすぶり続けるからです。

 

今の世の中は、寂しい大人でいっぱいです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、すべての悪は、「寂しさ」「不幸」から生まれるものだと思います。

 

私は、息子が求める限り、いつでも抱っこしてやることに決めています(できないこともありますが……)。

それは、どんな時でも絵本を読んでやることと同じです。

そうしてみて思うのは、子どもが親の無条件の愛を求める心は、ほとんど底なしだなあ、ということです。

子どもはひたすら求め続けます。

それはまるで、親の愛を試しているかのようです。

それでも、「もうじゅうぶん」は、こちらから発する言葉ではないと思うのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

近畿圏でももっと絵本展開催して欲しい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「しゅくだい

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「すてきな三にんぐみ」【123冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「すてきな三にんぐみ」です。

作・絵:トミー・アンゲラー

訳:今江祥智

出版社:偕成社

発行日:1969年12月

 

アンゲラーさんの絵本をこのブログで取り上げるのは初ですね。

才能あふれる絵本作家は数あれど、アンゲラーさんほどにセンスの良い方はそうはいません。

 

つまり題材の選び方、絵と文章の配分、構成、物語の展開、効果的な色使い、そして強烈な独創性……これらすべてにおいて「さりげなく、それでいて非常に的確である」のが、アンゲラーさんの絵本作りの特徴です。

さらに付け加えるならば、アンゲラーさんの絵本はどれも鋭い風刺が効いていますが、それらは少しも違和感なく、さらりとした印象です。

 

この「すてきな三にんぐみ」は彼の代表作で、有名な作品ですが、まず目を引くのが黒とダークブルーを基調とした暗い配色です。

それはそれは こわーい、どろうぼうさま」の三人組の不気味さが際立ちます。

おどしの どうぐ」の禍々しさも、恐怖を煽る赤色で強調されています。

どろぼう、と言いながら、彼らの手口は強盗です。

夜な夜な馬車を止め、乗客から金品を強奪します。

 

三人組は表情も見えず、セリフもなし。

前半はひたすら恐ろしいどろぼうとして描かれます。

 

ところが、ある時、転機が訪れます。

いつものように馬車を止めたところ、お客は「みなしごの ティファニーちゃん」だけ。

意地悪なおばさんの家へやられる途中だったのですが、三人組を見て、「なんだか おもしろそう」と、むしろ喜びます。

お宝は何にもなかったので、三人組はティファニーちゃんを大事に抱え、隠れ家へ連れ帰ります。

隠れ家でお宝の山を見つけたティファニーちゃんは、

まぁぁ、これ、どうするの?

この質問に、意表を突かれる三人組。

実は、盗んだはいいけど、「どうするつもりも なかった」んですね。

そこで、相談の末、三人組は国じゅうの不幸な孤児たちを集め、お城を買い取り、そこでみんな一緒に暮らすことにするのです。

 

噂は国じゅうに広がり、子どもたちは次々に増え、やがてそれぞれに結婚し、村を作ります。

 

★      ★      ★

 

中盤から後半に至る、鮮やかな転換。

前半、恐ろしさの象徴だった赤を、子どもたちのおそろいのテーマカラーにするという演出も冴えています。

 

どろぼうの三人組が、どうして「すてき」なのか。

もちろん最後に素晴らしい善行を施したからということもあります。

でも、私が彼らのことを「すてき」だと思ったのは、宝をどうするつもりもなかったところ。

 

ある意味、純粋で真面目なんです。

真面目に泥棒稼業に精を出していたものの、別に私腹を肥やしたいとか、いい生活がしたいとか、そういう我欲はなかったんでしょう。

 

ティファニーちゃんのしたたかさもいい。

きっと色々と辛い目に遭ってきたと想像できるんですが、そこから身に付けた強さなのだと思います。

他の大人たちは三人組の見た目に恐れおののいてしまうのに、彼女が怖がらないどころか自らついて行こうとするのは、三人組が見た目のような恐ろしい人間ではなく、真面目で純粋な面があることを見抜いたからでしょう。

 

……などなど、こちらにあれこれ想像の余地を残してくれているところが、この絵本が名作たるゆえん。

もちろん、アンゲラーさんはちゃんと計算づくでしょう。

 

読み聞かせをする時は、前半、うんと怖く読んでやりましょう。

それで子どもが怖がってやめたがったら、まだ早いということです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

色使いの見事さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「すてきな三にんぐみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com