「それって子どもを幸せにするの?」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

もうすぐ10月ですね。

そしてどうやら消費税は10%に増税されるらしいですね。

 

これ、我々庶民にとって物凄い打撃だと思うんですけど、なんかフワフワしてますね。

他人事みたい。

この前8%に上がる時だって割と大騒ぎしたのに、今回はなんか(表面的には)静かです。

どういうことなんでしょう。

古本屋という商売は基本的に価格設定が自由で、当店も消費税は一応価格に含まれる計算で絵本の値段を付けております。

もちろんそれは8%設定ですが、かと言って10月になったとたんに全商品を10%設定に値上げするのかと言えば、そんなことはしません。

面倒すぎるから。

 

ただ、今後は古本といえど値上がりは避けられないでしょうし、これから入荷する絵本に関しては多少価格設定を考えなければならないとは思います。

嫌なことです。

誰だって増税は嫌なことだと思うのですが、「でも仕方がない」というのが大半の国民の意見なのでしょうか。

本当に仕方がないのでしょうか。

 

本来、税金はその共同体に暮らす人々の生活をより良くするために使われるべきものです。

そうでなければ、誰も自分の稼ぎから少なくない額を収めたりしません。

 

けれど、実際に税金が何に使われているかを把握するのはなかなか難しい。

私もちょっと内閣官房のHPを見たりして確認しようとしたんですけど、よくわかりません。

ああいうのは庶民の知識でも理解できるように明示すべき種類の事柄だと思うのですけど、よくわからないのです。

つまり現実問題として私は「何に使われているかよくわからないお金」をせっせと収めていることになります。

私だけでしょうかね。

 

ただの愚痴になるのかもしれませんが、この機に少し思うところを綴っておきます。

 

消費税に限らず、私が関心があるのは、個々の政策の是非ではなく(そんなのよくわかんないし)、全体としてこの国がどの程度「子どもを守り育てる」ことに真剣であるかどうか、です。

物凄く簡単に言えば「それって子どもを幸せにするの?」ということです。

 

その意味において、消費増税は確実に子育て世代の生活を圧迫するでしょう。

増税分の使い道は少子化対策にも充てるそうですが、そもそも子どもを産まない最大の理由は収入が少ないことですから、何をしてるのかよくわかりません。

 

消費税が5%から8%に増税された時も政府は「全額を社会保障の充実に充てる」と公約してましたが、結果としてこの数年間で社会保障が充実したとか、生活が豊かになったという実感は私には皆無です。

私が子育てを始めたのはすでに8%になってからですが、消費増税によって子育て環境が改善された、子どもを産みたくなったという話は寡聞にして知りません。

そこから考えると、消費税が10%になることで育児を巡る環境はさらに悪化するような気がします。

 

繰り返しますが、私が問題にしているのは「政策の是非」ではありません。

「事実」として、子どもたちがどう扱われているかです。

 

OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本の教育への公的支援の割合は2018年時で34か国中最下位でした。

日本は「育児に良い国」ランキングでは先進国中最低クラスです。

 

「子どもを産みたくない」という若者の感性は非常に現実的で正しいと言えるのです。

かくもこの国で子どもを産み育てることはハードな行為となっているのです。

 

そしてその結果として、「育児」=「苦痛」「酷使」「不安」「犠牲」というマイナスイメージが膨らみます。

それはそのまま子どもそのものへのマイナスイメージへと繋がります。

非協力なパートナー、育児休暇をろくに取れない会社、電車やバスでの子連れの人に対する冷視。

 

そりゃあ、産みたくないでしょ。

この状況で「子どもを産もう」と決意した人は、それだけで表彰に値する勇者だと思います。

私も勇者。

 

結論を言いますと、この国は子どもに興味がないということです。

全然ない。

寂しいですね。

 

ま、昔の自分を省みれば、偉そうに他人の批判はできませんが。

ともかく、現実は上記の通りです。

かと言って打ちのめされている時間は我々にはありません。

我々の手には子どもの生命が預けられているのですから。

 

国が当てにできない以上、できることは個人的な範囲に限られます。

私の場合、子どもと精一杯遊んであげること、そして絵本をどんな時でも面倒がらずに読んであげること、主にこれだけを心掛けてきました。

 

結果はどうなるでしょうか。

どうなるでしょうね。

 

願わくは、息子の世代が築く社会が、子どもたちにとって幸せなものでありますように。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント