【絵本の紹介】「なみにきをつけて、シャーリー」【174冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりにジョン・バーニンガムさんの絵本を取り上げます。

なみにきをつけて、シャーリー」です。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:辺見まさなお

出版社:ほるぷ出版

発行日:1978年9月10日

 

イギリスを代表する人気絵本作家のバーニンガムさん。

奥さんは同じ絵本作家のヘレン・オクセンバリーさん。

 

≫クシュラの奇跡(「ガンピーさんのふなあそび」紹介)

≫絵本の紹介「ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」

 

毎回実験的な絵本作りを試みるバーニンガムさん。

この作品でも、変わった趣向を凝らしています。

 

最初と最後のページを除き、全編が右と左のページで、まったく違う世界を描いているのです。

両親と海へ行ったシャーリーは、海賊と宝を巡っての大冒険を空想します。

両親は浜辺に腰かけ、娘にくどくどと小言を言い続けます。

 

シャーリーと両親、それに犬が海辺にやってくる冒頭。

みずが つめたくて とても およげないわよ

と母親が言っているところを見ると、少々時季外れのようです。

たぶん、シャーリーがどうしても行きたいとねだったんでしょう。

 

両親は折り畳み式の椅子に腰かけ、新聞を読んだり、編み物をしたり。

シャーリーは波打ち際に立ち、すでに空想の世界へ入り込んでいます。

母親はシャーリーに対し、あれこれ口を出さずにはいられません。

靴を汚さないように、石を投げないように、飲み物はいらないの? 等々。

一方のシャーリーは、すっかり自分の世界に入っています。

シャーリーの想像世界の中では、彼女は犬を連れてボートで海賊船に乗り込み、海賊どもを相手に大立ち回りを繰り広げ、宝の地図を奪って脱出し、ついに宝の島を探し出し、財宝を手に入れるのです。

 

★      ★      ★

 

文章の(いい意味での)素っ気なさはいつも通り、というか、母親のセリフのみ。

ですので、読む側が想像力を働かせなければ、この絵本は読めません。

バーニンガムさんは度々こういう手法を用います。

 

何を言われても上の空のような子どもと、何かを言わずにはおれない親。

誰もが思い当る光景ではないでしょうか。

 

しかし、バーニンガムさんは何も、シャーリーの両親を「子どもに無理解な、ひどい親」として描いているわけではありません。

ただ、「そういうものだ」ということを、両者の見ている世界の対比によって際立たせているのです。

 

子どもと大人との間には、こうした「溝」が存在するのだということ。

その「溝」を認識できれば、子どもに対してイライラしたり、「どうしてわからないの!」とキレてしまうことも減るんじゃないでしょうか。

 

それに、注意深く読んでみると、シャーリーは決して母親を無視しているわけではありません。

母親のセリフが、彼女の空想世界に、何らかの波紋を投げかけています。

あたらしいくつを きたないタールで よごしちゃだめよ

と言われると、次のシーンではシャーリーは(現実とは違い)真っ黒な靴を履いています。

いぬを ぶったりしちゃ だめよ

と言われると、犬が海賊に噛みつき、活躍します。

いそがないと おそくなっちゃうわ

と聞くと、空想世界は真っ暗な夜に変化します。

 

子どもが、現実と空想の「境界」を漂うように生きるというのは、こういうことでしょう。

親から見れば、全然こちらの話を聞いていないように見える子どもは、こんな形で「聞いている」のです。

だから、「お母さんの話を聞いてるの!?」と怒鳴られると、たいていの子どもは憮然とした表情になるんでしょうね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

犬はどこ行ったの度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「なみにきをつけて、シャーリー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「トリゴラス」【169冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は1978年に発表された衝撃的問題作「トリゴラス」を取り上げます。

作・絵:長谷川集平

出版社:文研出版

発行日:1978年

 

