【絵本の紹介】「あさえとちいさいいもうと」【122冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

息子が大きくなってくると、「二人目はいつ?」と訊かれることがちょくちょくあります。

考えてないわけじゃないんですが、なかなか決断できないでいます。

 

正直、一人でもこんなに大変なのに……とビビッてるんです。

この3年半で息子にしてあげたのと同じだけのことを二人目にもできるかどうか、自信がない。

 

「二人目からは楽」だとはよく聞きますが、弟や妹ができたらできたで、それぞれへの対応も考えないといけないだろうし……。

上の子の嫉妬とか葛藤とか、フォローすべきことはたくさんあるでしょうし。

 

それでも、やっぱり心の底では女の子も欲しい気持ちもありますね。

よその女の子を見てると、男の子とはまた違う可愛さにムズムズします。

 

そして、今回紹介するような絵本を読んだら、そんな気持ちがさらに加速してしまいます。

あさえとちいさいいもうと」です。

作:筒井頼子

絵:林明子

出版社:福音館書店

発行日:1982年4月20日(こどものとも傑作集)

 

もう、この表紙絵だけでもたまりません。

相変わらず、林さんの描く女の子の可愛さと質感はただごとじゃない。

 

はじめてのおつかい」と同じ、筒井頼子さんとのタッグ絵本です。

≫絵本の紹介「はじめてのおつかい」

 

おつかいを頼まれた女の子の不安や緊張感を見事に描きだした「はじめてのおつかい」ですが、今作はさらに胸が苦しくなるような焦燥感に駆られるストーリーになっています。

 

あさえという、4〜5歳くらいの女の子が家の前で遊んでいると、お母さんが、

ぎんこうに いってくるわ。すぐ かえってくるから まっていてね

と言って出てきます。

あさえが妹のあやちゃんのことを尋ねると、今寝たばかりで、起きるまでには必ず帰ってくる、とお母さんは言い、あさえは留守番を引き受けます。

 

就学前の小さな子を置いて出かけるなんて……と、現代では批難されそうな話ですが、そこは「はじめてのおつかい」同様、時代でしょうね。

 

お母さんが出て行ってしばらくすると、あやちゃんが泣きながら目を覚ましてしまいます。

あさえはあやちゃんに靴を履かせてやりながら、

よし よし、あやちゃん。おねえちゃんが あそんであげる

と、お姉さんらしいところを見せます(表紙絵のシーンですね)。

あさえはチョークで地面に線路を描いてやります。

妹を喜ばせたくて、駅や山など、どんどん描き足していきますが、顔を上げるとあやちゃんがいません!

そして、大通りから自転車が急ブレーキをかける音が響いてきます。

 

小さい子は目を離すと一瞬でいなくなります。

これは親なら誰でも身につまされてわかる話です。

まして小さなあさえが、あやちゃんから注意を逸らしてしまったことは責められません。

この時のあさえの驚きと焦りは痛いほど伝わってきます。

幼いながらも、妹を守らなければならないという責任感があったのでしょう。

 

自転車にぶつかったのはあやちゃんではありませんでしたが、あやちゃんは見つかりません。

そうだ、こうえんだ!

あさえはいつも行く公園へ向かって走り出します。

 

公園にいなかったら……怪我をしていたら……と、読んでいる方も不安と緊張に胸がつぶれそう。

それだけに、無事に公園であやちゃんを発見した時のあさえの笑顔に、こちらも完全に感情移入して、心から「ほっ」。

ラストのページで妹に駆け寄り、抱き上げるあさえ。

迎えに来たお母さんの姿も。

 

★      ★      ★

 

兄弟姉妹はいいものですが、喧嘩もつきものでしょう。

そこは親の対応次第だと思います。

私には、やっぱり上の子がかわいそうに思えるケースが多く感じます。

お兄ちゃんなんだから

お姉ちゃんなんだから

と言われている子どもを見ていると、切なくなります。

 

お兄ちゃんだろうがお姉ちゃんだろうが、6〜8歳くらいまでは、まだまだ親に甘えたいはずだと思うのです。

どちらかと言うと、上の子を甘やかすくらいでちょうどいいのかもしれません。

 

ま、一人しか育ててない私が偉そうに言うことじゃないですけど。

やっぱり女の子も欲しい……かも。

 