作者の長谷川集平さんは絵本作家にしてロックミュージシャン。

1976年に「はせがわくんきらいや」で絵本界に鮮烈デビュー。

森永ヒ素ミルク中毒事件という、実際の事件を取り扱ったことも斬新であったけれど、その内容が単なる時事ネタに終わらず、普遍的な人間心理にまで踏み込んでいることで、現在に至るまで高く評価されています。

 

この「トリゴラス」も彼の初期作品のひとつであり、従来の絵本界の常識を覆す力に満ちた一冊です。

 

一読すると「なんだかわけわかんない」内容なのですが、奇妙な切迫感と胸の疼きを呼び起こす力があり、特に大人の男性が読むと、「わからないけど、わかる」という、不思議な絵本なのです。

 

舞台は昭和的町並みの、狭そうなアパートの部屋。

父、少年、そして幼い弟(もしくは妹)に添い寝する母が、布団を並べています。

 

窓の外には黒い雲が広がり、どこか陰鬱。

 

凶悪な囚人のような凄まじい形相をした少年が、布団の上に起き上がり、隣でまだ起きて本を読んでいる父親に向かって、

とぼけんといてんか、おとうちゃん

ぼくは ほんまのことが ききたい

と、関西弁で問いかけます。

一体なにかというと、その内容はかなり激しい妄想に侵されています。

 

少年は空で「びゅわん びゅわん」と鳴る音を、怪獣の飛ぶ音に違いない、と言い出すのです。

顔つきは剣呑だけど、妄想のレベルは小学生らしい。

 

しかし、話しているうちに弾みがついたのか、少年の妄想は加速していきます。

怪獣の名前は「トリゴラス」。

必殺技は「トリゴラ・ガス」。

 

もの凄く巨大で強くて、町をめちゃくちゃに破壊します。

もう、めちゃくちゃや。まち、ぐちゃぐちゃや

もう、わやくちゃなんや

 

少年の語りは熱を帯び、もう自分でも何言ってるかわかんない状態。

そこで唐突に(少年にとっては必然なのでしょうけど)「かおるちゃん」なる女の子が話に登場します。

トリゴラスはかおるちゃんを捕まえ、

よっしゃ、これでええ

と言い放ち、もう町に用はないと飛び立ちます。

 

ここで少年は、

トリゴラスは おとこやろか。おんなやろか

と、逆に父親に質問します。

かなり錯乱しております。

 

で、やっと口を開いた父親は、

あほか、おまえは。あの音は ただの風の音じゃ

そんな しょうもないこと ごちゃごちゃゆわんと、はよねえ!

と、まったく隙のない正論を叩きつけて、スタンドの電気を消してしまいます。

 

少年はひとり、暗い表情で、

かおるちゃん……

と呟きます。

 

★      ★      ★

 

まず、特撮映画的怪獣が登場するところからしてユニークです。

しかも、作者は明らかに『ゴジラ』や『キングコング』を意識して、わざとそれらを彷彿させる構図を用いています。

 

あるいは、少年自身が特撮映画好きであり(机にウルトラマンの人形が置いてありますし)、妄想はそれらを反映しているということでしょうか。

 

これらの破壊的・暴力的衝動は、子ども時代に誰もが持つところのものであり、それを思い切り描くことで子どもはスカッとした気分になるものですが、この絵本においては、少々その衝動は屈折しており、どこか暗い情念がこもっており、ゆえに晴れやかには終わりません。

 

単純に言えば、ここに描かれているのは年頃の少年の「性の目覚め」です。

 

かおるちゃんに対する、「初恋」以前の、言葉にすらできない気持ち。

少年はかおるちゃんと「仲良くなりたい」とか「彼女のことを知りたい」とかいう欲望に、自分で気づいていないようです。

 

それらはただ、凶暴で自己中心的な衝動として、彼の感情をかき乱します。

 

言うまでもなく、トリゴラスは少年の分身です。

トリゴラスに捉えられるかおるちゃんは、のけ反ったり、胸を隠す仕草を見せたり、完全に性的なシンボルとして描かれます。

 

こう書くと、何やらアブナイ絵本のように感じて、子どもに見せるのをためらう方もいるかもしれませんが、そういう異性への衝動を覚える以前の子どもには、これはただただ痛快な怪獣大暴れ絵本として受けます。

 

そして、成長してから読むと、自分の中に渦巻く情念が、特段異常なものではないのだという「救い」ともなります。

さらに成長してから読むと、ノスタルジックな気分にも浸れるという、人生において何度でも読むことのできる作品なのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

かおるちゃんって何歳やねん度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「トリゴラス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「めっきらもっきらどおんどん」【161冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回も夏にぴったりの絵本を紹介します。

めっきらもっきらどおんどん」です。

作:長谷川摂子

絵:ふりやなな

出版社:福音館書店

発行日:1990年3月15日(こどものとも傑作集)

 

作者の長谷川さんは元保育士で、子どもたちとの触れ合いの中で絵本の力に気づき、作家の道を歩み始めました。

たくさんの読み聞かせ経験を活かした、子どもたちを引き込むリズム感のある文章が持ち味です。

 

降矢さんは「おれたちともだち」シリーズなどで人気の絵師さん。

 

さて、「めっきらもっきらどおんどん」。

タイトルだけでは内容はさっぱりわかりませんよね。

 

表紙は主人公らしき男の子と、怪しいシルエット。

怪談チックな内容を思わせますが、至って楽しいお話です。

 

舞台はどこかの田舎。

セミの鳴き声が聞こえてきそうな夏休みっぽい情景。

 

みんな家族で旅行にでも行ってしまったのか、遊び仲間が誰も見つからず、かんた少年は森の神社にまで来てしまいます。

そこでも誰もいないので、頭にきたかんたは、めちゃくちゃな歌を大声で歌います。

ちんぷく まんぷく あっぺらこの きんぴらこ じょんがら ぴこたこ めっきらもっきら どおんどん

 

すると風が起こり、ご神木の根元から声が。

根元の穴をのぞき込むと、いきなり吸い込まれて……

着いたところは夜の山。

かんたの前におかしな妖怪3人組が現れて、「あそぼうぜ」と誘います。

見た目はちょっと怖いけど、3人の中身はまるっきり無邪気な子ども。

 

かんたは、空を飛んだり、宝物を交換したり、思い切り遊びます。

横開きや縦開きの画面をいっぱいに使い、縦横無尽に展開する躍動感あふれるイラストと、テンポのいいテキストが相乗効果を生んでいます。


遊び疲れた妖怪たちは眠ってしまいます。

ひとりで月を見上げるうち、かんたは心細くなって、3人組が止めるのも聞かず、「おかあさーん」と叫んでしまいます。

 

するとその言葉を鍵とするように、かんたは現実世界に舞い戻ります。

 

★      ★      ★

 

絵本好きな方ならすぐに思い当るでしょうけど、これはかの有名なモーリス・センダックさんの「かいじゅうたちのいるところ」と酷似した構成の物語です。

 

≫絵本の紹介「かいじゅうたちのいるところ

 

幻想の世界に引き込まれた男の子が「かいじゅう」や「おばけ」に出会い、思いっきり遊ぶ。

感情を吐きつくした後は寂しくなり、母親を求める気持ちに促されて現実へ戻る。

 

ちょっと怖い3人の妖怪に対して、かんたが主導権を握っている点や、現実へ戻るきっかけが母親への慕情である点など、たぶん長谷川さんは「かいじゅうたち」をはっきり意識してこの作品を作ったのだと思います。

 

ただ違う点は、「かいじゅうたち」が、主人公の感情や衝動が生み出したものであり、完全に彼の内面世界であるのに対して、この「めっきらもっきら」に登場するおばけたちは、必ずしもかんた少年の空想の産物であるとは言い切れないところです。

 

田舎の森なんて、今でも「何か」出そうですもんね。

この世界には、「不思議なもの」が隠れ潜んでいる、という、幼い頃に確信めいて覚えた感情。

 