ちなみに、この絵本には、「はじめてのおつかい」の人物がこっそり登場しています(例の、林さんの遊び心ですね)。

探してみましょう。

 

また、少し大きくなったあさえとあやちゃんが見れる「いもうとのにゅういん」という続編もあり、こちらも傑作です。

成長したあさえの美少女っぷりは必見ですよ。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

あやちゃんの方向感覚の確かさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あさえとちいさいいもうと

■こちらもおすすめ→「おつきさまこんばんは」「はじめてのおつかい」「こんとあき」「いもうとのにゅういん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

絵本の紹介「おしいれのぼうけん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

保育園に入れない、待機児童問題がなかなか改善されませんね。

予算が云々と言ってますが、オリンピックやらなにやらで使うお金があるなら、もっと子どものために税金を使って欲しいものです。

口では育児支援とか言ってますけど、本気度がまるで伝わってきません。

 

それに、単純に施設の数を増やせばいいのかという気もします。

数が増えた分だけ、そこで働く人の資質が問われるべきです。

幼い子どもの生活を預かることが、どれほど重い責任を伴うかを、政府も、保育士の方も、親も、もっと真剣に考えて欲しいと思います。

 

今回紹介するのは、1974年出版の、保育園を舞台にしたロングセラー絵本「おしいれのぼうけん」(作:ふるたたるひ・たばたせいいち、童心社)です。

私自身、両親が共働きで、1歳から保育所で一日の大半を過ごしていましたので、いろいろと思い出したり、共感したりする一冊です。

 

カラーの数ページ以外は、鉛筆一本で描かれた絵が、より子どもに身近な世界として感じられます。

お昼寝の時間に、おもちゃの取り合いで喧嘩になったあきらとさとし。

みずの先生は二人を懲らしめるために押入れに閉じ込めます。

反省して謝るまで出してあげない、というわけです。

 

少し気の弱いあきらは泣きそうになりますが、喧嘩相手だったさとしに励まされます。

二人は押入れの中で遊び始めますが、だんだん怖くなってきます。

 

そのとき、保育園の子どもたちから恐れられている「ねずみばあさん」の声がして、二人は押入れの奥の世界へ迷い込みます。

必死に逃げる二人ですが、ねずみばあさんに捕まって、謝るなら許してやろうと迫られます。

しかし、二人は手をつなぎ、絶対に謝らないと意地を張りとおします。

とうとうみずの先生は押入れを開き、一方的に閉じ込めたことを、二人に向かって謝ります。

保育園の子どもたちは、最後まで謝らなかった二人に尊敬のまなざしを向けます。

それ以来、保育園では、子どもが押入れに閉じ込められることはなくなりました。

 

二人の緊張感や恐怖、互いにしっかりと握り合った手の温度が、読んでいる側にも伝わってきて、手のひらにじっとりとした汗を感じるような、臨場感あふれる描写が秀逸です。

 

言うことを聞かない子どもを押入れに閉じ込める、というお仕置きは、今の保育園や幼稚園ではもうほとんど行われていないでしょうけど、その代わりにもっと陰惨で悪質な虐待が増えたようにも思います。

どちらにせよ、私としては、「子どもを力でねじ伏せる」ような人間に、子どもを預かる仕事はしてほしくありません。

 

このお話に出てくるみずの先生の年齢はわかりませんが、おそらくまだ若いと思います。

彼女には、「脅かし、怖がらせる」以外に、子どもに言うことを聞かせる有効な手段が見つからないのです。

しかし、子どもを強制的に謝らせることに、一体何の意味があるというのでしょう。

そういう大人は、子どもが「ごめんなさい」と口で言いさえすれば、心の中がどうあれ、構わないのです。

しかしそれは子どもの心を分裂させ、自分の心を偽っても平気な(世の大半の大人と同様の)人間に育てようという行為です。

 

子どもは本来、自分の心に嘘をつきません。

いくら叱られても、叩かれても、頑として謝らないような子どもは、実は問題児なのではなく、正直な子どもなのです。

叱られる苦痛と引き換えに自分の心を差し出すことが、これから先の自分の人生にどんな影響を与えるか、理屈抜きに知っているから、意地を張るのです。

 

われわれ大人は、力を持っているからこそ、もっと子どもの立場に立って考える必要があります。

どうやって子どもに言うことを聞かせよう、ではなく、そもそも本当に全員が同じ時間に昼寝する必要があるのか、という風に、考える次元を変えてみるのです。

 

そんなことを言い出したら、現場の保育士さんたちの負担が大きすぎる、という声が上がるでしょう。

しかし、本来、子どもに関わる仕事というのは簡単なものではないはずです。

そこをどう補助するかが、国の仕事でしょう。

冒頭の話に戻りますが、保育園が足りないからと言って、質を落としてまで数を増やせばいい、というものではありません。

私個人としては、保育士さんの月給が50万でも高いとは思いません。

 

そしてもちろん、これらの問題は、それ以前に家庭の、親ひとりひとりの意識の問題であることは言うまでもありません。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り揃えております。

ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの寝かしつけ、苦労されてる方も多いと思います。

子どもの性格は十人十色。

良く寝る子(ああ、うらやましい)、寝るのを嫌がる子、様々ですが、我が家の息子は完全なる後者です。

 

赤ちゃんの頃から、本当に寝ない子でした。

3歳になる今でも、たびたび徹夜して昼夜逆転生活になります。

恐るべき耐久力です。

こっちはもう横になりたくて仕方ないんですが、叩き起こされて絵本を読まされたり、工作をさせられたり。

 

というわけで、今回紹介するのは今や伝説となったトラウマ絵本、「ねないこだれだ」(作・絵:せな けいこ、福音館書店)です。

この絵本、私自身も子どものころ、ずいぶん怖かった思い出があるもので、息子に読み聞かせるかどうか迷いました。

 

何しろ、「夜更かししていた女の子が、おばけにされて、おばけに連れ去られる」という衝撃の内容。

九時って。

現代っ子にしてみれば、まだまだ宵の口ですよ……。

せなさんの絵本はちぎり絵で作られています。

ちなみに、女の子のパジャマは封筒の裏を使ったのだとか。

このインパクトを、「寝ない子はこうなるよ!」という脅しに使って、子どもを寝かしつける親御さんもいるでしょう。

でも、個人的には、その手法は取りたくありません。

眠りに入る前の時間は、暗示にかかりやすいと言われ、非常に大事です。

できるならば素敵なハッピーエンドや、勇ましい冒険譚とともに眠りにつかせてあげたいところです。

 

しかし、作者のせなけいこさんは、このお話を、しつけのためや、怖がらせようと思って描いたつもりはまったくなかったそうです。

せなさんは1931年に生まれ、有名な童画家・武井武雄さんのもとで絵を学び、1969年、「ねないこだれだ」を含む「いやだいやだの絵本」4冊シリーズでデビューします。

 

そのころ、せなさんにはすでに結婚して母親となっていました。

「息子を喜ばせようと思って」おばけの絵本を描いたのだとか。

 

正気ですか? と言いたくもなりますが、たしかに、子どもはおばけが好きです。

「怖いもの見たさ」は、本能に根ざした感情なのかもしれません。

せなさんの絵本には「おばけ」(あと、「うさぎ」)がよく登場しますが、シンプルなデザインのおばけは、可愛くも見えるのですが、ちゃんと怖さも持っています。

そのちょっと怖いところが、「いいところ」なのだと、せなさんは語ります。

 

私たちは子どもを危険、恐怖、悲しみから可能な限り遠ざけようとします。

それは当然のことですが、しかしその一方で、子どもはそうしたものに近づこうとする意志を、たしかに持っています。

人生においてそれらは避けられぬ風であり、そして自分にはそれらを乗り越える強さがあるのだということを、子どもは生まれながらに知っているのかもしれません。

 

せなさんは、当時の絵本に登場する子どもたちがいい子過ぎて「本当じゃない」と感じていたそうです。

現実の子どもたちは、嫌いなもの、やりたくないこと、思い通りにならないことに囲まれて生きています。

だから、「いやだいやだ」なんですね。

そういう子どもたちが、「これは自分だ」と思えるような絵本を作ろうとしたら、「いやだいやだの絵本」ができたのだそうです。

 

ですから、大人の目で見ればいろいろ批判的な意見も出るかもしれませんが、せなさんにしてみれば、そんなことは関係ないのかもしれません。

だって、これは子どもに向けて作った本なのですから。

 

……というわけで、私も意を決して息子に読み聞かせました。

反応ですか?

ええ、笑ってましたよ。

もちろん、その夜も全然寝ようとはしませんでしたとも(涙)。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

1