大人になってから読むと、そんなノスタルジーを引き起こしてくれる作品です。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ジブリっぽさ度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「めっきらもっきらどおんどん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「まよなかのだいどころ」【145冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はモーリス・センダックさんの「まよなかのだいどころ」を取り上げます。

作・絵:モーリス・センダック

訳:神宮輝夫

出版社:冨山房

発行日:1982年9月20日

 

20世紀を代表する絵本作家、モーリス・センダックさんと言えば「かいじゅうたちのいるところ」が真っ先に挙げられますが、もちろん、それ以外の作品もそれぞれに魅力的です。

 

≫絵本の紹介「かいじゅうたちのいるところ」

 

センダックさんはわりと作品ごとに手法を変えるタイプの作家で、この「まよなかのだいどころ」では、フェルトペンによるはっきりとした線と色彩を用い、フキダシやコマ割りなどのコミック的スタイルを採用しています。

 

瓶・缶・牛乳パック・ポットなどを模したビルが建ち並ぶ夜の街並みは、未来的でありながらどこかレトロな香りが漂います(たぶん、日本語訳の看板のせいでしょうけど)。

 

そして内容が、かなり難解です。

いや、単純と言えば単純なんですが、「かいじゅうたちのいるところ」でセンダックさんのファンになった多くの方にとっては、この作品にはかなりの違和感を覚えるのではないでしょうか。

 

ともかく、一度読んでみましょう。

主人公・ミッキーがベッドで寝ていると、どこからか騒がしい音が聞こえてきます。

うるさいぞ しずかにしろ!

と怒鳴ったら、突然「くらやみにおっこちて、はだかになっちゃって」、3人の太ったパン職人たちがケーキを焼いている「まよなかのだいどころ」に落っこちます。

職人たちはボウルに落ちてきたミッキーをねりこと一緒に混ぜてオーブンへ。

ミッキー」と「ミルク」を間違えたという、かなり無茶な展開。

 

ミルクがないと、あさのケーキが つくれない!

と慌てる職人に、ミッキーは、

あまのがわには ミルクがいっぱい

と、ねりこで作った飛行機に乗って、夜空へ飛び立ちます。

「あまのがわ」(Milky Way)と言ったけれど、ミッキーが向かった先は、巨大なミルク瓶。

ミッキーが取ってきたミルクで無事にケーキは焼き上がり、ミッキーは夜明けとともにベッドへ戻ります。

 

ミッキー、どうも ありがとう。これで すっかり わかったよ

ぼくらが まいあさ かかさずに ケーキを たべられるわけが

という、さっぱりわけのわからないナレーションで終わります。

 

★      ★      ★

 

私自身がこれを初読したときの感想を率直に申し上げると、

なんか、気持ち悪い

でした。

 

まず3人の太ったパン屋さんが不気味だし、ミッキーが彼らにケーキにされてしまう図は、ほとんどホラーです。

それなのに、登場人物すべてがやたら陽気に、ミュージカル風に(センダックさんの作品はどれもそうなんですが)歌い上げる様子は、どこか観客である読者を置いてけぼりにした自己満足の学芸会じみています。

 

確かにここには「狂気」が存在しています。

 

センダックさんは「子どもの狂気」を「想像力」によって制御するという形式の物語を好んで選ぶようです。

その構図は「かいじゅうたちのいるところ」においては大変な成功を収めています。

翻って、この「まよなかのだいどころ」では、どうしても「かいじゅうたち」に比較して落差を感じずにはいられません。

 

その理由は、「かいじゅうたち」が、ある種普遍的な子どもの衝動(親に対する怒り)を描いているのに対し、この「まよなかのだいどころ」は、より作者自身の個人的な物語だからという気がします。

 

センダックさんは子どものころ、「みなさんが寝ている間に焼き上げます!」というパン屋の広告を見て、それをどうにかして起きて見てやりたいという想いを抱いたそうです。

つまりこれは、「真夜中」という、子どもにとっての憧れや好奇心の入り混じった時間に行われている「秘密」をのぞき見たいという願望から生まれた作品なのです。

 

そう考えれば、特に難解な主題とは言えないでしょう。

それを見えにくくし、この単純な作品を難解に見せているのは、やっぱり絵のインパクトのせいでしょう。

この作品を発表した当時、主人公の男の子が服を着ていないことに対し、いわゆる「良識派」の大人たちからクレームが殺到したそうです。

 

しかし、そういう不自由な見方を取り払えば、この作品と「かいじゅうたちのいるところ」は、本質的に同様のテーマを取り扱っていることに気づきます。

 

センダックさん自身はこの作品を気に入っているようで、その証拠に、主人公の名前を、彼の大好きな「ミッキーマウス」から取っています。

(余談ですが、センダックさんは作品の主人公の多くに、自分と同じ『M』の頭文字の名前を付けています。彼の作品を手に取る際は、気を配って見てください)。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

街並みの楽しさ度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「まよなかのだいどころ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「わたしのワンピース」【120冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

妻が最近欲しいもののひとつはミシンだそうです。

そういえば昔、おばあちゃん家にあったっけ。足で踏むやつ。

 

何となく、今じゃもう使う人も少ないんじゃないかと勝手に思ってたんですが、まだまだ需要はあるようで、最新モデルも生産されているみたいです。

やっぱり子どもがいると、ちょっとした服の修繕や、短くなった裾の継ぎ足しなんかに便利なんでしょうか。

 

でも、これも勝手な思い込みですが、女の子にとってはミシンって、ちょっと憧れの道具でもあるんじゃないでしょうか。

ピアノとかと同じで。

そういう対象も、時代とともに変わっていくのかもしれませんけどね。

 

今回紹介するのは、1969年からずっと変わらない人気を続ける、ミシンが登場するロングセラー「わたしのワンピース」です。

作・絵:西巻茅子

出版社:こぐま社

発行日:1969年12月1日

 

まっしろな きれ ふわふわって そらから おちてきた

ミシン カタカタ ミシン カタカタ

うさぎさんはワンピースを作ります。

真っ白なワンピースを着てお花畑を散歩すると、ワンピースが花模様に。

雨が降ってくると、ワンピースが水玉模様に変化します。

そうして、次々とワンピースは柄を変えて行き、小鳥の模様になって空へ飛んでいきます。

眠ると、ワンピースは星模様に。

ラララン ロロロン わたしの すてきな ワンピース

 

★      ★      ★

 

こぐま社の創立者である佐藤英和さんは、この絵本が出版された当時を振り返り、正直なところ、ここまでのロングセラーになるとは思わなかったと語っています。

 

実際、大人からは「子どもみたいな絵」「何が言いたいのかわからない」「子どものためにならない」などと、評価は芳しくなかったそうです。

 

ところが、刊行されてしばらく後、じわじわと部数が伸び続けて行きます。

理由は、「子どもが手に取る」からです。

大人は選ばなくても、本屋や保育園などに「わたしのワンピース」が置いてあると、子どもは読みたがるのです。

 

子どもは最も率直で最も手ごわい読者です。

読みたくない物には見向きもしない一方、面白そうと感じたら、ちゃんと評価してくれます。

ですから、ロングセラーの絵本というものは、そういう最もシビアな市場を生き抜いてきた価値がある作品と言えるのです。

 

「子どもみたいな絵」ですが、もちろん西巻さんはわざとそう描いています。

それは「下手に描く」ことではなく、「お絵かきの楽しさを全開にして描く」ということだと思います。

 

ラララン ロロロン ランロンロン」など、少ない文の中にも、思わず歌ってしまうような楽しいリズムがあります。

子どもは「楽しそう」「面白そう」なものを、いつでも探し求めているのです。

 

女の子に大人気の絵本ですが、もちろん男の子にも受けますよ。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

子どもからの支持度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「わたしのワンピース

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com